天月-あまつき- 王道ナンバー、ライ
ブ初披露曲、カバー曲などで魅了した
、無観客配信ライブの公式レポート到

天月-あまつき-が2020年12月30日に『天月-あまつき-ワンマンライブ "Resfeber"』を東京国際フォーラム ホールAにて開催した。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

天月-あまつき-(以下 天月)が、『天月-あまつき-ワンマンライブ "Resfeber"』を東京国際フォーラム ホールAにて開催。コロナ禍にあって思うようにライブ活動ができなかった2020年、本来なら有観客での開催を予定していたこの年内最後のライブも、再びの感染拡大に伴い配信のみの無観客公演となったが、今できることに前向きで諦めない姿勢、画面の前にいるひとりひとりを絶対に楽しませる!というエンターテインメント精神を貫いた内容で、実に天月らしく、1年を華やかに締めくくってくれた。
天月-あまつき-
“大好きなみんながそばにいなくても、一年分の季節を一緒に感じながら最後まで楽しめたなら、きっと最高の一日になる。今日が一年の中で一番、最高の季節になりますように”
そんな願いを託したこの日のライブは、天月的王道ナンバーや懐かしい曲、ライブで初めて披露する曲、カバー曲などで構成。四季をなぞるかのような流れは、コロナ禍で失われた春夏秋冬の色や香りを取り戻させてくれるようなものでもあったと思う。
天月-あまつき-
中でも、年末に立て続けに動画公開された新曲3曲は鮮烈だった。「かいしんのいちげき!」シリーズの最新作であり、心地よく跳ねるリズムにしても、ダンサーと息ぴったりのダンスにしても、キャッチーなサビのフレーズにしても、中毒性の高い「無責任せんせーしょん」。ドラマティックな展開に荒ぶる巻き舌や艶っぽい吐息、演劇的な表現が映えて、また新たな扉を開けてしまった「ルマルソルシエ」。天月の甘い歌声に加え、舞い落ちる粉雪を思わせる演出もロマンティックだった「ウインター・ワンダーランド」。ガラっと異なる表情に翻弄されるのも、天月のライブならではの醍醐味だ。
天月-あまつき-
また、楽曲それぞれを豊かに彩るホーンセクションも含めたバンドメンバー&ダンサー、みっ君のイラストに合わせて作ったというステージセット、美しいライティングも見事にかみ合っていたように思う。有観客であろうと無観客であろうと、表に立つ人も裏方も、チーム一丸となって天月という才能をがっちりサポートしている。
天月-あまつき-
ライブタイトルに冠した“Resfeber”とは、スウェーデン語で“旅に出る前の、不安と期待が入り混じった気持ち”を意味する言葉。自らの弱さにも向き合った上で道を切り拓いてきた、天月らしいチョイスだ。どんな状況にあっても希望を見失わない、そんな天月の力強い歌声に背中押され、優しい歌声に癒され、楽しいパフォーマンスに元気をもらえた一夜のおかげで、2021年を明るく迎えられそうだ。
なお、この日の模様は2021年1月2日(土)23時59分までアーカイブ配信され、期間中であれば誰でも視聴することが可能。年末年始は、とことん天月の沼にはまってみてはいかがだろうか。

文=杉江優花 撮影=Tatsuya Kawasaki

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着