土岐麻子、「アイ」のカバーを配信リ
リース&秦 基博からコメント到着 
カバーアルバムのリリースとワンマン
ライブの開催も発表に

シンガー・土岐麻子が、昨日・12月16日(水)に秦 基博の「アイ」をデジタルリリースした。
本人曰く家にいる日が続く中でふと口ずさむのがこの曲であり、いつのまにか暮らしのなかにある歌と位置づけている本作。楽曲アレンジは、シンガーソングライターであり作家の佐伯youthKが担当。ピアノに扇谷研人、ウッドベースに千ヶ崎学、ドラムに柏倉隆史という豪華ミュージシャンとともにバンド編成一発録音で挑んだ。
今回のカバーに関して、秦 基博は「土岐さんの、優しさの中に憂いを含んだその歌声によって紡がれる「アイ」は、とても澄んでいて、胸の奥の方までとても自然に、そして確かに届いてきました。こんなに素敵に歌ってもらえて、作り手として嬉しい限りです。」と、自身の楽曲カバーについてコメントを発表した。
土岐麻子「アイ」
2021年2月17日(水)には、この楽曲を含むカバーアルバム『HOME TOWN ~Cover Songs~』をリリースすることが決定。さらに、カバーアルバムのリリースを記念して、土岐麻子としては約1年ぶりとなるワンマンライブ『TOKI ASAKO LIVE 2021 Spring「MY HOME TOWN」』が2021年3月6日(土)東京・日本橋三井ホールにて開催することも決定した。座席数を減らし、昼・夜二部制で行われる。一般発売に先駆け12月23日(水)正午より、土岐麻子のオフィシャルメンバーズサイト「TOKI CHIC CLUB」にてチケット先行予約がスタートしている。
また、土岐麻子とSchroeder-Headzによるユニット「土岐麻子 meets Schroeder-Headz」による、約7年ぶりのライブが決定している。『真夜中のプラネタリウム-Midnight Planetarium Live- ✕ 土岐麻子 meets Schroeder-Headz』と題し、東京・有楽町にあるプラネタリアTOKYOにて無観客にて実施され、12月23日(水)の22時30分からクリスマスにかけて3日間限定配信される。このライブでは、かつて在籍していたバンド・Cymbals時代の楽曲も披露する予定。視聴券は12月26日(土)20時までイープラスにて購入可能となっている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着