TuneCore Japan運営「THE MAGAZINE」
による新プレイリスト企画『The Gre
at Eastern Fakekill』ローンチ

Header Image:Illustration by EŁ

TuneCore Japanが運営するWEBメディア「THE MAGAZINE」の新プレイリスト・プロジェクト『The Great Eastern Fakekill』がスタートした。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、音楽アーティストはライブ活動の制限を余儀なくされており、ライブでその本領を最も発揮するアグレッシブなサウンド & パフォーマンスのアーティストも例外なく厳しい状況に立たされている。音楽ストリーミング・サービスでの再生も、再生増のきっかけとなるプレイリストのカルチャーが日本でも普及しつつあるが、エッジィでヘヴィなサウンドにフォーカスしたオフィシャルなプレイリストは国内ではまだあまり多くないと言えるだろう。

こういった状況の中、『The Great Eastern Fakekill』では国内のアグレッシブなサウンドのインディペンデント・アーティストを中心にそのサポートを目指し、ファースト・アクションとしてフラグシップとなるプレイリストを「THE MAGAZINE」のApple Musicオフィシャル・キュレーター・ページ内で展開。タイトルの通り、新世代も台頭し世界へ提示し続ける国内の最先鋭サウンドを厳選、発信するという。

プレイリストでは2020年以降のリリース楽曲の中から、メタル、メタルコア、ミクスチャー、トラップ・メタル、トラップ、エモラップ、オルタナ、ポストブラック、デスコア、グラインド、ゴシック、テクデス、ハードコア、グライム、ドリル他、ジャンルを横断しながらプレイリスト・リスナーのセレンディピティが多く発生するようエディトリアルな選曲を行い、プレイリストの楽曲は随時更新・追加し、常にフレッシュなアップデートを実施するとのこと。

初回のプレイリストはJin Dogg × OVER KILL(FUJI TRILL & KNUX)「BERSERK」やralph「BLACK BANDANA (Prod.MURVSAKI)」、MonyHorse with AWSM.「Some Pot (Distorted Ver)」など全35曲を選曲。アートワークは海外プロデューサーの作品も手がけるデザイナー/クリエイター・ EŁ(エル)(https://www.instagram.com/_exxl_/) の書き下ろしとなっており、“鎌首”をもたげる蛇をバックにアグレッシブかつ象徴的なアイコンとロゴがメインで描かれている。

■ THE MAGAZINE Apple Music オフィシャル・キュレーター・ページ(https://music.apple.com/jp/curator/the-magazine/1516556538)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着