空気からビリビリ響く、THE SQUID O
LDMENの熱量

生命力を輝かせて

テクニックがあるに越したことはないし、後世に残るような名曲を生み出すことも素晴らしい。しかし、アーティストの良さというものは、それだけで語れないのも、また事実。柏市発のTHE SQUID OLDMENは、兎にも角にも熱量が魅力的なバンドなのだ。

彼らの音楽には、突拍子もないアレンジや前衛的なサウンドは存在しない。王道のど真ん中を全力疾走で駆け抜ける、日本語オルタナティブロックである。感情を吐き出し、熱を放ち続け、今ある全てを刻んでいくのだ。
その真っ直ぐな佇まいに、オーディエンスは「なんかいい」と心動かされ、気づいたときには虜へなっていく。今ある生命力を、余すことなく輝かせるバンドこそ、THE SQUID OLDMENなのだ。

先日配信が開始された「Good A Life」は、普遍的な毎日を焦燥感と共に受け止めた1曲。エモーショナルなギターソロとゆったりした曲調がクセになるナンバーだ。

THE SQUID OLDMEN アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

アーティスト

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着