横田龍儀主演、原田優一ら「PAT Com
pany」によるオリジナルミュージカル
『グッド・イブニング・スクール』が
開幕 キャストコメント&舞台写真が
到着

2020年12月17日(木)本多劇場にて、原田優一、オレノグラフィティ、小柳心、鯨井康介による新プロジェクト「PAT Company」が手掛けた、オリジナルミュージカル『グッド・イブニング・スクール』が開幕した。上演にあたり、オフィシャルレポート・キャストコメント・舞台写真が到着したので紹介する。
オフィシャルレポート
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
今回のミュージカルの舞台は進学校の中にある定時制夜間クラス。
用務員(鯨井康介)が教室の掃除をしている中、チャイムが鳴り幕が上がる。
新人教師の若林(横田龍儀)が現れ、期待を胸に教師として人生の夢を父へ宣言するが……
「生徒が全員、僕より年上だったんです」
生徒たち一人一人にスポットが当たるオープニング。そのまま場面は教室へ……
若林が担当することになった夜間クラスは、入れる保険が見つからないことや肩こりが悩みの山田宗一郎(コング桑田)、かわいいへの研究に余念のないミキ(オレノグラフィティ)、すぐパチンコへ頭がいってしまう福巻久美(谷口ゆうな)、未来から来たタイムリーパーを自称する岡島悟(小柳心)、クラスのリーダー的存在で、仕事と両立するために学校はほどほどでいいと宣言する鈴木源(中井智彦)など癖が強く問題のある生徒ばかり。若林はそんな生徒たち一人一人と必死に向きあう日々を送ることとなる。
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
生徒たちとも打ち解け始めたある日、若林は同僚のマドンナ先生、真田菜々(黒沢ともよ)に話しかけているところを目撃される。
若林が菜々に恋をしていると分かった夜間クラスの生徒たちは、テストの平均点を上げて、若林を仕事が出来る男だと見せつけよう! と応援するために団結する。
勉強会を開きまじめに勉強するようになった生徒たちだが、テストの点を上げるためにはまだまだ時間が足りない…源が合宿を思いつくと、それを見ていた菜々も合宿に参加することに……!

(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc

合宿をすることになった夜の学校では、福巻・ミキ・菜々の女子たちによるパジャマパーティーやちょっぴりいい雰囲気な若林と菜々、山田の持論「わからないことがいい」を若林に説くミュージカルナンバー。
そして眠る若林の夢に菜々が出てきて……と様々な出来事が。
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
目が覚めて翌朝-不審な動きを見せる源と用務員を偶然目撃した若林。彼は源とのやり取りの末にいままで我慢していたクラスへの鬱憤をぶつけてしまう。
本音をぶつけ再び生徒たちと打ち解けたと思ったその時、若林の電話が鳴り、あることを伝えられる。
若林は教師として父と向き合うことができるのか、菜々との恋の行方はどうなるのか……?!
多数のミュージカルナンバーや、コミカルなシーンから後半のハートフルな展開など見どころ満載のPAT Companyによるオリジナルミュージカル。劇場及び配信で、ぜひ多くの方にこの旗揚げ公演を観劇してもらいたい。

