シロとクロ

シロとクロ

【INTERVIEW:シロとクロ】
挫けてしまった心に寄り添う

脱ぐといいテイクがとれる
というジンクス

ーー今作の配信限定EP 『Your Song』についてお伺いします。タイトル曲になりますが、「Your Song」がリード曲なのは当然ということでしょうか?

日野:いや、最初は全く違う曲だったんですよね。タイトルも「ヒカリ」といって、メロディも全然違ってたんですけど、スタッフと話し合った時に、もっと良くなるんじゃないかということでメロディを書き直したんです。そして、新しいメロディやアレンジが出来上がったときに自然とこの曲がメンバー全員の感覚的にマッチして、言葉にせずとも必然的にリード曲になりました。

ーーそうだったんですね。歌詞は経験したことから書くことが多いんですか?

日野:経験とか体験談ではなくて、自分の中でストーリーを作って、それを誰かに置き換えて心情を乗せていくという書き方をしています。僕が思ってることだけど、聴いてる人が自分に投影してくれるようにという意味を込めて作ってます。特にEPの中の「優しくなれたら」もそうですが、同じ心境の方に響けばうれしいです。

ーーこのEPをどんな人に聴いてほしいという人物像があったら教えてほしいです。

日野:夢とか目標を持って自分の知らない広い世界に出たはいいけど、挫けてしまう人って少なからずいると思うんです。そういう人たちの心に寄り添って、“もうちょっとやってみよう”と思わせられるような作品だと思うので、そんな心境の方に聴いてもらいたいですね。

ーーEPの中で特にこだわった曲や苦労した曲はありますか?

千樹:僕は「Jealousy」です。全面的にロックサウンドが強めな曲になっていて、ドラムを始めた当初からX JAPANみたいな激しい曲が好きなので、「Jealousy」は制作もとても凄い楽しかったですし、フレーズも自分の引き出しの得意なところをガンガン詰め込めていると思います。今までで一番自分の音楽のルーツを落としこめましたね。

日野:僕は最後に収録されている「優しくなれたら」です。EPが完成に近づいている時に、あと1曲、もう少し人の心をちゃんと掴めるような曲を作ろうと迷っていた時にパッと思い浮かんだのがこの曲です。3拍子の曲は自分の中でも初挑戦ですし、何より歌詞にこだわりました。10代の頃の自分を、少し大人になった自分が振り返って書きました。前4曲を総括したようなことも書けたので、自分の中ではターニングポイントになった曲で、書けてよかったなと思ってます。

舞人:自分も「優しくなれたら」が一番のこだわりです。今まで自分がコピーしてきたギターサウンドとか、自分の好きな要素を一番この曲に落とし込めています。自分で良いなと思えるものを作れたらって常々思っているので、すごくシンプルだけど、録った後に聴いてそれを一番達成できたのがこの曲ですね。シロとクロでも、自分なりの表現ができるということを見つけられて良かったです。

太田:僕は「Your Song」ですかね。僕のルーツはJ-POPでaikoさんがとても好きなのですが、aikoさんの曲のベースも好きで、実はオマージュさせてもらったりしています。ニュアンスも自分の色というか、自分の好きなものを多めに出せた曲だったので特に楽しかったですね。

日野:ちゃんとみんなの個性が散りばめられた作品になりました。

ーー「Your Song」「Jealousy」「優しくなれたら」の3曲に見られるのですが、“こぼれる”という表記が普段使われる漢字“零れる”ではなく、“溢れる”を使われています。この漢字を使用しているのは、意図があってのことでしょうか?

日野:僕が無意識のうちに使ってしまっている言葉でもあって、“こぼれる”というのは、思い通りにいかないという感情が滲み出るワードかなと思っています。必死に全部持っていこうとしても、未熟だから“こぼれちゃう”。全部は持っていけない中で、どうしていくのかを表すのが“溢れる”という言葉なのかなと思っています。
太⽥旭(Ba)

太⽥旭(Ba)

ーー今作のレコーディングの中で印象的なエピソードはありますか?

日野:とりあえずレコーディングめっちゃ押したなっていう…。フルアルバムでもないのに1ヶ月くらいかかりました(笑)。

千樹:あと、脱ぐといいテイクがとれるというジンクスが僕らにはあって(笑)。

日野:僕と千樹だけですけどね。

千樹:ちょっとうまくいかない時も脱いだら一発で決まるっていう。

日野:歌録りの時も脱ぐと声出るんですよね。

舞人:音と声色が変わるよね。本当にいつもの自分が出ているような感じがするんですよ。意味わかんないですけど(笑)。

千樹:それこそ「jealousy」のドラムを録ったときは、思った通りにいかなくて。でも脱いだら一発でOKでした。

ーー絶対的に一発で録れるとなったら本当にジンクスですよね。

千樹:でも最初から脱いでたらダメなんだよね。

舞人:野球拳方式なんです。まずは上から、次に下って(笑)。

ーーなるほど(笑)。次にライブについてお伺いします。まず、コロナ禍以前のライブ活動と、コロナ禍での配信ライブの感覚はやはり違うものですか?

