the peggies、東名阪ツアーのアンコ
ール公演で見せたたくましさ

the peggies LIVE "ENCORE"~supported by DECEMBER'S CHILDREN~

2020.12.15 東京・LIQUIDROOM
DAY、NIGHTの1日昼夜2公演というスタイルでの東名阪ツアー『運命だって信じたいツアー』を11月に敢行したthe peggies。このツアーの夜公演は全会場ソールドアウトと盛況のうちに終えたが、その勢いをかって12月15日、新宿リキッドルームで2020年最後となるステージ『the peggies LIVE "ENCORE" ~supported by DECEMBER'S CHILDREN~』に臨んだ。
この夜は音楽事務所moving onの年末恒例のイベント『DECEMBER'S CHILDREN』がサポートする『運命だって信じたいツアー』の「アンコール公演」的なライブ。毎回刺激的な出演者が集うイベントらしく、新人離れした存在感を見せるRose One、成山俊太郎をオープニングアクトに迎えて幕を開けた。

◎開場時アクト1/Rose One ナイフのような苛立ちの言葉を繰り出すRose One
Rose One
トップバッターは2019年12月から活動を始めたRose One。“暴力、暴動、いじめ、ハラスメント……世界のクソッタレを全て唄にする群れない、媚びない、属さないを地で行く社会派ノスタルジックシンガー”と異名を取る22歳の女性シンガーソングライターだ。
1曲目の「常識なんてからっぽ」から、「クッソタレのようなこの場所で戦ってきた」と世の中の欺瞞に対するエネルギーを強烈に放つ。続く「ハラスメント」「但し書き大国」でもナイフのような切れ味鋭い言葉がマシンガンのように繰り出される。その言葉の一つひとつが、「それでいいのかい?」とばかりに突きつけられ、フロアに緊張感が走る。そんなRose Oneだが、「自分を受け入れてくれる居場所を見つけた」というライブハウスで出会った“おっちゃん”が投げかけてくれた肯定の言葉をモチーフにした4曲目の「君は正しい」では、素直に受け入れたけたくない日々に苦しむ人たちへの優しさを見せた。
Rose One
そして圧巻だったのがラストナンバーの「ボクノイルバショ」。セリフ調のAメロから一転、サビでは「悩みは先生に相談しましょう」というフレーズに対して、「うるせー」「ばか」「僕のいる場所はここなんだと」泣き叫ぶように歌い、抗う。まるで誰もが心のなかにしまっている“言わない言葉”を代弁するかのように。誰しもの心にある痛み、怒り、もどかしさ……そして、優しさとつながるRose One。不透明で理不尽なことが増えていきそうな世の中で、これからどんな歌を生み出していくのか。楽しみにしたい。

◎開場時アクト2/奇跡の歌声で物語を綴る成山俊太郎
成山俊太郎
続いて登場したのも2019年に音楽活動を志し、高校卒業後の2019年に福岡県から上京したという成山俊太郎。あるメジャーレコード会社の男性ボーカリストオーディションで3,767人の応募者から4人のファイナリストの一人に選ばれた逸材だ。
1曲目はくるりのスタンダードナンバー「ばらの花」のカバー。歌い出した瞬間に「あっ」という声が出そうになったくらい、深みのある美しい歌声に驚く。この“圧倒的な声”を周知させる、そして“成山俊太郎というボーカリスト”の存在を際立たせるにはうってつけの選曲だった。
成山俊太郎
「ルーティーン」「夜とグラス」「七変化」と美しいメロディの曲が続く。日本的な情緒を根底に、どこかアメリカのフォークロックやスタンダードポップスの調べも思い起こさせるナンバーだ。そして、ここでも存在感を放ったのがやはり“歌声”。一見、誰の日々にもありそうな風景、“君と僕”との感情の機微が、成山俊太郎の声を通すと一つひとつの描写に色がつき、掛け替えのない物語として歌の世界が目の前に浮かび上がってくる。まるで映画を見ているように。この魔法がかった声、奇跡的な声を聞いていうちに、キャロル・キングやポール・サイモンが頭に浮かんだ。
最後に歌った「七変化」は12月23日に配信シングルとしてリリースされるという。替えの効かない天賦の才を秘めた成山俊太郎は、これから何を経験して、何を見て、どんな物語を極上の奇跡の声で綴っていくのだろうか。

