いまだからこそ届けたい、大切な人へ
の“想い”を募り、キヨサクらが生歌
に乗せる「想うたLIVE ONLINE」

過去3年間にわたり500万回以上再生され
たJTの心の交流を描いたCM『想うた』M
ONGOL800キヨサクらの生歌と共にシリー
ズ全6篇を振り返る

日本たばこ産業(以下JT)は2020年12月26日(土)に、これまで約3年に渡って、人と人との心の交流を描いてきた企業広告『想うた』シリーズの楽曲をMONGOL800のキヨサクらの生歌で楽しめる一夜限りのオンラインイベント「想うたLIVE ONLINE」を開催する。

大切な人を想うからこそ、なかなか会えない今、誰かを想い、伝えるきっかけとして、その想いを募るメッセージ投稿企画も実施し、みなさまから寄せられた想いとともに、キヨサクさんらの生歌を全国へお届け。

今年は、会いたい人に会いたくても、なかなか会えない1年だった。例年であれば、クリスマスやお正月など大切な人たちと楽しい時間を過ごすことができるこの時期も、いつもとは違う環境から、大切な人に想いを伝えるきっかけを失くしている方もいた。こんな時だからこそ、「ひとのときを、想う。」というJTの企業思想のもと、約3年にわたって展開してきた企業広告『想うた』シリーズの取り組みとして、大切な人への想いを届けるオンラインライブの開催を決定した。

本ライブでは、YouTubeで500万回以上再生された『想うた』シリーズ全6篇を振り返りながら、みなさまから寄せられた想いをキヨサクらが歌う『想うた』とともに、大切な人へ届ける、ライブと連動したメッセージ投稿企画を予定している。

『想うた』シリーズは、2018年6月より俳優の北村匠海と石井杏奈が演じる主人公を中心に、彼らの大切な人との心の交流を描いた企業広告。親、愛する人、仲間、同期、姉妹、夫婦といった身近な人たちへの想いについて、“人が人を想うとき、それはすべてうたになる”というテーマで各篇ごとに書き下ろされた『想うた』の楽曲は、心地よいメロディと共感を呼ぶ歌詞から、20代を中心にSNS上で多くの反響がある。

「想うたLIVE ONLINE」概要

「想うたLIVE ONLINE」概要
■日程:2020年12月26日(土)
■配信時刻:21時〜22時(※約60分間の想定)
■出演者:キヨサク、thea他
■参加(視聴)費:無料
■視聴用URL:「想うたLIVE ONLINE」ORICON NEWS特設ページ:
https://www.oricon.co.jp/special/2020/omouta/?ref_cd=dd-omoutalive
■曲目:
01. 想うた 〜親を想う〜 《キヨサク》
02. 想うた 〜愛する人を想う〜 《キヨサク》
03. 想うた 〜仲間を想う〜 《キヨサク》
04. 想うた 〜同期を想う〜 《キヨサク》
05. 想うた 〜姉妹を想う〜 《thea》
06. 想うた 〜夫婦を想う〜 《キヨサク feat. thea》

ライブ連動メッセージ投稿企画『#想うたライブ』
■ライブ連動メッセージ投稿企画『#想うたライブ』詳細
「想うたLIVE ONLINE」と連動した、大切な人への想いを投稿していただく企画です。特設ページの投稿フォームまたはSNSで「#想うたライブ」をつけて動画やテキストを投稿すると、当日のライブ中に取り上げられる可能性がある他、メッセージを反映した広告が展開されます。
■メッセージ投稿方法
1.特設ページ(https://www.oricon.co.jp/special/2020/omouta/?ref_cd=dd-omoutalive)内のフォームから投稿
2.SNS(TwitterまたはInstagram)で「#想うたライブ」をつけて、動画やテキストを投稿

『想うた』楽曲リリース情報について
アーティスト:V.A【キヨサク(MONGOL800)/thea 】
タイトル:想うた
発 売 日:2020年12月24日(木)
価  格:¥2,000+税(税込価格 2,200円)
収録曲数:13曲
品  番:HICC-5037