千樹:そうですね。配信ライブって直前までどんな感覚か自分たちでもわからなかったけど、いざ始めてみたら普段のライブとは違った感覚はあるけど、意外と熱量は乗っかって楽しかったです。

日野:無観客配信ライブと言えど、ライブの回数が少なくなると、1本の公演に向き合える時間が長くなるので、曲順や演奏方法などをよりシビアに考えるようになりました。曲の繋がりとか、“この曲、リスナーはどんな感情で聴くのか”ということを真摯に考えるようになりましたね。

ーーライブ前にやるルーティーンはありますか?

舞人:僕は必ずお酒を飲んでます。

ーーえっ、そうなんですか!?

舞人:“緊張しい”なんですよね。飲まないと手が震えちゃって、いつも弾けてたものが弾けなくなったりするので、ほろ酔い状態でやるのがルーティーンです。

ーーほかにも何かルーティーンある方はいますか?

千樹:特にルーティーンとかはないですけど、基本的に、結構スタート直前までふざけてますね。気合入れていっちゃうと逆に緊張しちゃうから、登場SEが流れてる時も、ずっと世間話とかしています。出番の5秒前くらいまで“あ、その服可愛いね”とか(笑)。

日野:あえて平常心でいる。ラフで日常的でいることがルーティーンなのかな、バンドとしては。

ーー先日開催してた無観客ライブでは、円形に向き合って立つことでメンバーの顔を見ながらの演奏だったと思うんですけど、普段と違っていかがしたか?

日野:メンバーと演奏中に目を合わせるのはすごく大事だと思っていて、それだけで一体感が出ると感じています。ライブ中、それを常に感じながらの演奏だったので、とても良い環境でした。

千樹:基本的にスタジオではずっと円形でやってるので、普段通りの姿も見せることができたのではないかと思います。
阿部千樹(Dr)

阿部千樹(Dr)

ーーライブをする上で大切にしていることや、課題とかはありますか?

舞人:ライブは音源とはちがって、聴覚だけじゃなく視覚も使うのでダイレクトに伝わるものだと思うんです。なので、日野が作った曲をレコーディングの時よりもっと忠実に表現して伝えられるようにしたいと常々思っています。

ーーコロナを抜きにして今後やっていきたい目標はありますか?

日野:ライブが今まで通りできるようになったら、どんどんキャパシティを上げて、いずれは結成当初からの、“東京ドームでのライブ”という目標に到達できるような道のりを歩んでいきたいと思っています。あと、タイアップ曲を書き下ろすのをやったことが無いので、それは必ず、近い将来で実現したいと思っています。

スタッフ:ちょっとプレッシャー来てますかね…。

一同:(笑)。

日野:アニメとか映像作品とか、みんなが見るようなものの主題歌をやって、国民的な、歴史に語り継がれるような、音楽史に残るような名曲を必ず生みたいということもひとつの目標ですね。

ーーでは最後に。みなさん各々にとって、“音楽”とは何ですか?

千樹:ぶっちゃけただの娯楽の一部であって、極論、無くてもいいものじゃないですか。でも、あると良いなぐらいの“人生の付加価値”という位置付けだと思うんです。自分たちの音楽も、そういった人生のプラスアルファ的なものでありたいです。

日野:僕にとっては“拠り所”です。もし音楽がなかったら、本当にしょうもなかったんじゃないかと思ってて。音楽をやってきて知ったこと、出会った人がいて、自分もどんどん成長できたなと思うので、本当に音楽が“拠り所”だと感じています。

舞人:自分にとっての音楽は“当たり前のもの”ですかね。別に“無くてもよいもの”だと思うんですけど、自分の近くに“勝手にある”というか、そういう感覚がしてる。だから自分の中では“無くせないもの”だと思いますね。

千樹:白米みたいな?

舞人:あー、そうかもな!“白米”です!

太田:僕にとっての音楽は“楽しみの一部”です。コロナ禍に入って気づいたことが1つあるんです。ライブが僕の生きがいだということに気づきました。音楽は“楽しみ”だけど、ライブは“自分の生きる意味”だったのかなと感じるようになりました。でもやっぱり結果的に、音楽もライブも、楽しんで活動していけたらなと思います。

取材:椎名康予、須藤大晴(日本工学院専門学校・蒲田校 コンサートイベント科)
撮影:石原汰一
シロとクロ× 日本工学院専門学校 蒲田校 コンサート・イベント科 学生

シロとクロ× 日本工学院専門学校 蒲田校 コンサート・イベント科 学生

配信限定EP『Your Song』2020年12月11日配信
    • COKM-43061
    • <収録曲>
    • 1.Your Song
    • 2.Tokyo fallinʼ
    • 3.Jealousy
    • 4.曖昧FRIENDS
    • 5.優しくなれたら

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着