Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
360度ビジネスを展開する
経営者が見た
コロナ禍における音楽シーン

事務所に対する想いが
強くなってくれたと感じている

千々和
下北沢シャングリラをオープンされましたけど、それはどのような経緯だったのですか?
大谷
サーキットイベントをやってることから、ほとんどのライヴハウスとつながりがあるんですね。ライヴハウスが閉店することになるとオーナー以外は仕事がなくなってクビになっちゃうから、ライヴハウスを運営する人から“LD&Kさん、どうにかなりませんか?”と相談が入るんです。火事場泥棒みたいなのは嫌だから自分からは話に行かないんですけど、そういう相談が入ったら、まず物件はどうなってるのかを訊いて。人員だけ雇うのは僕たちもコロナ禍で営業停止している店舗があるから難しいので、物件ごとなら買い取るっていう話をしています。その際、スタッフも含めて全員そのままで受け取っているので、下北沢シャングリラもそれに近い流れですね。だから、言われないとやらないけど、相談を受けると大体やっちゃいます(笑)。
石田
潰れるライヴハウスが大谷さんのところに助けを求めにきたとしても、大谷さんはノウハウがあるから次のアクションがすぐに取れるんでしょうね。
大谷
コロナウイルスに関しては初めてのことなので、そこでしっかりとした判断ができないと、さすがに今回は潰れちゃいますよ。僕たちも分からないですから、もっと長引くと。なんとなくですが、きっとワクチンができてもコロナが終息することは絶対にないと思うんです。みんなの気持ちの上での“終息”であって、終わるではなく自体が“収束”するという意味で気持ちが収まれば終わるんですよ。みんなずっと続くと思ってないから。ずっと続くと思ってないということは、このままではないし。そういう気持ちがあれば終わりに向かっていくはずですよ。僕はこの1、2年で辞めちゃうというのがもったいないと思ってる派で…だって、ライヴハウスをゼロから作ると、その1、2年の家賃以上にお金がかかるわけですからね。そのバランスを考えた時にもう一回作り直すことを考えたら、ダメでも維持することを選びますよね。まぁ、年齢にもよるかもしれませんけど。僕ももっと歳がいってたら考えないかもしれないし、単なるメンタルの問題な気もします。
千々和
事態は深刻だけど、あまり深刻に考えすぎずに判断するのがひとつの切り口なのかもしれませんね。
大谷
考えすぎたところで良くはならないですからね。
岩田
その考えが昨年ライヴハウスを作ったり、『サブスクLIVE』を始めたことにつながるのかもしれませんね。第三者から見てLD&Kが音楽業界を盛り上げてくれているという印象がありました。
大谷
でも、そこは既定路線ですからね。物件が出てきたので取りかかれた感じでした。リアルな話をすると、ダメだった場合は潰れるんですよ。倒産…つまり、僕が破産するわけですよね。その時は負債がどれだけあっても同じなんです。だったら、やらないよりはやったほうがいいじゃないですか。僕がひとりで会社を経営してるならいつでも辞められますけど、従業員のみんながいますしね。LD&Kでしか働けないような人が何人かいますから(笑)。
石田
でも、そこですよね。大谷さんのその気持ちが、“社員はひとりも辞めさせない”という経営理念っていうか。一般的な企業の経営者は人員削減をして会社の存続を考えると思うので。
大谷
辞めなくていいなら辞めてほしくないですからね。だって、キリがないじゃないですか。“その範囲はどこまでなんだ?”って。それを考えるのも精神的に堪えちゃうんですよ。考えると暗くなっちゃうので、どうせなら考えずに進みたい。
千々和
社員の方もたくさんいて、ライヴハウスのスタッフやアルバイトの方もいるので、メンタルとか心配された部分もあったと思うのですが。
大谷
それはありましたね。できるだけ、心配にならないようにしてほしいと思っていました。でも、落ち込んじゃう人はどこにいようが落ち込んじゃうんですよね。
岩田
それこそアーティストに対しても心配されていたんじゃないですか?
大谷
LD&Kはそんなに影響がなかったと思います。コロナ禍になって意外と状況が良くなったんじゃないかな? 結束力じゃないけど、事務所に対する想いが強くなってくれたと感じています。そんな気がしていますね。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着