2020年はみなさんにとってどんな1年になりましたか? DIGLE MAGAZINEでは、今年を振り返る年末の特別企画として、アーティストやDJなど様々な方に、ベスト・トラックや、2020年をどんな風に過ごしたのかをお伺いしました。
第32回目は、バイリンガルラッパー・
(トミークレイン)が登場。

PROFILE 東京を中心に活動するバイリンガルラッパー。ラップからビートまでセルフプロデュースするHIP HOPアーティストでありながら、ロックからの影響を公言している。リリックのコンセプトを先に作り、そこからインスパイアしたビートを作るというユニークなスタイルで活動をしている。2019年12月11日にリリースされた初EP「Crane Theory」は「今のHIP HOPにはまだ無い新しい音を作る」というテーマのもと、友人であるプロデューサーのBig Animal Theoryと共同で制作され、話題となった。ラッパーのWez AtlasやR&BシンガーのMichel Koらと共にクリエイティブグループ「Solgasa」も結成。 アジアと世界の音楽・アートを融合させることを目標に活動をスタートさせている。

Best Tracks of 2020

Tommi Crane:
一番良く聴いた曲を選びました。 この曲を聴いた後は一生懸命頑張れるので、いつも聴いてます!

Tommi Craneの2020年

2020年はあなたにとってどんな1年でしたか?
Tommi Crane:
色々ありましたがアルバムもリリースできたし、家族、友達と自分の優先順位に対する見方が変わりました。音楽面では、自分のサウンドをどうしたら拡大できるか考えられたので、ありがたいです。これからも楽しみです!12月31日はどう過ごしますか?
Tommi Crane:
家族とゆっくりするつもりです。昼間は2020年のラストのセッションをすると思う。
2021年にやりたいことや予定していることは?
Tommi Crane:
超実験的な曲を作りたいです!でも、もっと軽くて夢のような曲も作ります。

INFOMATION 『from a lockless cage』 2020年10月7日 Tommi Crane

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着