三浦宏規(左)と小関裕太

三浦宏規(左)と小関裕太

【インタビュー】「モンティ・パイソ
ンのSPAMALOT」小関裕太&三浦宏規が
挑む、福田雄一演出コメディー「コア
ファンにとってもエモーショナルなも
のになる」

 山田孝之が主演し、福田雄一が演出を手掛けるミュージカル「 モンティ・パイソンのSPAMALOT」が、2021年1月18日に開幕する。本作は、イギリスの人気コメディーグループ・モンティ・パイソンの大ヒット映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(75)を基に作られたミュージカル作品。ヨーロッパの有名な物語「アーサー王と円卓の騎士」をモチーフに、爆笑ギャグと人気ブロードウェーミュージカルのパロディーが随所に登場するコメディーだ。6年ぶり3度目の上演となる今回の公演は、キャストを一新。福田が演出するミュージカルに初挑戦する小関裕太と三浦宏規に、自身の演じる役柄についてや、コメディー作品への意気込みを聞いた。
-出演が決まったときの気持ちは?
三浦 福田さんの作品に出演させていただいたこともないですし、出演者の方に知り合いもいないので、どうして僕に声を掛けてくださったんだろうと、半信半疑でした(笑)。情報解禁されてビジュアル撮影をしても、どこか他人事で、稽古に入ってようやく実感が湧いてきた感じです。
小関 僕は、福田さんの舞台作品に出演することが一つの夢だったのでうれしかったです。
-福田さんが監督した「勇者ヨシヒコ」シリーズに出演していましたが、舞台は別ものですか。
小関 もちろん、また映像作品にも出演させていただきたいと思っていますが、舞台作品は、携われる期間が長いので、「ぜひ、舞台にも」と思っていました。稽古と本番を合わせて2カ月以上も、福田さんや共演者の方々と一緒に、作品について考えて、作り上げることができるのは、とてもぜいたくなことだと思います。今回はそれがかなって本当にうれしいです。
-現在(取材時は本稽古が始まる前)、それぞれの役をどう演じようと考えていますか。
小関 僕が演じるロビンという役は、キャラクター設定では「臆病者」という一言で説明されていますが、そこをどうやって広げていこうかと今は考えています。福田さんらしい面白さを追求する作品なので、ロビンが何に対して臆病だったのかを、毎公演変えてもいいんじゃないかなと思っています。例えば、「今日は、指をさされることに臆病になる」とか、「はにかまれると臆病になる」とか。そういう設定をプラスアルファしても面白いかもしれないと思って、メモしています。もちろん、作品によっては、アドリブをしないことがよいとされる作品もありますが、今回は伸び伸びとやらせていただける作品だと思うので、そういった自由さ、というのも楽しみの一つだと思います。
三浦 僕は今回、ガラハットとコンコルドという馬の二役を演じます。ガラハットは、泥集めの仕事をしていて、汚い身なりをしているのですが、湖の貴婦人に出会うことで、格好良く変身するという設定です。どちらの役も、それぞれで面白い芝居があるので、見どころもあると思います。ただ…今、小関くんがメモをとっていると聞いて、ドキッとしました。僕、何もメモしていない(笑)。少し焦る気持ちはありますが、自由にできるということなので、楽しみながら稽古をしたいと思います。
-コメディー作品の難しさ、そして面白さをどこに感じていますか。
小関 正直なところ、まだ分かりません(笑)。ただ、山田さんをはじめとして、笑いの経験値がある方が多い現場なので、そうした方たちが投げたものを、僕が笑いと取れずに返せなかったら、と考えると怖いなと思います。どうせ携わるなら、「こいつ面白いな」と思ってもらいたいので、まずは、投げられたボールをキャッチしていくことからできたらと考えています。
三浦 僕は、お客さんがどこで笑うのか、実際に本番になってみないと分からないというのが難しいところだと思っています。稽古場とは絶対に違うと思うんですよね。だから、予想できない。ただ、今回は福田さんをはじめ、百戦錬磨の方々がたくさんいらっしゃるので、勉強させていただこうと思います。
-三浦さんが本作の前に出演していた「Oh My Diner」もコメディー作品でしたが、そこでは手応えはつかめましたか。
三浦 シチュエーションコメディーだったので、本作と同じというわけではないですが、それでも、経験できて良かったなと思います。公演初日は、僕たちも緊張していましたが、お客さんも緊張しているんだということは、実際に公演をしてみて気付いたことでした。公演を重ねることで、お客さんも徐々に分かっていって、笑いが起こってくることも肌で感じられました。なので、例えば、初日でスベってしまっても、とりあえず2、3日はやってみようと思えるようになったのは、経験したからこそだと思います。
-お二人にとって、2020年はどんな年でしたか。
小関 僕は自分と向き合えた時間を過ごせた1年だったと思います。暗いニュースがある中でも、絵を描いたり、音楽を作ったり、仲が良かった人とより仲良くなって作品を作ったりと、誰かと一緒にものを作る時間が続いていたので、自分の心情や技量に向き合う時間が多かったな、と。自分を見詰め直すことができたので、有意義に過ごせたと思います。
三浦 僕は、1年を通して、自分はないものねだりをしていたんだなと感じました。ずっと舞台が続いているのは、とてもありがたいことではあるのですが、時々、休みたいと思うことがあるんです。でも、(新型コロナで)強制的に何もかもなくなって、舞台も中止になってしまったときに、仕事がしたくて仕方がなかったんです。改めて、大好きな舞台に立てる喜びを痛感しました。
-2021年はどんな年にしたいですか。
三浦 舞台に立ち続けていたいです。僕自身も、どこか舞台がクローズすることに慣れてしまっているところはあるのですが、慣れるのはとても怖いことだとも思っています。なので、「Show must go on」な1年になればと思います。
小関 僕は今年、自分と向き合えたことで、来年は、より積極的に物作りに励んでいきたいと思っています。それが、役者の仕事にも反映されて、新たな視点を持って役と向き合うことにつながると思います。
-公演を楽しみにしている方へメッセージを。
三浦 仕事や学校が始まって憂鬱(ゆううつ)になった気分も吹き飛ばせるような作品を目指して、楽しく演じていきたいと思いますので、楽しみにしていてください。笑える作品になっていると思います!
小関 新妻聖子さんから、実はこの作品は「勇者ヨシヒコ」の原案になっていると聞きました。そう考えると、「ザ・ヨシヒコ」である山田さんがこの作品の主役を演じるというのは、「ヨシヒコ」のコアファンにとっても、福田作品のコアファンにとっても、すごくエモーショナルなものだと思います。舞台は生ものですので、ぜひ生で、作品の世界観を感じてもらえればと思います。
(取材・文・写真/嶋田真己)
 ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」は、2021年1月18日~2月14日、都内・東京建物Brillia HALLほか、大阪、福岡で上演。
公式サイト https://www.spamalot.jp/

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着