「ナニワのアヴリル・ラヴィーン」で
話題沸騰の大阪☆春夏秋冬、遂に表舞
台に踊り出てきた大本命に訊く

「ナニワのアヴリル・ラヴィーン」で話題沸騰中、MAINA(マイナ)・ANNA(アンナ)・MANA(マナ)・EON(エオン)・YUNA(ユウナ)・RUNA(ルナ)からなる大阪在住6人組ダンス&ヴォーカルグループ大阪☆春夏秋冬。結成8年目、遂に表舞台に躍り出てきた大本命に、2年ぶりのリリースとなった2ndアルバム『BRAVE SOULS』と、今の自身を取り巻く状況への想いを存分に語っていただいた。
――コロナの影響でツアーやリリースが延期になるなど、なかなか思うように活動出来なかった2020年ですが。自粛期間中はどんなことを考えていましたか?
MANA:改めて強く感じたのが、ライブのあの瞬間が自分にとって一番大切なものやったんやなということで。自粛中は練習も出来ない状況で、毎日がすごくつまらなくて。大阪☆春夏秋冬やライブをやることが、自分として生きることの全てやったんやと思いました。
YUNA:メンバーと2ヶ月も合わないことが始めてだったので、「それでもなんとか動こう!」って、ZOOMでミーティングしたり。
ANNA:去年なんて365日中、360日くらい会ってたから、すごい違和感でした。
――いつも一緒だったメンバーと会えないだけで、すごい不安ですよね。
MAINA:あと世間がコロナの渦に巻き込まれて、自分たちの曲を改めて聴き返した時、私たちはライブ含めて見ていただいてるみなさんにエールを送るというのが一番の課題やったし、そういうものを届けたかったので。これまで楽曲を通して、そういう想いを歌えてきたのがすごく良かったなと思いました。こういう時だからこそ、「コロナに負けんなよ!」って伝えられる曲も多いことに気付いた時、自分たちがやってきたことが間違いじゃなかったと改めて思わされました。
大阪☆春夏秋冬
――その頃には『BRAVE SOULS』も完成して、リリースを待っていたんですよね?
MAINA:はい。『BRAVE SOULS』はライブ向けのアゲ曲やファンと一緒に作り上げる曲が多くて、「モッシュやダイブを全然して下さい」って曲がたくさんあったんで、早くみんなの前で披露したかったんですけど。あの時期にライブが出来なかったからこその現在のライブスタイルというか、新しく構築された部分もあって。今のライブにも魅力を感じているし、あの時期があったから一皮剥けて綺麗な花が咲いたみたいなところもあるんです。
MANA:普段、自分たちの曲を客観的に聴くことが少ないんですけど。自粛期間に改めて自分たちの曲を聴くことでより濃く理解出来たし、改めて曲と向き合うことが出来たし。ライブが出来ない中、自分たちの曲をどう楽しんでもらえるか? というのを、改めて考える期間にもなりました。
RUNA:それに『BRAVE SOULS』をリリースした後、有観客で新曲を初めて披露した時、初披露なのにお客さんとの一体感が生まれて。ライブが無い間も新曲を聴いてくれてたことがよく分かったし、「離れてても私たちのことを思ってくれてたんやな」って感じて、すごく嬉しかったんです。
ANNA:私は自粛中、YUNAとZOOMでミーティングして、YUNAがメンバーとの対談を上げてて。普通やったら新曲も歌やダンスで自分たちの届けたいことを表現するんですけど、それが出来ないから言葉にして文面で届けるっていうことが出来たのが新鮮だったし。今回のアルバムをライブでやる前に、言葉にして残せたことがすごく良かったんです。
――お話を聞いてると事態をポジティブに捉えた話が多いし、活動がだんだん再開した現在、改めて「悪いことばかりじゃなかった」というのを実感している感じですね。
EON:すごくポジティブですね。自粛期間に前々から準備していたYouTubeチャンネルも立ち上げて。YouTube自体慣れてないのに、初っぱなからリモートで収録とか、なかなか大変なこともあったんですけど。「時間があるから出来ることもあるから、いまのうちにやっておこう!」って気持ちで出来たことも多かったんで、前向きに受け止めてます。

