あっさりしょこ、『DbD』実況で無類
の強さを誇るゲーム実況者

可愛らしい名前に騙されるな!『DbD』
実況で人気のゲーム実況者あっさりしょ

現在はYouTubeを中心にニコニコ動画やOPENRECなどで配信をしているゲーム実況者あっさりしょこ。可愛らしい名前とは裏腹に『Dead by Daylight』(以下、『DbD』)では超絶プレイを披露する、凄腕の人気ゲーム実況者です。『DbD』好きのなかではすでに著名な存在のあっさりしょこですが、『DbD』以外にも他ジャンルの動画を配信し人気を博しています。今回はそんな彼の魅力を紹介していきます。

あっさりしょことは?

1994年10月19日生まれで北海道出身のあっさりしょこ。その名前から女性ではないかと思われるのですが、性別は男性です。あっさりしょこという名前の由来はカバヤ食品が販売しているチョコレートのお菓子「あっさりショコラ」をもじったもの。最初はニコニコ動画を中心に配信活動をしていましたが、2015年にYouTubeにチャンネルを開設してからは主にYouTubeやOPENRECなどで活動しています。YouTubeのチャンネル登録者数は2021年1月18日現在で34万人、OPENRECのフォロワー数は5万人、Twitter(ツイッター)のフォロワー数は9.7万人と絶大な人気を誇りますが、事務所には所属していないそう。これだけ人気があればゲーム実況者としての年収は相当なものでしょうね。

あっさりしょこのチャンネルでは主に『DbD』を配信。殺人鬼の中で癖が強いと言われているナースを使いこなした動画が人気を呼び、『DbD』実況者として知られるようになりました。その他にも『桃太郎電鉄』シリーズや『ドラゴンクエスト』シリーズ、『APEX』などシリーズものやFPSといった様々なゲームを配信。基本的にはソロプレイが中心ですが、柏木べるくらや加藤純一、ちくのぼといった有名な実況者ともコラボ配信を行っています。最近では手越祐也や狩野英孝らとのコラボでも話題になりました。

『DbD』で前人未到の記録を達成

『DbD』実況で有名な実況者といえばべるくら企画や兄者弟者、れぷちんなども有名ですが、あっさりしょこは特に上手なプレイヤーとして知られており、中には彼がナンバーワンだと言う人もいるほどです。あっさりしょこは扱いが難しい殺人鬼のナースをあまりにも上手に扱ったことで、チーターではないかという噂が立てられるほどプレイテクニックは群を抜いており、ゲーム配信に積極的な狩野も彼の動画を参考にしているそう。

そんなあっさりしょこの『DbD』実況で最も再生回数の多い動画が「全キラー連続全滅 FinalLast」という動画。全部のキラー(殺人鬼)を操作して全滅を目指すという無謀な挑戦を行い、同時視聴者数3万人を超える中8時間をかけて見事クリアを果たしました。この企画は『DbD』プレイヤーであればいかに難易度が高いのかが分かるはず。この際、全キラー連続全滅 というワードがTwitterのトレンドに入ったことからもいかに注目されたのかが伺えますね。

また柏木べるくらとOPENREC.tvの公式番組「Blood Party Friday」にレギュラーで出演もしています。2020年10月にはラジオ番組『TALK ABOUT』(TBSラジオ)にも登場。DBD実況のカリスマとしてあっさりしょこが紹介されるなど、ゲーム実況以外にも活躍の場を広げています。

『DbD』以外のおすすめ動画

『桃太郎電鉄』実況

1988年に第一作が発売されてから長きに渡って愛されている『桃太郎電鉄』シリーズはこれまで3シリーズに渡って配信されています。『桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!』のゲーム内最強CPUと言われているさくまとの73年に渡る勝負は手に汗握る展開で面白いです。加えて最後の最後に用意されているオチも完璧。長時間に渡る配信となっているので、長い休み期間に一気に見ることをおすすめします。

『Life Is Strange』実況

「バタフライ効果」をテーマにした人気ゲーム作品『Life Is Strange』。ストーリーが見どころの本作はひとつの映画を見ているような壮大な物語として進んでいきます。何気ない選択に苦慮しながら進めていくあっさりしょこの人柄の良さも垣間見られます。ひとつの選択がその後のストーリーとどう関係しているのかを考えながら楽しむのもいいですよ。ゲーム実況には声が重要とも言われていますが、しんみりとしたストーリー作品とあっさりしょこの声質はまさにぴったりのように思います。

『Apex Legends』実況

2019年2月からは現在大人気のバトルロイヤルゲーム『Apex Legends』の配信動画を投稿しています。最近は『DbD』よりも投稿頻度が多いのがこのゲーム。あっさりしょこも最初は苦戦していましたが、「STREAMER_PARK SEASON1 feat. DeToNator」にチームSPYGEAとしてSPYGEAとEXAMらとトリオで出場するなど、現在では競技シーンに負けずとも劣らない実力を見せています。見ている側も当人と同じように熱くなれるのが『Apex Legends』の魅力。

あっさりしょこ、『DbD』実況で無類の強さを誇るゲーム実況者はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着