クリープハイプ尾崎世界観の『母影』
が第164回芥川賞候補作品に選出

文芸誌『新潮』2020年12月号に掲載されたクリープハイプのボーカル・ギター、尾崎世界観(36)の『母影』が、第164回芥川賞の候補作となった。
今作は、純文学の文芸誌に一挙掲載された初めての中篇小説であり、単著での単行本としては、デビュー作『祐介』以来、約4年半ぶりの小説作品。芥川賞を含め、尾崎が文学賞にノミネートされるのは初めてのこと。
尾崎世界観は、2016年6月に初小説『祐介』を発表。自身の本名をタイトルに冠して、売れないバンドマンを主人公にした作品が大きな話題となった。以降、音楽活動と並行しながら、エッセイや対談、小説などの執筆活動を行っている。そんな尾崎が初めて文芸誌『新潮』(2020年12月号)に発表した中篇小説が『母影』だ。
デビュー作から一転、小学校低学年の少女の視点から見た世界を描いた今作『母影』は、掲載直後から、その文学性がSNSや文芸時評などで話題となっており、このほど第164回芥川賞の候補作に選出された。
第164回芥川賞の選考会は2021年1月20日(水)、東京都内で行われる。
なお、本作品を収録した単行本『母影』は、2021年1月29日に発売される。
文芸誌「新潮」2020年12月号表紙

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着