森七菜

森七菜

森七菜「表の顔はいつでもスマイル」
で裏の顔は…?『ライアー×ライアー
』イベントでカミングアウト!?

女優の森七菜さんが20日、有楽町朝日ホールで行われた、W主演を務める映画『ライアー×ライアー』の無観客完成報告イベントに登壇した。

松村北斗(SixTONES)さん演じる、クールでイケメンな同い年の義理の弟・高槻透と、森さん演じるギャルJKのフリをした恋愛経験ゼロの地味系女子・高槻湊が織り成すラブストーリー。漫画家・金田一蓮十郎氏による同名コミックを実写映画化している。
潔癖症の地味系女子大生・湊とJK&ギャルメイク・みなとして透に一目惚れされてしまうキャラクターをコミカルに演じた森さんは「今どっちを演じているんだっけ?と頭がゴチャゴチャになりましたが、演じ分ける上では金髪がスイッチになりました。気持ちが違うし、背が高くなったような気分にもなりました」と、撮影を振り返った。
そんな森さんと初共演の松村さんは「天才の方って素直じゃない。あまり表に感情を出さないイメージがあった」と対面前は森さんに対して構えていた様子。しかし「晴れてほしいロケの際に、森さんが『あたし、晴れさせられるから』と豪語。実際に森さんが晴れの儀式をおこなったら30分後くらいに雲を割ったみたいに晴れました。『晴れた!』とみんなで盛り上がって、森さんも誇らしい顔をしているのかと思ったら、太陽を見ながら『あっちいな!』と言っていた。素直な方だなと、そこで距離が縮まりました」と飾らない素顔に親近感。当の森さんは「あっちーかった、それは!」とコミカルに当時を回想し「いいロケ日和になりました!」と満面の笑みだった。
森さんは松村さんについて「ミステリアスでクールなイメージを持っていた」というが「あるシーンで両手を振るというアドリブをやられたときはビックリした。そういうこともされるんだ…と、よりミステリアスに感じました」と予想外のキュートな振る舞いに改めて謎が深まったようだ。
森さんの親友役を演じた堀田真由さんは「テイクを重ねるごとにいいものが生まれたし、役柄同様に本当の親友のような間柄を築くことができました」と手応え十分で、それに森は「全集中!阿吽の呼吸でしたよね!ウフフ」と『鬼滅の刃』にかけて仲睦まじい様子を見せた。
壇上では映画の内容にかけて、自分の表の顔・裏の顔をカミングアウトする企画を実施。森さんは「表の顔はいつでもスマイル。もちろん裏でもしています!」と破顔。耶雲哉治監督から「撮影中は人を寄せ付けないオーラがあって、役者としてやるべきタイミングや時間を作れる人」と賞嘆されると、「今のコメントをネットの記事にたくさんしてください!新聞の一面でもぜひ!」と満面の笑みで報道陣にアピールしていた。
イベントの最後に森さんは「素敵な原作のある映画で、原作の持つ魅力はもちろんのこと、映画ならではの新しい魅力も存分に出ています。気軽に観に来てもらえたら、いい意味で裏切る満足感を得てもらえるはず」とアピール。松村さんは「ウソをテーマにした映画ですが、ウソを描くことで純粋さや素直さにもスポットライトを当てた作品になりました。このような時代だからこそ観てほしい、すごく優しい気持ちになる映画です」と劇場公開日に期待を込めていた。
なおイベントには、小関裕太さん、七五三掛龍也さん(Travis Japan/ジャニーズJr.)も登壇した。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着