企業広告『想うた』シリーズについて
■概要
JTは、「ひとのときを、想う。」という企業思想のもと、「かけがえのないひととき」や「大切な時間」を想う企業だからこそ 生み出せる価値を、お届けしたいと考えています。そこで、2018 年6月より、たいせつな人への“想い”を“うた”にのせて 届ける企業広告『想うた』シリーズを展開しています。 北村匠海が演じる主人公は、東京の商社に勤める新入社員「村上優人」。親や恋人、友人といった身近な人を想う大切さを“うた”とともに描いています。本シリーズは「第 57 回 JAA 広告賞 消費者が選んだ広告コンクール(テレビ広告部門メダリスト)」に選ばれました。
■公式サイト:https://www.jti.co.jp/cw/movie/omouta/index.html

出演者コメント

キヨサク(MONGOL800)からのコメント 

 ファンに愛された「想うた」シリーズ、たくさんのリクエストが募りアルバム配信リリースが実現する運びとなりました。受け取る側の原動力で企画が動き始まるのは稀で、作り手としてはこの上ない喜びです。世代を越えてたくさんの方々に口ずさんでもらえたら嬉しいです。最近では珍しくインストVer.も収録されており、例えばオリジナルの詩で、それぞれのシーンに合わせた「想うた」を作り楽しんでもらえたらと考えています。

 改めて第1弾〜第3弾と「想うた」シリーズの始まり、土台となる形を二人三脚で作ってくれたヨースケ@HOMEの支えがなければ「想うた」シリーズは続けられなかったと思います。セッションの中に残る彼のミュージシャンとしての類稀なるセンスや息吹を垣間見て感じる事ができるので、「想うた」として作品が残るということ自体が彼と音楽を楽しんだ軌跡、思い出そのものになっています。

 一緒に作り上げて来た制作陣スタッフの方々と素晴らしい時間を共有できた事、個人的にもミュージシャン人生の中で忘れられない時間、作品となりました。関わった全ての人が、全身全霊、心を込めて作り上げた作品、たくさんの「想い」が詰まった「想うた」がたくさんの人に沁み渡るように届きますように願っております。

 最後になりますが「想うた」配信LIVEも企画しています。素晴らしいゲストミュージシャンを交え「想うた」の世界観が伝わるように、特別な時間を楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。第5弾で歌唱を担当してくれたシンガー【thea】の初お目見えライブにもなるので是非是非お楽しみに‼︎
thea(テア)からのコメント
 「想うた」は沢山の方々がつくり上げてきた素晴らしい作品の一部。歌わせていただけることが嬉しくもあり、不安もあり…そんな中、YouTubeやInstagramのコメントで「想うた好き!」「このCM好き!」とか「感動した、泣けた、共感した、励まされた」そういう言葉が本当に温かったです。音源化やライブを心待ちにして下さっている方も多かったようで、そのお声に応えられるこの配信ライブという機会に参加させて頂けることが嬉しいです。

 この思うように会えない今、皆さま、様々な想いや悩みを抱え、自粛期間は悶々としてしまう事も多々あることと思います。私自身、今まで当たり前にそこにあった日々の大切さに気付かされました。「距離があっても今の時代はすぐにつながるいつでもどこでも」「でも本当は本当の本当は会いたい時にすぐに会いたい」という「愛する人を想う」篇の歌詞に励まされ、また深く共感しています。そして、こんな時代だからこそ、私の歌も誰かに寄り添うことが出来たらと願っています。

 キヨサクさんに出会ったこと、素晴らしい作品に参加させて頂いたこと、それから、想うたへの皆さんの優しいコメントに触れて、今まで歌うことを好きでいて良かったと心から思えました。今回の配信ライブでは、想うたという作品、この機会、そして聴いて下さる皆様への感謝と喜びを込めて、歌わせて頂きたいと思います。

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着