L→R ゆうや(Dr)マオ(Vo)、Shinji(Gu)、明希(Ba)、

L→R ゆうや(Dr)マオ(Vo)、Shinji(Gu)、明希(Ba)、

【シド インタビュー】
ファンへの想いが詰まった
3つのメッセージ

11月からの連続配信楽曲3曲がパッケージされたシングル「ほうき星」。誰もが戸惑いと不安の中にいるコロナ禍の今だからこそ、シドが会いたくても会えないファンに伝えたい想いとは? 制作秘話を交えながら4人にたっぷりと語ってもらった。

葛藤がたくさんあったから
今しかできないことをする

2020年はコロナ禍に見舞われ、心境の変化などさまざまなことがあったと思います。家にいることが多い日々だからこそチャレンジしたことはありますか?

マオ
やっぱり日常の変化は大きかったですね。そもそもこういう取材も含めてリモートになったことが一番変わったことだと思いますが、そこに関しては以前から移動時間や待ち合わせの時の時間が短縮できたらいいなと思っていたので、場合によってはこういうかたちもいいんじゃないかと。

リモート生活で時間的なストレスはなくなったんですね。

マオ
そうですね。その分、やれることが増えたのでいろいろなことに挑戦しようと思っています。

具体的にチャレンジしたことはありますか?

マオ
たいした挑戦はしてないんですが、今まで通り本を読んで、文章を書いて、歌う時間は増やせました。特に文章に関してはメディアプラットフォームの『note.』で『詩種〜utatane〜』という企画を始めたんです。そこでは歌詞ではなく、詩を書いているんですけど、最初のうちはかなりの文章量を書きまくっていた分、追い込まれる感覚も久々で懐かしかったし、今回のシングルで作詞した3曲にもその経験をうまく反映させることができました。“無駄にはならなかったな”と思ったので、これからも続けていきたいですね。

ソロで配信ライヴを開催したことも挑戦なのでは?

マオ
そうですね。シドだと多くのスタッフが動くことになるので、今年はできなかったのですが、ファンの寂しい気持ちを埋めるためにもソロでやれることはやっていこうと思っています。

Shinjiさんはどうですか?

Shinji
変化と言えば、オンライン社会になって僕がメインで使っているPCのカメラが壊れていることに気づきました。“このMacについて”という項目で調べてみたら15年前に買ったPCだったこともあり、自分はかなり取り残されてるんだなって(笑)。そろそろ買い換えないといけないですね。

大好きなラーメン屋さん探索ライフは変わらずですか?

Shinji
以前のようには行けてないです。僕は新店を廻りたい派なんですが、話題のお店は行列ができるので、行けるのは近所のお店ぐらいで。

明希さんはどんな日々でしょうか?

明希
コロナ禍になって最初は“音楽やバンドの在り方がここまで問われるのか?”っていう戸惑いがありました。僕らにとって当たり前だったことがこんなに一気にできなくなっちゃうんだと思って…。自分たちにとって一番大切なものは極論、“世の中的にそんなに必要じゃないのかな?”という葛藤はすごくありましたよ。でも、僕らには音楽、ライヴが必要だし、みんなに届けたい。もちろん待ってくれる人もいて、バンドとしてもソロとしても最大限できることを探す日々でしたね。シドでは早い段階で5月に開催予定だった河口湖ステラシアターでのライヴを発表していたんですが、コロナで延期になって、みんなのことを考えるほどに振替公演の日程を決めるのが難しかったりして。今回、ようやくリリースまで辿り着きましたが、何と戦っているのか分からなくなる葛藤がありますよね。

そうですよね。そのモヤモヤは分かります。

明希
音楽シーンで言うと、たまたま3月にライヴハウスでクラスターが起こっただけで誰も悪くないので、状況が改善して以前の日常のようにライヴが普通にできるようになったらいいなと思う毎日です。ただ、どうなるか分からないからと言って動かないわけにはいかないし、今しかできないこともきっといっぱいあると思うから、この時代にライヴを配信でやる方法を場所も含めてゼロから模索していくのは刺激的で勉強になりました。音に関しても生のライヴとは違うし、みなさんが視聴する環境もスマホ、PCなどそれぞれ違うと思うので“正解の音って何だろう?”って考えたり、ライヴミックスについてもいろいろトライしたりとか、配信のための機材やカメラのことも分かっていないといけない。学ばないといけないことがたくさんありますよ。

試行錯誤を重ねて配信ライヴを行なっていたんですね。

明希
そうですね。前もって勉強できる環境があって良かったなって。それを来年のシドの配信ライヴに活かしたいと思います。

ゆうやさんはどうですか?

ゆうや
近況はだいぶ変わりましたよね。生活スタイルが変わった気がしますし、2020年ほど人に会わなかった年はないんじゃないかな。今までは夜に暇だったら友達を誘って居酒屋に行けば良かったのが、夜ごはんを作るのかデリバリーにするのか考えなきゃならなくなったし、必然的に寝る時間も早くなって、日付が変わる前にベッドに入っていたりします。

早寝早起きになったんですね(笑)。何かチャレンジしたことはありましたか?

ゆうや
家の中の環境を整えました。さっきShinjiが“PCを買わなきゃ”って言ってましたけど、そういう作業がスムーズにできるような環境にしたりとか、全然ゲームしないのに“座るのに楽だよ”って言われてゲーミングチェアを買ってみたり。快適に過ごせるようにいろいろ調べたり、作ったり、設置したりしましたね。

YouTubeチャンネルの朗読シリーズでの「浦島太郎」は爆笑しましたよ。

ゆうや
ありがとうございます(笑)。あの動画も家で自分でアフレコしてるんですけど、無音状態にするときれいに録れるからそういう工夫をしました。オンライン飲み会をしていて“ゆうやの画面、暗くない?”って言われてPCにライトを付けたりとか、コツコツ取り組んでいますね。
L→R ゆうや(Dr)マオ(Vo)、Shinji(Gu)、明希(Ba)、
配信シングル「ほうき星」/シングル「ほうき星」
配信シングル「siren」
配信シングル「声色」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着