竹野内豊主演で東野圭吾氏の小説『さ
まよう刃』がWOWOWで連続ドラマ化 
映画『岬の兄妹』の片山慎三監督がメ
ガホン

『連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃』が5月よりWOWOWで放送されることが決定した。
『連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃』は、東野圭吾氏の小説『さまよう刃』(角川文庫刊)を連続ドラマ化するもの。高校生の娘を殺された男が、法律では裁かれない犯人への復讐を遂げようとする姿を描いた作品だ。主演の竹野内豊は、ひとりで育ててきた娘を、未成年の男たちに殺される主人公・⾧峰重樹を演じる。なお、竹野内は2009年の『さまよう刃』映画化の際に、逃亡する⾧峰を追う刑事の役を演じている。
また、石田ゆり子が父親の経営するペンションで手伝う木島和佳子役で共演。木島は、一人息子を不本意な形で失ったことをきっかけに夫と離婚した過去を持つ人物。警察に追われ、偽名を使ってペンションに宿泊する⾧峰と出会うが、家族を思う姿に心を揺さぶられ手を差し伸べることになる。竹野内と石田の共演はドラマ『家族~妻の不在・夫の存在~』(EX系)以来15年ぶりとのこと。全6話のドラマ化でメガホンをとったのは、片山慎三監督。片山氏は、『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督のもとで助監督を務めた経験を持ち、これまでに映画『岬の兄妹』『そこにいた男』を監督している。
主演の竹野内、石田、原作者・東野氏のコメントは以下の通り。
竹野内豊(主演)
12年前に映画化された『さまよう刃』では、⾧峰を追う織部刑事を務めさせていただいたのですが、今回、ドラマ版「さまよう刃」では、その⾧峰さんを演じて頂きたいというお話でしたので、誰かの親になったこともない自分に、娘を失う父親役がどこまで務まるのか、正直戸惑いました。
去年、真夏の猛暑の中、限られた時間、ロケ地など、、、なかなか思うようにことが進まない条件で、片山監督に全てを委ねて、スタッフ・キャストが一丸となって、試行錯誤しながら丁寧に作り上げた作品です。一人でも多くの方々に届きますように!
石田ゆり子
竹野内さんと久しぶりに共演できることが楽しみでなりませんでした。考えてみれば15年ぶりだそうで、時の流れの速さに自分でもびっくりです。映画版では織部巡査の役だった竹野内さんが今回は主役の⾧峰さんを演じると知ったときは、そう来たか!と興奮冷めやらぬ気持ちでした。
撮影は片山監督の率いる素晴らしいスタッフのもとで丁寧に丁寧に進みました。
倒れそうなほどの暑さの中走ったり泣いたり叫んだり、芝居をしてるというより役を生きるということの意味を考えさせられました。片山監督の的確でダイナミックで細やかな演出は、役者としてそこにいられることが幸せだなと思えるものでした。
竹野内さんも日に日に⾧峰さんそのもののようになっていき、役に入ってる時は話しかけるのも憚られるほどでした。素晴らしい作品になっていることは間違い無いと思います。どうぞ楽しみにしていてください。
東野圭吾(原作)
『さまよう刃』は非常に難しい問題をテーマにした物語です。ただ主人公の気持ちには、多くの人が共感できるのではないでしょうか。映画版では若き刑事役だった竹野内豊さんが今回どのように演じてくださるか、とても楽しみにしています。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着