妻夫木聡、緒川たまき出演 世田谷パ
ブリックシアター+KERA・MAP#009『
キネマと恋人』がDVD化決定

2019年6月に世田谷バブリックシアターにて、オリジナルキャストで再演された、「世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009『キネマと恋人』」が、待望のDVD化となる。
2016年初演時に、第51回紀伊國屋演劇賞個人賞(ケラリーノ・サンドロヴィッチ 以下KERA)、第68回読売文学賞 戯曲・シナリオ部門、第4回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞、など多数の賞を受賞する快挙を遂げた『キネマと恋人』。
1936年(昭和11年)の秋、東京から遠く離れた、ちいさな「梟島」の、ちいさな港町の唯一の映画館で繰り広げられる物語。映画だけを唯一の楽しみとしているハルコは、「間坂寅蔵」を演じる高木高助という俳優がお気に入りだったが、ある日突然、銀幕の向こうにいたはずの「間坂寅蔵」が目の前に現れて…。ファンタジックでペーソス溢れるロマンティック・コメディであり、キャスト陣のチームワークによる巧みなステージングと舞台美術、映像技術の融合により、ビジュアル性の高い演出で観客を驚かせた。
今回、KERAの完全監修の下、作品の魅力を余すことなく収めた映像作品となった。副音声には、妻夫木聡、緒川たまき、ともさかりえ、KERAによる豪華コメンタリーも収録。当時の、バックステージや舞台上での思い出など、臨場感溢れる楽しいトークが収録されている。
さらに特典映像にはキャスト、スタッフのインタビューなども収録され、盛り沢山の豪華な内容となっている“決定版”だ。映像でも、あの劇場体験を体感して欲しい。
販売は、2020年12月23日(水)正午〜2021年1月31日(日) キューブメルマガ会員「cubit club plus」サイトにて、期間限定先行予約販売(ポストカード付き)後、同サイトにて一般発売開始予定だ。
<ケラリーノサンドロヴィッチ コメント>
今も私の家には『キネマと恋人』再演版のポスターが貼ってあります。眺めるだけで豊かな気持ちになり、元気をもらえるからです。
「舞台は生でなくては」の持論は変わらないものの、残せないよりは残せた方がいい。再演時はDVD化がスルーされることが多い中、『キネマと恋人』は2016年の初演版に引き続き、2019年の再演版もDVD化できるのは無常の悦びです。
この度は、初演版に較べカメラ台数が増えたことで、毎度編集を監修させて頂いている身としては、グッと観せ方に幅を出すことができました。コメンタリー等の特典も充実しております。しかしなんと言っても、初演との一番の違いは、作品の完成度であります。俳優陣の芝居もステージングもスタッフワークも格段の進歩を遂げてます。初演DVDをお持ちの方は、ぜひとも観較べてみてください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着