キャスト コメント
■若林典隆 役:横田龍儀
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
【見どころ】
今回見どころが沢山ありすぎて、本当に全部と言いたい気持ちで満載なのですが、一人ひとりの個性が本当に凄いので、そこにも注目して頂きつつ、若林の成長なども見て頂けたら幸いです。
【他メンバー・カンパニーの印象】
PAT4のみなさんは、僕が勝手に思っているのですが本当に一人一人が師匠だなと思っています。カンパ
ニーは笑いが絶えず、楽しくてずっとこのメンバーでいたいなって感じます。
【お客様へメッセージ】
大変なこのご時世ですが、少しでもたくさんの方に笑顔を届けられるように、そして心を動かせるように全力を尽くしますので、ぜひよろしくお願いします!!
■鈴木源 役:中井智彦
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
【見どころ】
若林先生を取り囲む個性豊かな生徒たちの生き様が垣間見える部分が随所に散らばっています。どのキャラクターも愛すべき個性に溢れていて、「人間くささ」を感じます。人の温かさに触れられるところが見どころだと思います。
【他メンバー・カンパニーの印象】
PAT4の4人のチームワークによって、作品がどんどんブラッシュアップされていく様子をこんなに間近で見ることが出来る現場。とても興味深いですし、清々しいです。新しいものを創り出すということは、とてもエネルギーのいることですが、みんなが惜しみなくそのエネルギーを出し続けている。お客様の笑顔のために!最高です。
【お客様へメッセージ】
今、みんなが大変なこの時期に、少しでもたくさんの方に笑顔を届けられるように、そして心を動かせるように全力を尽くしますので、ぜひよろしくお願いします!!
■真田菜々役:黒沢ともよ
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
【見どころ】
作品全体としては大先輩方のエネルギッシュさがとにかくすごいです。自由だし大胆だし…とにかく自由で!!そんな先輩たちの真ん中で横田さんが愛されまくっているのがとてつもなく素敵だと思っているので、そこを感じていただけたら! 黒沢としても割と大胆にガツンと攻めるところがあるので、楽しんでいただけたらいいなぁと思っています。
【他メンバー・カンパニーの印象】
PAT4のみんながちゃんとお互いを確認して頷き合って進んでいるんだなぁという感じがすごくして、とても楽しそうで羨ましいなぁと思いました。なんというか、文化祭実行委員の目指すところというか、うーん、伝わりづらいかなぁ。浮かれているとかそういうことでなく、部活みたいで。こんな仲間がいるなんて羨ましいなぁという思いです!
【お客様へメッセージ】
お外に出づらいご時世に、劇場という場所を選んでくださったこと、そしてこの作品を選んでくださったことに心から感謝申し上げます。なにかと忙しい12月。なにかと振り返りたくなる12月にとても適した物語なのではないかなと思います。小さくてもなにか、とっておきの贈り物を渡せるように丁寧に愛を込めて努めます。素敵な年末になりますように! 
■福巻久美 役:谷口ゆうな

(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc

【見どころ】
スピーディーな展開を爽快なナンバーに乗せ、それぞれの問題を抱えた大人たちがひとつの目標に向かっていく、二度目の青春物語になりました。
主演の横田くんと彼が演じる若林先生が重なり、笑えてキュンとしてグッと来ること間違いなし!
わたしが演じる福ちゃんは、オレノくん演じるミキちゃんの存在で学校に通えています。
とにかく全員のキャラクターが味付け濃いめなので、白ごはんにとても合う作品です。おかわり自由。
【他メンバー・カンパニーの印象】
優一くんの演出は、いつにも増して繊細でダイナミック。この作品を演出できるのは、原田優一しか居ないなと毎日思っていました。次回作は優一くんも出演してほしい!
オレノくんは、とにかくマルチタスク。相方が彼じゃなかったらいろいろな場面が作れなかったと思うし、いい意味でとっても頭おかしい。あと、顔面が凶器的です。
心くんは、とにかく楽しい!最高だ! と言ってくれるのでみんなの士気がブチ上がり。そして、最終通し稽古前に自身の長尺シーンをぶっ込んでくるクレイジータフガイです。
康介くんはクレバーかつ変人なのは変わらずですが、稽古場に来るたび涙を流して爆笑してくれて、毎回「今年一番笑った」という信用できないコメントをくれました。
そんな彼が引き合わせたPAT4、無敵です。いい未来しか見えない!
【お客様へメッセージ】
ナイスな4人が立ち上げたPAT4の初回公演ミュージカル『グッド・イブニング・スクール』幕開けです。それぞれのキャラクターごとにスピンオフが作れるくらい情報量が多いので、ぜひそのあたりもご注目いただけると嬉しいですが、真っ直ぐで誠実な若林先生そのまんま、のような横田龍儀くんのひたむきな姿、どうぞお見逃しなく!
また、こんな時代だからこそ、舞台上でも顔と顔を近付けて歌い合うことはしない演出です。
若いクリエイターたちが作る新しい挑戦、応援していただけると幸いです。
■ミキ 役:オレノグラフィティ
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
【見どころ】
僕自身はもちろんのこと、演劇好きな人々がこよなく愛してきた下北沢本多劇場で、まさかの和製オリジナルミュージカルを上演できるなんて。ここぞとばかりに劇場愛とロックな反骨精神を剥き出しにして挑んでおります。実力派キャストの皆様の「贅沢な無駄遣い」を気が済むまで堪能して頂きたいと思ってます。
【他メンバー・カンパニーの印象】
ひたすら前向きな方しかいない、クリエイティブな皆様との日々を心ゆくまで楽しませてもらっています。
本物の夜間定時制高校の生徒のような多様さなのに、皆が自然と同じ方向を向いて走り出している。
文化祭の準備を、誰に言われるでもなく毎晩張り切ってしてるような。
使ったことないけど「アオハルかよ。」って言いたくなるような愛と爽やかさが溢れる皆様に感謝しかありません。2020年の最後、この方々と一緒に舞台に立てて本当に幸せです。
【お客様へメッセージ】
元気ないなあと思ってたり、漠然と不安だなあと思ってる皆様。
騙されたと思って本多劇場にお芝居を観にきて下さい。
僕らはとにかく元気に劇場でお待ちしてます。
年末にふさわしい、カラッとした空気のミュージカルを力一杯上演しています。
脳内お祭り騒ぎで、共に盛り上がれると、とても嬉しいです。
■岡島悟 役:小柳心