◎メインアクト/苦難の1年を経て“勇敢さ”を増したthe peggies
いよいよメインアクトのthe peggiesの出番。北澤ゆうほ(Vo&Gt)、石渡マキコ(Ba)、大貫みく(Dr)が意気揚々と登場。気合が伝わってくるその立ち姿には、ただならぬこの1年を乗り越えてきたファン、フロアに集うも声を上げられぬ仲間たちを「大丈夫!」とフックアップするようなたくましさがみなぎっている。
the peggies
誰もが苦難を強いられ、大切に積み上げてきたことがご破算にもなった人も多かった2020年。そのやるせなさをぐっと歯を食いしばって耐えてきた2020年。もちろんthe peggiesも辛抱の日々を過ごした。でも、大事にしてきたライブでファンと共鳴し、最高の笑顔を弾けさせる日は不完全ながら戻ってきた。「ならば、やらねば!」。そんな気概に満ちながら「Hello!」の第一声とともに「グライダー」でステージの幕が開く。「それでも進み続けなきゃいけない」「僕らの戦闘機はまだまだ大丈夫さ」と、もどかしさを振り切って前に進もうとするメッセージが、いつにも増して迫ってくる。
the peggies
「マイクロフォン」「スタンドバイミー」と一気呵成にたたみかける。「マイクロフォンを渡すから君の泣き声も笑い声も全部聞かせてよ」のフレーズは、このご時世だけに、やはりさらに大きく響く。
おとなしく長いものに巻かれることを拒否する気概、こんがらがった自分を抱えながら愛を抱えて“生きるってことの旅”を続けようとする勇敢さ、割り切れない感情すらも抱えて突き進む青春のファイティングポーズが、the peggiesのまぶしさの源だと思っているのだが、その信念を貫く闘いのなかで培ってきた“バンド力”は、この非常時により光を放っている。
the peggies
「身振り手振りで愛を示して。キャッチします! 心のなかで一緒に歌って。今日は共演しましょう!」というMCを挟み、キラキラのポップチューンの「そうだ、僕らは」と「サマラブ超特急」に。「サマラブ超特急」は失われた夏のバケーションを、the peggiesが代わりにリアル体験させてくれるような抜群の爽快感。その後「JAM」「はちみつ」へと続く。
この夜のthe peggiesのステージアクトには迷いが吹っ切れたような強さと明るさがあった。しなやかでまっすぐなバンドアンサンブルを響かせていた。3人の出会いは中学時代にさかのぼる。「出会ってから、1カ月と間を開けて顔を合わせないことはなかった」と、大貫みくはMCでこの1年を振り返った。“生きるって旅”を一緒に闘ってきた仲間と再び動き出した。その旅路をともに歩むファンとも再開できた。だからこそ、こんな苦難の日々を前に「迷ってる場合か!行くぞ!」と、持ち前の向こうっ気の強さに火がついたように見えた。最大の個性の一つである勇敢さが自らを支え、ファンに力を与えようとしているように見えた。
the peggies
ステージは後半戦へ。the peggies流ディスコティック&ファンキーチューンの「weekend」、チャーミングな「ロンリー」、4月にEPとしてリリースした切ないバラード「アネモネ」、花火をモチーフに終わりのシーンを描いた幻想的な「花火」が繰り出させた。そしてラストスパートへ向かう。
ここからは立て続けにフロアを沸かす曲を連発。君との距離に一喜一憂するキュートな胸キュンナンバー「センチメートル」は、物理的な距離、心の距離……人との距離を考えざるを得ない今を象徴するラブソングだ。「オーケー!みんなで愛のたびに出るぜ!」と北澤が発破をかけて、転がるようなアンサンブルで突っ走った「LOVE TRIP」。「愛してしまうんだ。だから僕は行くんだ」「僕が僕でいられるように君が君でいられるように」「この恋を歌うよ」。ファンを勇気付けるよう北澤は誇らしげに歌う。“青春ど真ん中”と言いたくなる「青すぎる空」(映画『アルプススタンドのはしの方』主題歌)を継いで、ライブの鉄板曲の「明日」がラストナンバーとして披露される。この夜はサビのフレーズをフロアと大合唱とはいかないが、まるでみんなで歌っているような輝きを放っていた。
the peggies
アンコールは「BABY!」と「君のせい」。ここで今宵のステージは終了となる雰囲気だったが、楽屋に戻った3人が3度目の登場。名残惜しいファンのためにWアンコールとして「I御中」を演奏。楽しいロックナンバーで大いにフロア沸かせた。
この1年の苦難を力に変え、ファン=仲間を力づけるパフォーマンスを見せたthe peggies。コロナ渦はまだ続きそうな気配だが、来年はどのような姿にパワーアップしているのか期待したい。

文=山本貴政 撮影=かわどう

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着