PUFFY、YouTubeチャンネル「blackbo
ard」最新回に登場、デビュー曲「ア
ジアの純真」を披露

PUFFYが、1月2日(土)19時からプレミア公開されるYouTubeチャンネル「blackboard」の最新回に登場し、デビュー曲「アジアの純真」を歌唱することが発表された。
YouTubeチャンネル「blackboard」は、2020年9月にスタートしたチャンネルで、大きな黒板を前にアーティストが先生となり、楽曲を教科書として「歌に込められたメッセージ」を視聴者に伝えるYouTubeチャンネル。「もしもあのアーティストが自分の学校の先生だったら…」「もしもあのアーティストが自分の教室で歌を歌ってくれたら・・・」、そんな夢が叶うだけでなく、楽曲を歌い終わったあと、チョークで書かれた黒板の歌詞を消すシーンも印象的な映像となっている。
2020年は、もさを。川崎鷹也、しまもなどSNSをキッカケにストリーミングチャートの上位に進出した気鋭のアーティストや、日本レコード大賞で新人賞に選ばれたNovelbright、YouTubeチャンネル登録者数50万人超のNon Stop Rabbitなどのバンドもパフォーマンスを披露したほか、ジェニーハイ渋谷すばるといったアーティストも先生として登壇した。
そんな「blackboard」の2021年最初の放送に、PUFFYが先生として登場。今回公開となった「アジアの純真」は、奥田民生のプロデュースにより1996年5月13日にPUFFYのデビュー楽曲として発売。作詞、井上陽水、作曲、奥田民生によるPUFFYの代表曲。発売から20周年となる2016年、PUFFY初出演となった『第67回NHK紅白歌合戦』においても披露されている。
PUFFYにとってデビュー25周年のアニバーサリーイヤーとなる今年、最初の一歩となるプレミア公開をぜひチェックしよう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着