舞台『刀剣乱舞』の梅津瑞樹がひとり
芝居 東映の新プロジェクト、SOLO
Performance ENGEKI『HAPPY END』の
上演が決定

2021年2月17日(水)~23日(火・祝)東京・シアターサンモールにて、SOLO Performance ENGEKI『HAPPY END』が上演されることが決定した。
東映が手掛ける新たなプロジェクトとなる本作。立ち上げとなる第一弾の今作は、脚本を宮本武史(TV「バイプレイヤーズ」他)、脚色・演出を粟島瑞丸(演劇集団Z-Lion全作品他)、音楽を坂部剛(TV「仮面ライダーゼロワン」他)という豪華スタッフ、そして俳優一人のみの芝居となる。
本企画は、演劇を“ひとり芝居”という形で、新たなエンターテインメントをキャスト・スタッフを最少人数にて上演。“ひとり芝居”に挑むのは、鴻上尚史が主宰する虚構の劇団に所属し、舞台『刀剣乱舞』やミュージカル『薄桜鬼 真改』相馬主計篇 等に出演する梅津瑞樹。数多くの舞台で幅広いキャラクターを演じ分け、繊細でありながら芯のある演技に定評がある梅津が一人、舞台に立つ。
本公演では、やれる限りの感染症対策を講じつつ、「ソーシャルディスタンス」を最大限意識した最少人数での演劇を構築し、この状況下だからこそ、縮こまるのではなく、むしろ、 “贅沢に”劇場を使い、つくりあげる“演劇”を上演していくとのこと。
SOLO Performance ENGEKI『HAPPY END』
【ストーリー】
小山内風太が産まれた日。
その日は、太陽の膨張によって100年後に人類が滅ぶことが発表された日だった。
世界は人類滅亡を回避すべく、さまざまな策を講じていく。
そのいっぽう、風太は、ごくごく日常的な生活を送っていた。
勉学に励み、友人を作り、役者になるという夢を抱いて生きていた。
しかし、年月の経過に伴い、彼を取り巻く環境もじりじりと変化していく。
未来がないということを実感した人類は、どのような生き方を選ぶのか。
そして風太は、友と、家族と、そして夢と、どう向き合っていくのか……
この物語はただただ、日々を懸命に生きるごくごく平凡なある男の物語。

出演:梅津瑞樹 コメント
この度、一人芝居をさせていただけることと相成りました。
一人芝居ですから、文字通り板の上にいる者は右を見ても左を見ても己の他にはない。ということはつまり、幕が上がったが最後、正しく「ショーマストゴーオン」の精神を己が身一つで体現しなければならないということであります。
やる者としては言うに及ばず、それを任せた者も並々ならぬ覚悟を持って挑んでいるに違いない。であるとすれば、このような機会をいただいたというその期待に報いねばならぬ訳です。
さらには作品そのものへの期待も、ウメツという一役者への期待も、今の世においてお芝居を観るということ、つまり誕生から今日まで演劇というものが脈々と受け継がれ、その中で信じられてきた心を揺さぶる力、それを求めて止まない皆の期待をも一身に背負わせていただく。勝手に。
それぐらいの気概で挑みます。
脚本:宮本武史 コメント
昨今は多様性が強く求められていますが、個人的には多面性という言葉のほうがピンときています。あらゆる物事には幾つもの側面があって、正解に辿り着くことは永遠に不可能ということです。そんな正解のない世界を生きるうえで、大切なことは何なのでしょうか。私は、それでも諦めず、誰もが幸せになれる正解に向かって、考え続けることだと思っています。
ということで、この物語の登場人物は、生涯をかけ、幸せについて考えに考えます。正解が見えづらくなっている今、考え続ける彼らの姿が、皆さんの励みになればと思います。
脚色・演出:粟島瑞丸 コメント
今回この企画を聞き、やりがいや面白味など、様々な感情が湧き起こりました。
それは『今』しか生まれない作品だと思ったからです。
リモートでの打ち合わせなどを含め、全てが新しい作品の作り方。そうして生まれた作品は、今、この時期だからこそ生まれる作品だと思います。
そして一人芝居という今でこその挑戦。
お客様にはきっと新しい何かを感じていただけると思います。そんな作品になるよう全力を尽くします。どうか楽しみにお待ちくださいませ。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着