大阪☆春夏秋冬

――なるほど。最新作『BRAVE SOULS』は改めてどんなアルバムになりましたか?
MAINA:激カッコいいんじゃないですかね? かなりの自信作です。
ANNA:制作前、masasucksさん(サウンドプロデューサー)に「私たちのライブが生きるような音源を作りたい」ってオーダーさせていただいたんですけど。ライブが少しずつやれるようになって、そういうアルバムになったことを改めて実感してます。楽曲ごとに色があって、全体のバランスがすごく良いので、ライブでも「このタイミングでこの曲!」って披露出来たりするので、すごく良いアルバムになったなと最近、特に思います。
MAINA:ワンマンで『BRAVE SOULS』の曲をやってた時、6人がめっちゃ楽しそうっていうのがハッキリ出たよね?
YUNA:うん。分かりやすく出たし、お客さんにも関係者の方にも「楽しそうだったね」って言われることが多いし。『BRAVE SOULS』が出来て、どういう音楽をどういう気持ちでどう伝えていきたいのか? というのが、明確になってきてるのも分かりました。
MANA:聴いてて飽きないアルバムになったしね。私たちメンバーがこのアルバムの曲を一番聴いてると思うんですけど、何度聴いても全然飽きない。日常でも部屋片付けながらとか、曲が頭に浮かんでることもあるし……。
MAINA:ホンマか?
MANA:ホンマやで!(笑) 何かしてる時、「SUNSHINE LOVE」とか「mellow mellow」とか、なんでかずっと曲が頭に流れてて離れない。
ANNA:それはめっちゃ思う! メンバーと一緒にいる時も、誰かが曲を口ずさんでたりするんですよ。そしたら一日、その曲が頭に残ってたり。
――10曲が10曲違った色を持ってるから、それぞれ好きな曲も違うだろうしね。
MAINA:ちなみに好きな曲はなんですか?
――俺は「Brave Soul」も「BABY CRAZY」も好きだし、バラード曲の「太陽と月とピザ」も好きだし。CD聴いた後に配信ライブを見たら「Let you fly」の振り付けがキュートですごい好きになったり。CDだと歌と演奏だけで、パフォーマンスまで付いた全貌が見えないから映像を見てアルバム楽曲がより好きになったし、生でライブが見たくなりました。
全員:わ~、嬉しいです! ありがとうございます。

大阪☆春夏秋冬
大阪☆春夏秋冬

――自粛もある中、『BRAVE SOULS』の振り付けはどう作り進めて行ったんですか?
MANA:練習を再開出来たのが配信ライブの一ヶ月くらい前で、5曲一気に仕上げたんです(笑)。自粛中に「この曲はMANA、この曲はEON」みたいに役割分担して、それぞれがおウチで振り付けを考えて、メンバーに伝えていく感じで進めて。
――普段も新曲が出来たら、担当を決めて進めていってという感じなんですか?
ANNA:そんな感じです。「この曲はMANAが合うよね」って、MANAが進めたり。
MAINA:楽器を持ってない分、身体を使ってしか表現出来ないと6人が思ってるので、それぞれが音を身体で奏でてる感じです。それも毎日ワイワイしながら「こんなことしたら楽しいんちゃう?」みたいに決めてくんで、すごく楽しいんです。あと、ライブを見て、「こういう風にライブしたい!」と思うこともあって。SHANKさんのライブ見てめっちゃ短い曲があって、「私たちもあんなんしたい」って出来た曲が「AxMxMxRx The End」だったり。
――ライブまでイメージして、曲をオーダーしたりするんですね。自分たちのやりたいことが明確に見えてきて、満足出来る形になったのってどれくらいのタイミングでした?
MANA:自分たちのやりたいことがちゃんと表せるようになったのは、今回のアルバムからかな? 曲にやりたい要素を含ませるのは、前からやってたんですが。自分たちがどうしたいか? というのを具体的に考えて出来たのは『BRAVE SOULS』だと思ってます。
ANNA:「こんな曲でこれくらいの尺で」みたいな、曲の輪郭までオーダーすることって無かったので。今作は自分たちの色がかなり出せてると思います。
YUNA:とは言え、やってることは昔からあまり変わってないし。「常に前の自分たちを越えて、新しい自分たちを見せていこう」って気持ちも変わらないんですけどね。
RUNA:私は「その手」という曲の歌詞の一部を自分たちも書かせてもらって、あの曲に自分たちも支えてもらったし、いまはライブで欠かせない曲になってるし。自分たちの人生においても、すごく大事な一曲に仕上がって。あの経験があってからライブが変わったし、取り組み方もちょっと変わったかな?と思ってます。
大阪☆春夏秋冬
大阪☆春夏秋冬

