写真左上段より時計回りに、大倉空人、桜木雅哉、武藤 潤、吉澤要人、杢代和人、長野凌大、小泉光咲

写真左上段より時計回りに、大倉空人、桜木雅哉、武藤 潤、吉澤要人、杢代和人、長野凌大、小泉光咲

【原因は自分にある。
インタビュー】
僕らが新たな時代の
“原因”になる――
驚異の10代が放つ1stアルバム

Ayase提供のラブバラードは、
ライヴが楽しみになる冬の神曲!

個人的にはシンプルなラブバラードの「スノウダンス」で一番ギャップを感じましたが、なんと楽曲を提供されたのがYOASOBIのAyaseさんという。

武藤
Ayaseさんが提供してくれたのを知ったのはレコーディング後だったんですけど、“どっかで聴いたことあるな”っていうのはあったんですよ。
小泉
曲調がAyaseさんぽい。考えるというより、聴いただけで感じられる曲。
吉澤
最初に聴いた時は衝撃でした! すごく寒い日で、曲をもらったあとに夜の街を歩きながら聴いていたら…もう“神曲来た!”って。
桜木
僕も純粋に“一番いいな”って思ったんですよ。そもそもバラードが好きなんで。それはなぜかと言うと、バラードって歌詞が深いじゃないですか。レコーディングとか全部終わってから歌詞の解釈をするのが好きなんですけど、バラードだと想像しやすいし、よりいっそう面白さを感じるんですよね。今も歌詞をパッと見て“《ごめんねとありがとうの/間のさよなら》ってどういうことなんだろう?”って。
小泉
それ、俺も考えてた。分かりやすい言葉だけど難しいっていうのが、めちゃめちゃ心に響く。

“ごめんね”と“ありがとう”両方の気持ちがあるから、どちらも言えずに“さよなら”しか言えなかった…ということかもしれませんね。

大倉
俺はカップルが最後に別れる時に“ごめんね、今までありがとう”って言って去っていく、それを全部言葉に表したのが《ごめんねとありがとうの間のさよなら》なのかなって思った。
武藤
その次の《夜に灯る光/煌びやかに街を彩る/君は今何を見つめているの》というフレーズが、俺は一番好き! 夜、街灯がともる時に、恋人のことを“今、何を見つめてるんだろう?”って考えてる様子を表すなんて、ほんと歌詞がカッコ良いんですよね。歌ってる側としても“ちょっと、俺、カッコ良いな”ってなれる曲なので、ぜひみなさんにも歌ってもらって感じてほしいです。

しかも、それぞれが1ブロックずつ歌ってるのは珍しくありません?

小泉
そうですね。いつもはテンポが速いから、歌っているメンバーが細かく変わりがちなんですけど、これはゆっくりなテンポだからこそひとりじゃないと伝えられないっていうところもあるのかな?
長野
確かに、変わりすぎてもうまく伝えられないかも。俺、曲を聴く時は歌詞より音を聴く派なんですけど、この曲の場合1番は本当に音数も少なくて、ヴォーカルがメインで聴こえるのに、2Aあたりからトラックが入って曲が盛り上がっていくんですよ。その感じが聴いていると、本当に自分がMVの登場人物になったかのような気持ちになれるんで、ライヴで歌う自分たちを想像するとワクワクしてきますね。
大倉
ダンスも全部、表現になってるんですよ。僕らのシングル曲って結構ガツガツ踊るものが多いんですけど、この曲は振り付けの先生曰く“仕草の延長線上”で踊る振りなので、体全体で表現するようなスタイルになると思います。
小泉
“感情ダンス”みたいな。ダンスに歌詞の意味が全て込められてるよね。
武藤
冬の曲ということで冬の大三角形とかオリオン座とか、そういったモチーフも振りに入っているので楽しみにしていてください!

その他にもミュージカル調の「夢に唄えば」や、ジャジーでセクシーな「In the Nude」も、今までになくお洒落で大人びたムードを醸していますよね。

吉澤
僕、もともとはミュージカルをやりたかったので、今でも大好きなんですよ。なので、そのやりたかったものに、げんじぶらしさをプラスした「夢に唄えば」は一番の推し曲ですね。すごくお洒落だし。
武藤
ライヴでやったら盛り上がりそうだよね。
長野
歌詞にも“五番街”と“摩天楼”とかあるし、いつかニューヨークでやりたい!
杢代
「In the Nude」は8月の配信ライヴで初披露したんですけど、メンバーの動きをワンカメで追う演出のおかげで魅力が倍増したんじゃないかと思います。

杢代さんが《僕を君だけのものに さあお気に召すまで》とカメラに迫る、あの幕開けはインパクト大でした。ちなみに、この曲のパフォーマンスイメージは?

長野
ショーとかシャンデリアとか。イメージとしては20代になった僕らがショー小屋に迷い込んだ高校生くらいの女の子をエスコートして、ひとりひとり自分の良さをアピールしていくっていう感じです。

加えて、人気歌い手ラッパーのnqrseさんによるラップ詞も盛り込まれていて、担当している大倉さんと吉澤さんの声質が対照的なのも魅力的です。

武藤
要人の低音と空人の高音がめちゃめちゃいい感じでマッチしてて、カッコ良いと思います。
大倉
…まあね。でも、俺は要人の声が好きなんですよ。イケヴォなんで!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着