DVD『LIVE:live from Nagoya』

DVD『LIVE:live from Nagoya』

AK-69、
『LIVE : live from NAGOYA』の
ライブDVDをリリース!
¥ellow Bucks、R-指定、
SWAYらのコメントが到着

AK-69が地元愛知のシンボルかつ国の重要文化財でもある“名古屋城”を背負って開催した配信ライブ『AK-69 LIVE:live from NAGOYA』のライブDVDと配信限定でライブ音源をリリースした。

エンターテイメント業界全体がコロナ禍で大きな打撃を受ける中、配信ライブの可能性を模索し、“リアルライブの代替品”ではなく、“配信ライブでしか出来ない事”にこだわり抜き作りあげた“ライブ映像作品”だ。
ABEMAでの独占配信後にDVD化希望の声が多く寄せられた為、ライブ本編とアンコール2曲、新たに編集したメイキング映像を余す事なく収録。

昨年8月にリリースしデジタルチャート8冠を記録したアルバム『LIVE:live』にゲスト参加したZORN, R-指定(Creepy Nuts), SWAYDOBERMAN INFINITY), IO(KANDYTOWN), MC TYSON, ¥ellow Bucksら現在のHIP HOPシーンを代表するアーティストが出演し、バックはDJ RYOWが支える盤石な布陣でライブを構成。

ライブ冒頭、ヘリコプターの機内から始まり、降り立ったヘリポートからアルバムタイトル曲「LIVE:live」を歌い出すと、間奏中にロールスロイスに乗り込み、名古屋城へ向かう車内でその続きを披露するというリアルライブでは実現不可能な演出からスタート。

こだわり抜いたカメラワークと照明、そしてCGエフェクトを駆使し、通常では絶対に使用不可である「炎」を使った演出も名古屋市の全面協力により許可を得ることで実現した。
まるで映画見ているようなクオリティの本ライブ出演者、AK-69と親交の深いアーティストやアスリートは以下のように語っている。

【コメント】

■ゲスト出演アーティスト

とりあえずめちゃくちゃ良いライブだったと思います。楽しかったです!
―¥ellow Bucks

このライブやるって聞いた時は、またとんでもないことをAKくんやるなって感じでした。
ーDJ RYOW

兄貴の歴史を感じることが出来たライブでした。貴重な時間をありがとうございました!
―MC TYSON

やばいライブになったと思うので、そこに僕らも参加出来た事、本当に嬉しく思います!
―SWAY (DOBERMAN INFINITY)

名古屋城背負えるの、あの人だけでしょ。最高のロケーションの中で一緒にやれるのも、超気持ち良かったです!
―R-指定 (Creepy Nuts)

光栄です!
―IO (KANDYTOWN)

ヘリコプターおごってください
―ZORN

■アーティスト

ロマンですよ。作りたいもの作るんなら赤字が出ても良くないですか。
ANARCHY

名古屋城バックで、採算度外視で。赤字ですよ!?こんなに夢、見せてる奴います?
―KURO (HOME MADE 家族)

名古屋の先輩としてとても誇らしく感じました。
照明やCG演出含めたエンターテイメント性の高さはもちろん、何よりAKさんが曲に込めたメッセージが伝わってくるライブになっていて感動しました。
僕も普段からAKさんの楽曲を聴いてモチベーション上げています。
ー水野勝(BOYS AND MEN

背負うとはこういう事
―GS(DOBERMAN INFINITY)

■アスリート

コロナ禍が落ち着いたらライブを生で観に行きたい。
―千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)

HISTORY!! #勝ちは勝ちでもこだわる勝ち方
―井岡一翔(ボクシング世界4階級王者)

人として男として父親としてまだまだ上目指してやらなあかんなって再確認させられる。
世の中にいい歌っていっぱいあるんやろうけど、魂に響く歌ってなかなかない。
形として残したい物もなかなかない。買ってよかった。
―永田純也(スポーツモデル)

今シーズンもAKさんの曲聴いてモチベ上げて頑張ります!
コロナが落ち着いたらライブとかも行けたらと思っています。
―大野佑哉(松本山雅FC)

人生って色んなことがあります。喜怒哀楽。
特に辛い時や悲しい時はどうにでもなれとも思います。
「もう無理だ」「もうやめて楽な道に行きたい」
そう自分に負けそうな時が人間必ずあります。そんな時僕は必ずこの方に励まされています。幾度となく助けられてきました。
逃げそうになった時、調子の悪さや怪我した時、もう一度奮い立たせてくれる。
皆さんとぜひ共有したいです。
―寺尾勇利(アイスホッケー日本代表)
DVD『LIVE:live from Nagoya』2021年1月27日発売
    • POBD-30010/¥4,690+税
    • <収録曲>
    • ■『LIVE : live from NAGOYA』
    • 1. OPENING
    • 2. LIVE : live
    • 3. No Limit 〜この映画のあらすじなら知ってる〜
    • 4. IRON HORSE -No Mark-
    • 5. Ding Ding Dong 〜心の鐘〜
    • 6. Bussin’ feat. \ellow Bucks
    • 7. Speedin’ feat. MC TYSON, SWAY, R-指定
    • 8. B-Boy Stance feat. IO
    • 9. BECAUSE YOU’RE MY SHAWTY
    • 9. MIC TEST
    • 10. BECAUSE YOU’RE MY SHAWTY
    • 11. Guest List
    • 12. もしよければ
    • 13. Hangover
    • 14. FXXk off
    • 15. Ha?
    • 16. Hard To Remember -Season0.5-
    • 17. See You Again -Season1-
    • 18. I Don’t Wanna Know -Season2-
    • 19. ハレルヤ -The Final Season-
    • 20. If I Die feat. ZORN
    • 21. START IT AGAIN
    • Encore 1. If I Die feat. ZORN
    • Encore 2. START IT AGAIN
    • ■『LIVE : live from Nagoya』メイキング映像
配信アルバム『LIVE:live from Nagoya』2021年1月27日配信リリース
DVD『LIVE:live from Nagoya』
AK-69
『LIVE:live from Nagoya』出演者集合写真
配信アルバム『LIVE:live from Nagoya』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着