浪川大輔・前野智昭・天﨑滉平が熱演
【オフィシャルレポート】『池袋シャ
ーロック、最初で最後の事件』File.
01「教え子と鈍色の研究」

全6公演の配信が決定している『池袋シャーロック、最初で最後の事件』より、File.01・ File.02が本日2021年1月26日に配信開始となった。浪川大輔、前野智昭、天﨑滉平の3名が熱演した【 File.01「教え子と鈍色の研究」】のオフィシャルレポートをお届けする。
【 File.01「教え子と鈍色の研究」】オフィシャルレポート
舞台のセンターには本が詰まれた研究机、左側には革のソファーが配置され、ルビーレッドの壁には金縁の額に入った写真や絵画が並ぶ。池袋にある立帝大学で犯罪社会学を専門とする主人公“北崎”の自室が再現されたこのセットに、降り注ぐ薄暗い照明。ヴァイオリンとピアノの生演奏によるゆったりと心地よくも緊張感のある音楽が無観客の会場を包み込んだのも束の間、浪川大輔の『そうか、わかったぞ!』と大きな閃きを得た一言が響き渡たり、物語の幕が明けた。
(c)池袋シャーロック/READING MUSEUM
“北崎”を演じる浪川は、白いシャツに黒色のジレを組み合わせ、細身の黒パンツ姿といういかにも大学教授らしい姿で登場。そして同時に登場したのは、北崎の古い友人で同僚でもある“絵里坂”。演じる前野智昭は、白い薄手のニットにシックなパンツ姿という北崎よりラフな格好で現れ、ふたりが並ぶ様子は「池袋シャーロック」のメインビジュアルさながらと言える。
(c)池袋シャーロック/READING MUSEUM
大学構内で起きた殺人事件。“立帝大学のシャーロック・ホームズ”と呼ばれる北崎は、ほとんど手掛かりがないにもかかわらず、この事件を1時間で解決すると言い放つが、実は、推理力が全くなく、親友の絵里坂に泣きつく羽目に。
公衆の面前では毅然とした姿を見せる一方、どっしりと構える冷静沈着な親友の絵里坂には、弱気な素の部分をさらけだす北崎。強い信頼関係に裏打ちされた、二人の軽妙でコミカルなやり取りが、笑いを誘う。
(c)池袋シャーロック/READING MUSEUM
推理のタイムリミットが迫り来る中、北崎の部屋にもう一人の人物が訪れます。彼は、かねてより北崎に憧れており助手にして欲しいと熱弁する学生の“伊波”。明るく真っ直ぐな青年を、天﨑滉平が爽やかに演じる。最初はただの学生と侮っていた北崎と絵里坂だったが、伊波が披露した鋭い推理、そしてお人好しで、推理力無しの北崎だからこそ気が付いた真相によって、物語は衝撃の結末を迎える。
(c)池袋シャーロック/READING MUSEUM
三者三様の魅力的なキャラクターはもちろん、台本は手にしているものの、舞台を所狭しと動き回り、身振り手振りや目線、表情、時には小物まで駆使してキャラクターを演じる声優陣の様は、朗読劇を超えて、もはやお芝居を観ているかのよう。ストーリー展開に合わせて奏でられるバイオリンとピアノの演奏が、朗読劇全体に更なる深みを与え、一時も目を離すことができないエンターテインメント作品となっている。
アフタートーク
アフタートークでは浪川・前野・天﨑が本編とは打って変わって和気あいあいとした雰囲気で初回の公演を振り返った。無観客での実施ながらも、ほぼ一発録りであったという本公演。「リハーサルで行ったことを、いざ本番やるとなるとリスクを感じて守りに入る気持ちが生まれてくる」と話す前野に、一本目だからこそ余計にその気持ちは分かると浪川・天﨑が同意する。
さらに3人は朗読劇ならではの難しさも痛感しつつ、浪川は「前に行った稽古でも、本番直前のリハーサルでも、そして本番でも全く違う動きをしたのでカメラマンさんにまたあいつ違う動きをしやがってと思われたんじゃないかな(笑)」と語る。身振り手振りを付けて芝居をするのが初めてだったという天﨑は「台本を読みつつ、体で表現することの狭間で戦いました。伊波はフレッシュなキャラクターなので、推理しつつも若さゆえにワクワクしてしまっているところを出すように意識しました」と本番を振り返った。最後は浪川が「File.01~06の全6幕、登場人物のキャラクター設定は同じですが毎回ストーリーが変わります。議論を呼ぶ波乱の結末が待ち受けていると思うので、観た人それぞれが色々な感覚をもって何度も楽しんで欲しいです」と締めて、本イベントは無事終了した。
(c)池袋シャーロック/READING MUSEUM
本公演は本日1月26日File.01・File.02の配信開始に加え、1月30日にFile.03・File.04の配信公演、2月7日にはファンの期待高まるFile.05・File.06の生配信が行われる。チケットの詳細は公式サイトにて確認を。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着