コロナ禍の中、毎週の配信ライブで集
客を伸ばして、注目されているアーテ
ィスト「High-NA」の「STAY WITH ME
(○○と□□のウェディング)」が 12
月18日と12月25日の24:58から日本テ
レビ「バズリズム」でオンエア

コロナ禍の中、毎週の配信ライブで集客を伸ばして、注目されているアーティスト「High-NA」の「STAY WITH ME(○○と□□のウェディング)」が12月18日と12月25日の24:58から日本テレビ「バズリズム」でオンエアされる。
このアーティストは、BOØWY 、リンドバーグ、ZIGGY等のヒットメーカーとして1980年代から90年代に一世風靡した月光恵亮氏が音楽プロデューサーとして最後に手がけた。
昨年、「High-NA」の「オレンジの景色の中で」の制作中に、月光氏は後天的聴覚障害突発性難聴の症状悪化により、現在は、アドバイザーの位置になった。フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』でもその模様は昨年末に報じられた。
今では、ライブハウスのキャパシティを超える250人から300人が配信ライブの常連客になっている。
ボーカルのHINAの魅力について、月光氏はこう語る。
「リンドバーグの渡瀬マキさん、田村直美さん、松田樹利亜さんと同じようなストイックさを感じます。」
子供が寝静まってから何度も曲を聴いてメロディを覚えて3時間くらい寝てから子供のお弁当を作り学校や幼稚園に送り出して声を出して練習するのが日課という二児の母だ。
月光氏がHINAと最初に会ったのは、10年前だが、2018年に再会した時には、別人のように成長していたという。
「その時の彼女はやる気はあったのかもしれないが、僕には全く届いてもいませんでした。ついつい僕もその呑み込みの悪さに苛立ちを感じ口調が荒くなってしまいました。」
しかし、2018年にカラオケに行くと音程、リズム含めて全ての曲が90点台で歌い、月光氏を驚かせた。早速制作に入ったデモテープレコーディング最中にメンバーが選抜されて、バンド編成になった。
グルーヴのあるリズム隊は最強だ。
AKB48中田ちさと等のサポート活動で知られ、外薗雄一氏に師事のドラマー、Ryuki 。
台湾の軍隊の音楽隊出身、日本へ来て学校のビッグバンドのベース、デスメタルからPOPSと幅広くジャンルを演奏するベースのSEN 。ギターのわりトアリは、
ニコニコ動画の演奏してみた動画でカテゴリランキング1ヶ月1位を保持等の実力派。
「ライブパフォーマンスもまるで目の前にオーディエンスがいるかのように熱唱し、バンドのメンバーもダイナミックスを意識しないでも自然にそれを表現できるレベルに達している。特にHINAの表現、歌に入り込んだ陶酔感は、人をグッと引き寄せるパワーが日増しに大きくなっている。」と月光氏は、絶賛せる。
そしてそのオーディエンスとのやり取りから生まれたのが「Stay With Me○○と□□のウエディング」だという。
「Stay With Me○○と□□のウエディング」

月光恵亮
TEXT:野島茂朗(音楽評論家)

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着