GENERATIONSが、2020紅白に出場決定
!人気の理由を解剖してみた

GENERATIONS from EXILE TRIBE(ジェネレーションズ・フロム・エグザイル・トライブ)が、2020年の「NHK紅白歌合戦」に出場決定! 今や誰もが名前を聞いたことのある、人気グループとなったGENERATIONSだが、グループ名は聞いたことがあっても、どんなメンバー編成でどんなグループなのかをあまり知らない人もいるかもしれない。そこで今回は彼らの人気の理由を大解剖してみる!

GENERATIONS from EXILE TRIBEとは?

GENERATIONSは、7人組のダンス&ボーカルグループで、2012年11月にシングル「BRAVE IT OUT」でメジャーデビュー。その後も全シングルがオリコンチャートトップ10入り、アルバムは3作連続1位を獲得する快挙が続いた。2019年にはグループとして初の5大ドームツアーを開催し、46万人を動員する人気っぷり。2020年には2年連続となる「NHK紅白歌合戦」への出場が決定した。

デビュー当初から、注目を集めていた彼らだが、近年ますます目が離せない存在になっているということだ。

GENERATIONS from EXILE TRIBEの魅力

では、なぜ彼らがこんなに人気を集めているのか。3つのポイントに分けて分析してみよう!

1.圧倒的なパフォーマンス力

彼らの魅力を語る上で欠かせないのが、圧倒的なパフォーマンス力。

圧倒的な歌唱力とキレのある見事なダンスには、GENERATIONS from EXILE TRIBEのファンでなくとも釘付けになるはず。ファンからも「かっこよすぎる!」との声が殺到。
「AGEHA」Music Video ~歌詞有り~

MV再生回数2600万を突破した「AGEHA」では「このダンスに憧れて(ダンス部に)入部したランキング」で2位、高校ダンス部が今踊っているヒット曲ランキング第2位を獲得したこともある、ダンスヒットナンバーだ。

また、11月1日に公開されたた「You & I」のMVではメロウなメロディと共にしなやかなダンスを披露。本曲は新型コロナウイルスが猛威を奮う中、離れていても心はひとつ。というメンバーの想いを込めた作品となっている。
You & I (Music Video)

また、DANCE VIDEOも公開されているので、ぜひあわせてチェックしてほしい。
You & I (DANCE VIDEO)

彼らのパフォーマンス力は歌やパフォーマンスだけではない。MVの世界観に合わせた演技力でもファンを魅了している。例えば、「One in a Million -奇跡の夜に-」は、メンバーの片寄涼太が主演を務めた映画『午前0時、キスしにきてよ』の主題歌でもあり、MVの再生回数はGENERATIONS史上過去最速で1000万回を突破した話題曲でもある。
One in a Million -奇跡の夜に- (Music Video)

俳優として活躍するメンバーも多い彼らだからこその表現力豊かなMVは、誰もが思わず感情移入してしまうはずだ。

2019年に公開された「DREAMERS」のMVではメンバー全員が演技にも挑戦しているのでこちらもチェックしてほしい。
DREAMERS (Music Video)

GENERATIONSが、2020紅白に出場決定!人気の理由を解剖してみたはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着