(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc

【見どころ】
脚本家という立場からしたら「物語を観てほしい!」と思い、俳優部としては「素晴らしいキャストたちを観てほしい!」と思い、PAT Companyとしては「僕らがつくり上げたものをみてほしい!」と思い、とにかく全部見てほしいというのが本音だったりします。
公演が終わった後に「明日からがんばろ」って思ってもらえたら、これ以上嬉しいことはありません。
【他メンバー・カンパニーの印象】
全員キッチリお話すると永遠に書いてしまうと思いますので、ひとことずつ。コングさんの舞台に立ってるだけでわかる質感というか「触感」はオリジナリティがあって最高ですし、ゆうなさんの作品に対する「嗅覚」は本当にすごいと思っています。黒沢さんはまさかこんなに演劇オタクだとは思っていませんでした! その膨大な知識量をもった身体を通して出る「音」は素晴らしいですし、中井さんの、噛めば噛むほど出る優しさと歌声の魅力は作中において絶妙な「味」になり、そして我らが座長である龍儀のひたむきな姿勢、何より彼個人が持っている真っ直ぐの「目」に心奪われること間違いありません。
そして我々鯨井、オレノグラフィティ、小柳が手となり足となり、原田優一が頭脳となっている。
このカンパニーは、とても十全です。僕は毎日幸せです。
【お客様へメッセージ】
苦しい日々が続いた昨今。そして乗り越えるべき2020年の年末。どの作品を見て「観劇納め」とするか。
僕らPAT Companyは、この作品がぴったりだと思っています。
『グッド・イブニング・スクール』を見て、ゴロゴロ正月を過ごして、希望ある来年を一緒に待ちましょうよ。年が明けてほんの少しだけ皆様が「前のめり」になっていたら、コロナ禍でも諦めずに突き進んできてよかっ
たと、肩の力が抜ける思いです。
■用務員 役:鯨井康介
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
【見どころ】
キャラクター同士の関係性や、バックボーンに見所が詰まっていると思います。
台詞の中に、多く表出はしていませんが、演じる俳優さんの身体を通して、各キャラクターが持っている個性が滲み出ています。バックボーンを想像し、時にご自身と重ね合わせてみたりして頂けると、より一層楽しんでいただけるのではないかと思います。
また、脚本、楽曲とオリジナルの作品となります。
きっと誰もがどこかで感じた事のあるような悩みだったり、挫折だったり。
でも、その落とした肩を、そっと抱いてあげられるような、そんな作品となりました。
小柳心の脚本が抽出し、オレノグラフィティの音楽が色味を持たせ、原田優一の演出によりイマジネーションが膨らみました。
また、castの一体感はこの作品の大きな武器となっています。主演の横田さんを中心に、ひと月の稽古期間とは思えない程の信頼関係が生まれています。
互いに優しさを持った集団の強さを。
是非、本多劇場でご体感ください。
【他メンバー・カンパニーの印象】
横田さんは、驚くほどにセンターが似合う方でした。一見頼りなく見えつつも、話題の中心に立つ彼からは、紛れもなく主役の雰囲気が漂います。
きっと横田さんの持つ誠実さと責任感。周りへのリスペクトの気持ちが求心力となり、集団の力が生まれた
ように思います。
少し影のあるお芝居も大きな魅力の一つです。
中井さんの圧倒的歌唱力は、この作品の大きな太い幹となって下さっています。
無骨な空気を纏いつつ、ふとはにかんで笑った時に、中井さん自身が持つ優しさが、一気にキャラクターの魅力を増幅させてくださいました。
父の気持ちを歌う中井さんのソロナンバーは必聴です。
今作のヒロインを演じていただきます黒沢さんからは、可愛らしさは勿論のこと、その中に知性を感じます。
実際にシーンを作り上げていく中でも、演出家の意図を読み込む力と表現力の高さには驚きました。
谷口さんのナンバーはこの作品の大きな飛び道具であると思います。
谷口さんは、『上手くて、面白い』のです。
それだけでなく、率先して稽古場の空気感を作ってくださいました。そういった人間性にも感謝です。
コング桑田さん。ユーモラスに背中で語る凄い先輩です。
