“シンガーソングライター特化型”配
信番組 『HEY! LOOK AT ME NOW! vol
.2』 ライブレポートが到着

シンガーソングライター特化型・音楽配信番組『HEY! LOOK AT ME NOW!』(読み方:ヘイ! ルック アット ミー ナウ!)の第2回放送が、12月14日(月)に有料ストリーミング・サービスStreaming+にて放送された。
この番組は、タイトル和訳の「ねえ!今の私を見て!」の通り、共演者同士のセッション・トークなど、普段のライブでは観ることができないシンガーソングライターとしての“今の姿”をお届けしていく生配信音楽番組である。
不器用ながらも、まっすぐに伝える歌詞が同世代の男女に共感を呼んでいるシンガーソングライター・みきなつみが番組のナビゲーターを担当。vol.2となる今回は、林青空山崎あおいがゲストとして出演した。
公演中の配信トラブルにより急遽途中から収録での配信となった、「HEY! LOOK AT ME NOW! vol.2」。最後まで生配信でお届けはできなかったものの、今回も大ボリュームの内容となっている。
「みなさんこんばんはー!」と、今回も元気よく登場した番組ナビゲーター・みきなつみ。マスクをつけたまま登場してしまうというお茶目な面が見えつつも、『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.2』がスタートした。番組紹介をすると早速1組目のゲスト、林青空のライブへ。

林青空ライブ写真  Photo by りゅーじ
ギターを手にして登場すると、「マイフレンド」を微笑みながら歌う林青空。続いて、弾んだリズムで「アイス」を披露すると、前2曲の軽やかなイメージとは反面に「ねぇ」を切なげに、問いかけるように歌う。楽曲の明暗によって変わる林青空の歌声・表情に、心を揺さぶられる。続く「ファイティン」は、背中を押してくれるような楽曲で、元気がもらえる1曲となった。MCで「今まであった場所がなくなったり、当たり前に過ごすことができなくなったけど、戻ろう、時間を取り戻そうとしてる姿がすごくかっこいいと思うし、私もそうありたい。私が歌う場所を守るためにできることは、歌い続けること。それを応援してくれたり、楽しみにしてくれたりする人がいることがとても幸せ。」と語ると、この状況に立ち向かっていくような「出航日和」を披露。林青空の想いが詰まったパフォーマンスとなった。
ライブ終了後、みきなつみ✕林青空のトークコーナーへ。ライブ後の心境を聞かれると林青空は「(配信だけど)みんなの顔が見えました!」とコメントしてくれた。初めて会ったのが2年前という2人は、少し緊張気味な様子。今年2月にメジャーデビューした林青空に変化したことを問うと「メジャーデビューしてから、ツアーが中止になったり有観客ライブができてないので、ちゃんとファンの顔を見てないからあまり実感できてなくて。」と語った林青空。それに対し、「逆に準備期間がめちゃくちゃあったということで、(有観客でのライブを)期待してていいということだね!」とみきなつみが言うと、林青空「めちゃくちゃプレッシャー(笑)。でも楽しみに待っていてくれると嬉しい。」と心境を語った。話していくうちに緊張がほぐれた2人は、終始穏やかなトークを繰り広げた。

山崎あおいライブ写真  Photo by りゅーじ
林青空とのトークが盛り上がったところで、2組目のゲスト、山崎あおいのライブパートへ。
ギター伴奏から「ivy」、「夜の散歩」をしっとりと披露し、一瞬で山崎あおいの世界へと誘われる。共演者のいるライブに出演するのが久しぶりだという山崎あおいは、「コロナ過になってから、山の中やカフェなど様々な場所でオンラインライブをやってきたけど、意外と人とライブしてなかったなと思って。久々に楽屋に人がいるのを見て、緊張してしまった。」と心境を語った。3曲目に「ほろよいのせい」を披露すると、その雰囲気に酔ってしまいそうなほど大人な表情を見せてくれた山崎あおい。途中、「大学生のときにデビューしてから、音楽活動で忙しくて遊んだり、旅行に行ったり全然できなくて。ようやく今年になって、旅行にいったりしてもいいのかなと思った矢先のコロナ過で、心が挫かれた。2020年は希望のある曲で終わりたい。」と語り、「サカナ」を披露し、締めくくった。
ライブ終了後に、みきなつみ✕山崎あおいのトークコーナーへ。山崎あおいは「久々にライブハウスで歌ったので、すごく雰囲気を楽しめた。」と笑顔でライブ後の心境を語ってくれた。そして作詞家・作曲家としても活躍する山崎あおいに「制作する上で意識していること」を問うと、「自分がアーティストとしてやってきた経験もあるので、曲を出すときに本人たちがどのぐらいの想いをかけているかわかる部分があって。それこそデビュー曲だったらとても気合を入れるし、そうじゃなくても、そのアーティストのターニングポイントになればと思い、提案するようにしている。」と制作の裏側を語ってくれた。他にも「ユニット活動での楽しみ」、「最近の趣味」など普段は聞くことのできない話をたくさん聞くことができた。