――意識を変える一曲があったんですね。自分たちの意識が変わったら、応援してくれる人や理解者がさらに増えたとか、何か状況が変わったというのはありました?
MAINA:あるかも。でも、私たちが料理の具材になったわけじゃないと思ってて。楽曲が完成された料理だとしたら、私たちは人参とかじゃがいもとか、メインになる具材になれていなくて。まだ、醤油とか塩とか、スパイスにしかなれてないと思っているから。いつか新種の野菜を作って、新しい料理を作りたいなと思うんですけどね。
――いや、それは謙遜しすぎじゃないですか? アルバムを聴いてもMAINAさんはタイプの違う楽曲たちを幅広い歌の表現力で表現出来てて。スパイスどころか、調理しがいのある高級牛肉や豚肉だからこそ、プロデューサーや豪華演奏陣が本気になって調理して、最高の料理を作ってくれてると思いますよ。で、期待に応えてこんだけ豪華なメンバーの演奏も圧倒する歌声を聴かせてくれて、そこに大阪☆春夏秋冬らしさを生み出せていて。さらにそれを6人のパフォーマンスで完成させて、ステージで披露出来ているわけですから。
MAINA:きゃ~、嬉しい! ……ちょっとお酒持って来ていいですか?(笑)
EON:お酒を飲みながら話すには、まだ時間が早いよ(笑)。
大阪☆春夏秋冬
――あはは。で、最近では「関ジャム∞」で今井マサキさんがMAINAさんを「ナニワのアヴリル・ラヴィーン」と絶賛してくれたり、ちゃんと評価してくれる人もいて。
MAINA:嬉しいですよね。でも、そこはメンバーのみんなが色んなところで活躍してくれて、支えてくれて、自分も自信を持って歌うことが出来てるからだと思います。でも8年やってきて、「大阪☆春夏秋冬の浪速のアヴリル」って紹介してもらえたことが嬉しかったし。売れることが目的ではないけど、どうやったら人に届く歌い方が出来るんやろう? どうやったら人が感動してくれる作品が作れるんやろう? ってずっと考えてたから、ああして紹介してもらえたのは神様からのプレゼントやと思ったし。良い流れの中で『BRAVE SOULS』を持って地方に行って、みんなを笑顔に出来たらなって改めて思わされました。
――たくさんの人に聴いてもらうためにも名前や存在を知って貰わなきゃいけない。そこで自分たちの存在を広めてくれる人が現れて、存在を知ってくれた人に自信を持って届けられる『BRAVE SOULS』があって。いま状況的にはかなり恵まれていますよね?
MAINA:自分たちでも、いい感じのバイブスなんかな?と思います。6人のモチベーションも周りへの見え方も良い感じに進んでいる感じがあるんで、それをポジティブに楽しい方向に持って行けたらいいなと思っていて。今は「楽しい!」をただやって、それを色んな人と共有してもらって。楽しいがどんどん連鎖していったらいいなと思っています。
※このインタビューは11月下旬に行われたものとなります。

取材・文=フジジュン

大阪☆春夏秋冬

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着