TRI4TH LIVEに生き、LIVEに賭けてき
た男たちの2020年を締めくくるステー
ジ、踊れるジャズバンドの飽くなき挑
戦を見た

TRI4TH東名阪『Turn On The Light Tour 』

2020.12.17(木)恵比寿リキッドルーム
LIVEに生き、LIVEに賭けてきた男たちが、2020年の活動を締めくくる場に選んだのは、やはりライブハウスだった。12月17日、東京・恵比寿リキッドルーム。入念なコロナ感染予防対策を施した上での有観客と、オンライン配信の二本立て。クレイジーな2020年にさよならを告げる、一足早い忘年パーティー。会場に行けなくとも、部屋のPCの画面の前でしかと見届けよう。
定刻の19時30分、メンバー登場のオープニングSEは「EXIT」。最後に位置についた伊藤隆郎(Dr)がスティック一閃、ニューアルバム『Turn On The Light』の冒頭を飾るスピードチューン「Move On」がパーティーの始まりだ。間髪入れずに「Stompin’ Boogie」へ、藤田淳之介(Sax)が早くも得意のえびぞり奏法を繰り出す。「Bring It On」では、竹内大輔(Key)の華麗なピアノソロを、藤田のサックスと織田祐亮(Tp)が太刀持ちのごとく盛り上げる。“トーキョーNo.1クレイジー速弾きピアニスト”こと竹内は今日も絶好調、「Freeway」の速弾きリフはもはやスピード違反の赤切符。オーディエンスは総立ち、腕を振り上げ、体全体で音に乗っている。歌えない、叫べない? ならば踊ろう。
TRI4TH/伊藤隆郎(Dr)
「トーキョー、久しぶりのワンマンです。最後まで一緒に踊ろうぜ!」
リズムに乗ってのメンバー紹介では、伊藤が藤田のサックスに「もっとエロいやつ!」と無茶振りし、織田が「脇腹にチョップ!」と、SANABAGUN.の新曲「☆チョップマン☆」のネタをぶっこんでくる。ほかの誰よりも、メンバーが楽しそうだ。「Full Drive」では関谷友貴(B)の特技・ベース担ぎの荒業が炸裂し、フロアでは「ぶちかませ!」と書かれたグッズのクリアファイルが掲げられる。織田が「テキーラ」のリフを吹きまくり、盛大なクラップを巻き起こして「ぶちかませ!」へなだれこむ展開は、決して外さない定番アトラクション。息をもつかせぬ展開に、時間の経つのが異様に早い。
TRI4TH/織田祐亮(Tp)、竹内大輔(Pf)
TRI4TH/関谷友貴(Ba)
「俺たちの年内ラストライブです。来年に向けて思い残すことなく、楽しんでいきましょう!」
ニューアルバム収録「River Side」は、スカのリズムに乗って展開するナチュラル&ムーディな新境地。「Sol Levante」はゆったりテンポの中に飛び跳ねたくなる躍動感を込めたミドルチューン。どちらも織田作曲、彼の性格そのままの優しい世界。からの、SANABAGUN.の岩間俊樹の登場でクール&シリアスに空気を引き締める、今夜のセトリは実にダイナミックだ。黒づくめ、サングラス、ゴールドチェーンでキメた岩間が、アルバム曲「Sailing day」にスペシャルなラップを乗せ、そのまま「The Light」へと突入する、ここが間違いなくこの日屈指のハイライト。《こいつはライブ 生きる場所》。TRI4THのヒストリーをリリックに託したアンセムを、完璧なフロウで披露し、風のように去ってゆく。ただひとこと、かっこいい。
TRI4TH、SANABAGUN./岩間俊樹
どんどん行こう。自称「TRI4TH初のダンスコーナー」は、伊藤のリードで手を振り足を合わせ、オーディエンスが揃いの振付で盛り上がる。曲は「Fineday」。踊る、叫ぶ、歌うと来て、次は振付。毎年成長し続ける、踊れるジャズバンド・TRI4THの新たな試み、有りか無しかで言えば絶対“有り”だ。そして「Dance’ em All」は藤田が主役、景気のいいソロ、えびぞり奏法、超ロングトーンを繰り出して大活躍。1曲ごとに聴きどころが変わる、TRI4THのライブの楽しみ方は、どんどん多様化しつつある。
TRI4TH/藤田淳之介(Sax)
「なくしたものは数えればきりがないけど、本当に大切なものを見つけた気がします」
2020年を振り返る、万感を込めた伊藤のMCのを受け継いだのは、その思いをさらに深く強く清める竹内のピアノ独奏。叙情派バラード「Corridor in Blue」は、幻想的なスモークとライトの演出も素晴らしい。その余韻を断ち切るように始まった、荒ぶる伊藤のドラムソロが次第に熱を帯び、関谷がエレクトリックギターのような強烈なソロで繋ぎ、関谷から藤田&織田へ。「踊ろうぜ!」と伊藤が叫ぶ。ライブはいよいよ、最終盤のキラーチューン祭りへと突入してゆく。
TRI4TH/竹内大輔(Pf)
定番チューン「Dirty Bullet」は、よりアグレッシブにスピーディーに。藤田の十八番「Guns of Saxophone」は、オーディエンスのクラップによる後押しを得て、いつも以上にパワフルに躍動的に。その、あたたまった空気を一気に爆発させたのは、「偉大なホーンバンドの大先輩」(伊藤)とリスペクトするKEMURI HORNSだ。MITCHYこと河村光博(Tp)、コバヤシケン(Sax)、増井朗人(Tb)と、日本のスカパンクの第一人者・KEMURIの歴史を作ってきた3人が、織田と藤田と共に奏でる分厚いホーンサウンドはまさに圧巻、華麗、ゴージャスと言うほかはない。そしてラストはもちろんこの曲、アルバム『Turn On The Light』からの「For The Loser」。「みなさんからいただいた、たくさんの歌声と共にこの曲を完成させたいと思います」と、伊藤がサンプリングで仕込んだコーラスを流し、共に歌い、藤田&コバヤシがくるくる踊り、オーディエンスが拳を突き上げる。とことんハッピーなフィナーレに、誰もが笑顔が止まらない。
KEMURI HORNS
「まだまだ大変な状況は続きますが、2020年、最低な1年を乗り越えて、2021年、最高な1年への船出にふさわしい曲を――」
アンコール。伊藤が会場のオーディエンスと配信の視聴者へ、そしてスタッフ一人一人の名前を挙げて誠実な感謝を述べたあと、演奏されたのは「Sailing day」だった。竹内のみずみずしいピアノがリードする、優しさの詰まったメロディと、力強く前進するビートが共存するこの曲は、これから始まる希望と前進の1年への予告編だ。「来年は必ず、みんなのところへ行きます」と伊藤は言ってくれた。2021年は、TRI4TH結成15周年。踊れるジャズバンドの飽くなき挑戦は、あらゆる困難をぶち破って続いてゆく。2021年、どこかの街のライブハウスで、またお会いしましょう。
取材・文=宮本英夫 撮影=森下友加里

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着