みきなつみライブ写真  Photo by りゅーじ
番組も終盤戦を迎えたところで、番組ナビゲーターでもあるみきなつみのライブパートへ。今回もノリノリで登場し、「Letter」を披露。歌い終えるとギターを手にして、「次の曲は、みきなつみ史上最大に切なくて、悲しくて恥ずかしくて、人によっては聞いていられなくなっちゃうぐらい赤裸々に言葉をつづった失恋ソング。会いたくない、と言いながら本当は今すぐ会いに来て、という意味だったり、大嫌いが大好きっていう意味だったり、素直になれない、ひねくれた思いも詰まったタイトルになっている。」と語ると、「君が普通に生きてるなんて嫌だ」を初の弾き語りverで披露してくれた。そして最後には、この配信ライブを観てくれて、選んでくれてありがとうという気持ちが詰まった「またね」を披露し、ライブハウスで会える日がさらに楽しみになった。
みきなつみ×林青空セッション  Photo by りゅーじ
みきなつみ×林青空セッション  Photo by りゅーじ
みきなつみが歌い終えるとステージには林青空が登場し、みきなつみ✕林青空のセッションライブがスタートする。今回みきなつみがセッションに選曲したのは、初のドラマタイアップである林青空1stシングル、「ハイヒールシンデレラ」。みきなつみが「おかえりなさーい!」とステージに林青空を呼び出すと、「ミュージックビデオも青空さんらしさ満点でかわいいので、チェックしてほしい!」とコメント。林青空のギター伴奏と共にみきなつみが歌い出すと、終始楽しそうにセッションする2人。観ているこちら側にもセッションを楽しんでいる様子が伝わり、温かい気持ちに包まれた。
みきなつみ×山崎あおいセッション  Photo by りゅーじ
みきなつみ×山崎あおいセッション  Photo by りゅーじ
歌い終えると林青空に変わり、山崎あおいが登場する。みきなつみがセッションに選んだのは、山崎あおいのアルバム「アオイロ」より「カランコロン」。みきなつみは、「この曲はもともと知っていた楽曲。山崎さんとのセッション曲を決める時に、考えて考えて選んだ。」と選曲した理由を語ると、山崎あおいのギター伴奏でセッションが始まる。みきなつみの透明感のある声と、山崎あおいの大人な雰囲気が混ざり合い、心にストレートに呼びかけられているようで、視聴者を共感の波にさらった。
セッション終了後は、みきなつみとゲスト2組でトークコーナーへ。この番組への出演を誘われた時の心境を聞かれると、林青空「ガッツリと話をしたことがなかったけど、お友達になりたいなとは密かに思っていて。今回ご一緒できてとても嬉しい。」山崎あおい「久々に共演者のいるライブで、同世代で女性という共通点もある2人だったから、嬉しかった。」と笑顔で語ってくれた。また、番組タイトルの和訳「今の私のここを見てほしい!ってどんなところ?」という質問には、林青空「最近家に引きこもりがちで何かしたい!と思って、初めて金髪にした。見た目とか楽曲ももちろんだけど、自分らしさをどんどん出せるような存在になりたい。」山崎あおい「出演しておいてなんですけど、あまり見ないでほしいって思いながら生きてきたので…。あえて見てもらうなら、作詞作曲するのが好きなので、作品の方を見てもらえたら!」とコメントしてくれた。ほかにも「クリスマスの思い出」、「2020年はどんな年だったか」、「2021年の抱負」など、ゲスト2人の”今”やいろんな表情を見ることができた、貴重なトークセッションとなった。

出演者集合写真  Photo by りゅーじ
そして、「HEY! LOOK AT ME NOW! vol.3」の開催が本日発表となり、ゲストとしてカノエラナと原田珠々華が出演する。今回も出演者のライブパフォーマンス、セッション、トークなど盛りだくさんでお届けした『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.2』。この公演のアーカイブは、Streaming+にて12月16日(水)まで購入が可能、12月20日(日)まで視聴することができる。普段は見られないシンガーソングライターの一面を楽しめる『HEY! LOOK AT ME NOW!』。今回の放送で演奏されたセットリストはSpotifyで公開中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着