Da-iCEが年越しライブで、話題のドラ
マ主題歌&ロックバンド「BLUE ENCO
UNT」と共同制作の新曲を披露

ダンス&ボーカルグループのDa-iCE(ダイス)が2020年12月31日、年越しカウントダウンライブ「Da-iCE COUNTDOWN LIVE 2020-2021」を東京体育館で開催し、2020年10月クールの日本テレビ系日曜ドラマ「極主夫道」主題歌として話題となった「CITRUS」をライブ初披露したほか、2021年1月20日に発売されるニューアルバム『SiX』に収録される新曲「Revolver」が人気ロックバンド「BLUE ENCOUNT」と共同制作したコライト(Co-Write)楽曲であることを明かし、アンコールでサプライズパフォーマンスを行った。
Da-iCE
この公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として大晦日の各交通機関の終夜運転中止が決まったことを受け、当初有観客で行う予定だったカウントダウンライブを無観客の生配信に変更。オープニングアクトとして同じ所属事務所の後輩である、FAKY、わーすたlol -エルオーエル-、GENICも出演し、Da-iCEと共に2021年の幕開けを迎えた。
Da-iCE
ライブ本編では、ドラマ主題歌「CITRUS」のほか、TVアニメ「ONE PIECE」主題歌「DREAMIN’ ON」など、2020年話題となったシングル作品を含めた全12曲をパフォーマンス。
Da-iCE
アンコールでのサプライズ披露となった「Revolver」は、昨年8月より続いた6ヶ月連続リリースのラストを飾るニューアルバム『SiX』に収録される新曲で、作曲をBLUE ENCOUNTの田邊駿一とDa-iCEの工藤大輝、作詞を工藤大輝、編曲・演奏をBLUE ENCOUNTが担当。攻撃的なROCKナンバーをDa-iCEがパフォーマンスすることで、まさにロックバンドとダンス&ボーカルとのコラボレーションが実現した一曲となっている。
BLUE ENCOUNT
Da-iCEの工藤大輝と元々親交があったというBLUE ENCOUNTの田邊駿一は今回のコライト制作に対し、次のとおり述べた。「『Revolver』が生まれたきっかけは、大輝くんと何の気なしにスタジオに一緒に入ってみようという所から始まって出来上がった曲です。 パッションが合ったというか Da-iCEが降りてきたというか(笑)。ロックバンドだけの趣向というよりは、ダンス&ボーカルグループの曲をロックバンドが作るとどうなるかということも考えながら作ったので、どんなパフォーマンスになるのか、楽しみで仕方ありません。生音のバンドサウンドで踊ってもらえるのかという心配と同じぐらい期待もあるので、いつか一緒にセッションや共演ができたら嬉しいです。その時は『DREAMIN’ ON』も演奏します!それか、、、ダンサーとして出演させてください(笑)」
Da-iCE
一方、工藤も「ロックテイストの楽曲はこれまでもありましたが、ロックバンドのアーティストの方にアレンジ含めた生演奏までしていただくのはDa-iCEとしても初めてのことなので、新たな一面を見せられたと思っています。今回、BLUE ENCOUNTの皆さんが『Revolver』のレコーディングをしているスタジオにお邪魔もさせていただいたのですが、そういった経験も初めてのことだったので、良い刺激にもなりましたし、何よりも一緒に楽曲を作ることができて本当に楽しかったです」と新たな挑戦に手応えを感じているようだ。
Da-iCE
また作詞に関しても「FPSやTPSのゲームから着想を得て人生と掛けて書き上げました。(今回のアルバムは)"6"がテーマなので、6発の銃弾という意味で"Revolver"とさせて貰いました。いつかBLUE ENCOUNTの皆さんとこの楽曲で共演させていただける日が来たら良いなと思っています。ライブでのパフォーマンスをお楽しみに」とコメントし、本日の初披露を迎えた。
Da-iCE
「Revolver」は年明け0時から先行配信がスタート。さらに、LINE MUSICでは「Revolver」の配信を記念して1月1日からキャンペーンが始まるなど盛り上がりを見せている。いよいよ1月20日に発売されるニューアルバム『SiX』には、「Revolver」のほか、人気ロックバンドandrop内澤崇仁提供楽曲となる「Love Song」や、昨年8月から5ヶ月連続でリリースしてきたシングル作品が収録され、まさに今のDa-iCEをフルコースで味わえる作品になっている。
【動画】Da-iCE /「SiX」Teaser#1

【動画】Da-iCE /「Love Song」(androp内澤崇仁提供楽曲)Lyric Video

また、Da-iCEはTBS系「CDTVライブ!ライブ!年越しスペシャル2020→2021」に出演し、ドラマ主題歌として話題になったロックバラード「CITRUS」を披露。直後のLINE MUSICリアルタイムランキングでは「CITRUS」だけでなく「Love Song」もともにTOP5にランクインするなどその反響ぶりがうかがえた。
【動画】Da-iCE /「CITRUS」(日本テレビ系日曜ドラマ「極主夫道」主題歌)Music Video

【動画】Da-iCE /「CITRUS」(日本テレビ系日曜ドラマ「極主夫道」主題歌)Lyric Video

さらに、1月1日〜1月4日の間、 YouTubeにてトータル150分尺の豪華コンテンツとなる新感覚バラエティ番組「Da-iCE TVスペシャル」を4日連続でプレミア公開するなど、2021年も彼らの活動から目が離せない。
【動画】2021新春「Da-iCE TVスペシャル」4夜連続放送 〜Part1〜

【Da-iCEとはー】
「Da-iCE」とは「DANCE」とサイコロの「DICE」を掛け合わせた造語で、メンバー5人にファンを加えた6面で「Da-iCE」が形作られていることから、今回初の試みとして5作のシングル+αという6作連動での作品が展開されることとなった。
「Da-iCE」は、ボーカルの大野雄大・花村想太と、パフォーマーの工藤大輝・岩岡徹・和田颯の5人で構成されたダンス&ボーカルグループ。ボーカル花村想太は4オクターブの声域を持ち、女性キーまで歌い上げる歌唱力と、メンバー全員のダンススキルの圧倒的高さや自身で作詞作曲を手掛ける音楽性の高さが魅力のグループ。
渋谷の小さなクラブで活動をスタートし、2014年にメジャーデビューを果たした。
2015年には「第29回日本ゴールドディスク大賞」“ベスト5・ニューアーティスト賞”を 受賞。
2020年1月にはアリーナ公演となる代々木第一体育館2DAYSで2万人を動員するまでに成長、 2021年には初となる全国アリーナツアーも発表されている。
また、最新アルバムではOfficial髭男dism藤原聡からの楽曲提供が話題となったほか、人気YouTuber「ラファエル」と画期的なコラボレーションを行ったり、若手人気芸人「EXIT」とダンス&ボーカルユニットを組んで楽曲をリリースし、「CDTVライブ!ライブ!」での超絶パフォーマンスが大きな反響を呼ぶなど、今できるエンターテインメントを提供し続けている中、2020年7月には初のオンラインライブツアー『Da-iCE✕ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-』を開催し、8月、9月と全3公演を全て異なるセットリスト、異なる演出で圧倒的なライブを見せつけた。現在、“五感で感じるエンターテインメント”をコンセプトに6ヶ月連続リリース中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着