ダンサー・振付家の捩子ぴじんが主宰
するダンスカンパニーneji&co. がオ
ンライン配信を開始

ソロとして活動してきたダンサー・振付家の捩子ぴじんを中心に結成され、2020年より京都を拠点に活動を開始したダンスカンパニーneji&co.が立ち上げ公演にて発表した新作neji&co.『Sign』、梅田哲也『ドレスコード』の映像配信を開始する。
撮影は、2020年7月コロナ禍の中で発表された配信企画『プレイタイム』(構成・演出:梅田哲也、演出・美術:杉原邦生)にて、眠っている劇場が再び動き出していく様を鮮やかに描き出した渡邉寿岳が担当。劇場の客席からとは異なる視点で楽しめるものとなっている。
写真:前谷開
写真:前谷開
写真:前谷開
【プロフィール】
■neji&co. (ねじあんどこー)
ダンサー・振付家、捩子ぴじんを主宰とするダンスカンパニー。未来への展望を得るための振付として設立され、2020年より京都を拠点に活動する。
■捩子ぴじん
ダンサー・振付家・neji&co.主宰。2004年まで舞踏カンパニー・大駱駝艦に所属する。舞踏で培われた身体を元に、自身の体に微視的なアプローチをしたソロダンスや、ダンサーの体を物質的に扱った振付作品を発表する。2017年より京都在住。生活にダンスの杭を打つべく“ダンサーズ”を主催し、定期稽古を継続する。2011年、横浜ダンスコレクションEX審査員賞、フェスティバル/トーキョー公募プログラムF/Tアワード受賞。2016年、Our Masters土方巽「異言/glossolalia」キュレーター。2021~2023年度THEATRE E9 KYOTOアソシエイトアーティスト。
■梅田哲也
建物の構造や周囲の環境から着想を得たインスタレーションを制作し、美術館や博物館における展覧会の他に、オルタナティブな空間や屋外において、サイトスペシフィックに作品を展開する。パフォーマンスでは、普段行き慣れない場所へ観客を招待するツアー作品や、劇場の機能にフォーカスした舞台作品、中心点をもたない合唱のプロジェクトなどを国内外で発表。また先鋭的な音響のアーティストとしても国際的に知られている。近年のパフォーマンス作品に「Composite: Variations / Circle」(Kunstenfestivaldesarts 2017、ブリュッセル、ベルギー)、「INTERNSHIP」(国立アジア文化殿堂、光州、韓国、2016年/TPAM 2018、KAAT神奈川芸術劇場ホール)など。近年の展覧会に「リボーンアート・フェスティバル」(石巻、2019年)、「東海岸大地藝術節」(台東、台湾、2018年)、個展では「うたの起源」(福岡市美術館、福岡、2019-2020年)「See, Look at Observed what Watching is」(Portland Institute for Contemporary Art、ポートランド、米国、2016年)がある。2019-2020年度セゾン・フェロー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着