そんな先輩に対して、このような表現はどうかとも思いますが、コングさん演じる山田さんは、とても可愛いです。ずっと可愛いです。ファンにならない方は、いないです。断言します。
また、ソウルフルなコングさんのナンバーも、お楽しみに。
【お客様へメッセージ】
このようなご時世ではありますが。
このようなご時世であるからこそ、観ていただきたい作品です。
劇場は、スタッフさんと共に、出来る限り感染症対策に務めさせて頂きますので。劇場でお会い出来るのを楽しみにしております。
とはいえ、決してご無理はなさらず。初日と千秋楽には、配信もございます。ご都合と状況に合わせてお選び頂けたら幸いです。
この作品が、明日へのちょっとした活力になる事を。願っております。
■山田宗一郎 役:コング桑田
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
【見どころ】
若者の成長物語。こんな大人と関わったらどんな人生が待ってるでしょうね? それな〜わからんけど。
って所を楽しんでもらえたらエエなぁ〜。
そして、還暦を来年迎える私が、実年齢の山田宗一郎を演じさせてもらえる喜びを観ていただきたい。
こんなオッサンが若者流行コトバを使う事のウザさを楽しん下さい。
あと、ココ10年来のたっぷり振付を観ていただきたいです。でも、ちょっと遅れてるねんなぁ〜。
【他メンバー・カンパニーの印象】
同年代で、スンゲェ才能のメンバーが出会ったPAT4はホンマすごい!ホンマ良いチームや!
今年の漢字が『密』そして、今回のお稽古は三密の回避を厳守。プラス「内容濃密」の3週間過ごさせてもろて、ホンマおおきに〜
ちょっと痩せれたし。感謝!
【お客様へメッセージ】
まだまだいつもの生活に戻れていない不安の中、劇場にお越しいただきありがとうございます。
早くまた元の演劇界の状況に戻ってもっともっと楽しんでもらえる事を願って、本日弾けます!
■演出:原田優一
【見どころ】
“間違い探し”が連続する楽しいミュージカルになりました。ギャップ萌えの私には大好物がほぼ渋滞します。アミューズメントとシリアスが同居するスピーディーな展開をお楽しみ頂ければ幸いです。どういうこと?! と思われる方、是非その目でお確かめくださいませ。
【他メンバー・カンパニーの印象】
横田龍儀さん→ 役にピッタリと言いますか、常に前向きに努力するその姿勢に毎日感動すら覚えます。まさに“当たり役”!
中井智彦さん→ いつもは優しくて、穏やかなジェントルマン。今回はそんな中井君の新たな一面が見られるのではないかと思います。迫力の歌も必聴です!
黒沢ともよさん→ 以前共演した時はミュージカル初挑戦だったともよちゃん。千秋楽で見せた涙の初々しかったこと。あれから2年。女優としても女性としても芯が強く成長したなあと親戚のおじさんのような気持ちになっています。
谷口ゆうなさん→ カンパニーを確実に安全に引っ張ってくれるしっかり者の、ゆうな。そして、私のやりたいプランを瞬時に掴んでくれる抜群のアンテナとセンスの持ち主です。信頼の塊。
コング桑田さん→ GESカンパニーの秘密武器と言えばこの方でしょう。芝居中の良きタイミングを確実に射抜いてくださり、思い切りぶっ放すそのパフォーマンスはお見事でございました。
【お客様へメッセージ】
学園物ミュージカルではありますが、大人による大人の為の応援ソングのような作品になっています。色んな考え方があって、それぞれがそれなりに何かを抱えていて、失敗の経験があって、それでも最後は自分を信じている人達が、不器用ながらに応援ソングを響かせています。人間って可愛いし、人生って面白い! 何が待ち受けているか分からないけれど、もしかしたら今が一番幸せなのかもしれないと、劇場を出た時に思っていただけたら幸いです。昨日があって今日がある。今日の生き方で明日が変わる。全力で前を向こうともがく人々の物語をお楽しみください。
(c)2020 PAT Company (c)2020 Marvelous Inc
なお、本公演は20日(日)まで上演。17日(木)・20日(日)には配信も行われる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着