Mr.Childrenの制作現場や日常風景を
収めた写真の数々 『THERE WILL BE
NO MIRACLES HERE』鑑賞レポート

2021年1月15日(金)から2月1日(月)まで、渋谷パルコ・4Fのパルコミュージアムトーキョーにて『THERE WILL BE NO MIRACLES HERE』が開催されている。本展は写真家・薮田修身が撮ったMr.Childrenの写真で構成されたレコーディングドキュメンタリーであり、ロンドンやロサンゼルスで撮影された1000枚以上もの写真からなるインスタレーションだ。鑑賞者がポータブルオーディオプレーヤーを持参し、音楽を聴きながら鑑賞することで展示をより堪能できるのも魅力のひとつ。以下、展示の見どころを紹介しよう。
インスタレーション空間 会場風景
複数のモニターで味わうインスタレーションと独特の色味の写真
レコーディング当時を体感し、思い出を覗いているような貴重な体験
本展は名古屋・東京・大阪を巡回するもので、3会場で共通しているのは、写真がスライドショーのように流れるインスタレーションと、写真で構成されるブース、この2つの空間がある点だ。しかし内容は会場によって一部異なり、各会場でしか見ることができないものもあるという。
インスタレーション空間 会場風景
インスタレーションの空間では、大きな2つのスクリーンと、複数の小さなモニターで写真が映し出され、淡々と切り替わっていく。制作現場の雰囲気やレコーディングした街の様子などが、スクリーンとモニターによって同時に視界に入るので、写真が撮られた当時をリアルに体感できるように思う。
インスタレーション空間 会場風景
写真の展示空間は、複数の電球がぶら下がり、温かく優しい雰囲気が漂う。作品の色味は柔らかく独特の風合いだが、展示にあたってレタッチは行っていないそうで、写っているのは異国の情景のはずなのにどこか懐かしくも感じる。暗めの照明の中、写真にじっと近寄って見ていると、遠く離れたスターの姿ではなく、身近な人の大切な思い出を覗いているような気持ちになる。
写真展 会場風景
写真展 会場空間
制作現場のワンシーンから日常の風景まで
Mr.Childrenの魅力がぎゅっと詰まった内容
本展の作品は、2019年7月からロックダウン直前の2020年3月までの期間、ロンドンとロサンゼルスで撮影されたものだ。彼らが滞在した異国の街や、日常の中でふいに見せる顔、音楽が生まれる過程など、貴重な瞬間が記録されている。
インスタレーション空間 会場風景
インスタレーション空間 会場風景
写真の中にいるMr.Childrenは、心から創作活動に没頭し、真剣な議論を交わし、心から笑い、息抜きの表情を見せており、カメラを前にしているという緊張感はない。これは彼らが薮田を心から信頼しており、薮田自身も彼らを敬愛し、大切に思っているからだろう。親密度の高い写真を見ていると、自分もスタジオにいて、レコーディングの現場を目の当たりにし、彼らと時間を共有しているような感覚にさえなった。
インスタレーション空間 会場風景
インスタレーション空間 会場風景
写真と音楽を選択しながら鑑賞
自分の感覚を働かせて楽しめる展示
本展会場にはBGMがなく、鑑賞者各々が持参したポータブルオーディオプレーヤーで音楽を聴きながら鑑賞することを推奨している(鑑賞中はヘッドフォン、イヤフォンを付けること)。新作アルバム『SOUNDTRACKS』を聴きながら鑑賞すると、彼らが何を感じ、何を考えて曲を生み出したのか、より想像を広げることができるだろう。
インスタレーション空間 会場風景
会場で何を聴くかは鑑賞者の自由なので、好きな曲と写真を選びながら会場を回遊できる。見るべき作品が用意され、開催側の意図した順番に閲覧していくスタイルの写真展とは違い、自分の感性を働かせながら、主体的に楽しむことができる展示スタイルだ。恐らく同じ人が同じ展示を見ても、聞いている音楽や来場した時間、その時の気分などで印象が変わるだろう。鑑賞者が見るタイミングによって印象が変わるような、深い豊かさと可能性を持った展示だ。
インスタレーション空間 会場風景
物販には、写真集『THERE WILL BE NO MIRACLES HERE』が先行販売中。一般発売は1月25日(月)となるため、先駆けて入手できるチャンスだ。
写真集『THERE WILL BE NO MIRACLES HERE』
Mr.Childrenのリラックスした姿と、彼らが信頼する写真家の優しい気配を感じられる本展は、間接的に活動に参加しているような気持ちになれる貴重な展示だ。『THERE WILL BE NO MIRACLES HERE』は、2021年1月15日(金)から2月1日(月)まで、東京の渋谷パルコ・4Fのパルコミュージアムトーキョーで開催中。その後、2月11日(木)から2月28日(日)まで、大阪の心斎橋パルコ・14FのPARCO EVENT HALLへ巡回予定。

文・写真=中野昭子

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着