カメラマン・深川麻衣が高良健吾やス
タッフらを撮影 映画『おもいで写眞
』よりメイキングカットを公開

1月29日(金)に封切られる映画『おもいで写眞』から、主演の深川麻衣の姿を捉えたメイキング写真が公開された。
『おもいで写眞』は、『君に届け』や『ユリゴコロ』などの熊澤尚人監督が、自身の同名小説(幻冬舎文庫)を映画化したもの。故郷で“遺影撮影”の仕事を引き受けた女性が、老人たちと触れ合ううちに「おもいで写真」を撮りはじめるようになり、やがて人生の意味を見いだしていく姿を描いた作品だ。
東京で夢やぶれ、祖母の死がきっかけで故郷へと戻った主人公の結子を演じるのは、深川麻衣。本作が、『パンとバスと2度目のハツコイ』以来の主演となる。また、結子の幼なじみで役所に勤める星野一郎役で高良健吾が出演。深川と初共演を果たす。そのほか、香里奈、井浦新、古谷一行、吉行和子らがキャストに名を連ねている。なお、本作は、深川や高良らが所属する芸能プロダクション・テンカラットの25周年企画として制作されている。

解禁されたメイキング写真は、深川が撮影の合間に共演者やスタッフにカメラを向ける姿を捉えたもの。普段からフィルムカメラを持ち歩くほどのカメラ好きという深川は、ときに優しげに、ときに真剣な眼差しでシャッターを切っている。また、共演した高良健吾にカメラを向ける一枚では、和気あいあいとした現場の雰囲気も収められている。
映画『おもいで写眞』メイキングカット (c)「おもいで写眞」製作委員会
映画『おもいで写眞』メイキングカット (c)「おもいで写眞」製作委員会
映画『おもいで写眞』メイキングカット (c)「おもいで写眞」製作委員会
深川は、カメラマンを演じたことについて、「フィルムカメラで写真を撮るのは昔から好きだったんですけど、自分で設定して撮るというのが初めてだったので、現場のカメラマンさんに色々撮影前から撮影中もご指導いただいて、撮影していました」とコメント。そして、「強く意識したのは声の掛け方です。本当にカメラマンさんって、掛け声とかテンポを作るのが上手なので、“はい、チーズ”とか“はい、はい”とか掛け声をちょっとずつ変えていきました」とも語っている。
『おもいで写眞』は1月29日(金)全国公開。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着