【仲村瞳の歌謡界偉人名言集】#184
シンガーソングライター・原田真二の
言葉

作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、バンドマン、振付師、……そして、歌手。きらびやかな日本の歌謡界を支えてきた偉人たちを紹介するとともに、その方々が発したエネルギー溢れる言葉を伝えます。常軌を逸した言動の裏に、時代を牽引したパワーが隠されているのです! このコラムで、皆様の生活に少しでも艶と潤いが生まれることを願います。

歌を聴いてもらってる人に優しくなって
ほしい。それだけなんですね

より

今回の名言は、原田真二が歌い続ける理由。“天才少年” “新しい世代のヒーロー”と呼ばれ、1977年に18歳でデビューした原田。広島出身者であり、平和に対する思いが強いことでも知られている。2014年に行われたインタビューでは、「音楽を通じて“優しさ”を伝えたいんですよ。優しい音楽を聴いて、人が優しくなってくれれば、そのコミュニティーは間違いなく平和になるんですね」と語っている。現在も歌を通して世界平和を実現すべく、チャリティコンサート活動を続ける原田。「音楽は理論や理屈じゃなくて、心の扉を即、開いてくれる」「心に直接エネルギーを与えてくれる」という話にも説得力がある。今を生きる多くの人に届いてほしい言葉である。
原田真二(はらだしんじ)
1958年12月5日生まれ、広島県広島市出身。シンガーソングライター、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。楽器は、ギター、ピアノ、キーボード、ベース、パーカッション、マリンバ、ブルース・ハープ、ドラム、琴、和太鼓なども演奏するマルチプレイヤーである。また、ミックスやプログラミングも行う、マルチミュージシャンとしても知られる。高校2年生の時に、フォーライフ・レコードの新人オーディションに応募し、約3,000曲の中から選ばれる。1977年、青山学院大学入学と同時に上京する。同年10月、吉田拓郎のプロデュースにより、「てぃーんず ぶるーす」でデビュー。11月には「キャンディ」、3月には「シャドー・ボクサー」をリリース。3曲が同時にオリコンベスト20入りするという、日本の音楽史上で初の快挙となった。ファーストアルバム『Feel Happy』(1978年)も、オリコン史上初の初登場第1位を獲得。同年、4枚目のシングル「タイムトラベル」で「第29回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たす。1980年、株式会社クライシスを興し、ソロ名義からロックバンド原田真二&クライシス(SHINJI & CRISIS)として活動を開始。同年、ジョン・レノンによるプロデュースの話が持ち上がるがジョンが凶弾に倒れ幻に終わる。1980年代以降は、ソングライターとしても活躍。吉川晃司の「キャンドルの瞳」(1986年)の作曲、松田聖子の「Call me」の作詞・作曲などを手掛けている。2000年から、明治神宮、伊勢神宮、厳島神社など全国の神社を会場にした「自然環境・心の環境問題(やさしさの復活)」をテーマにしたチャリティーイベント『鎮守の杜コンサート』を定期的に開催。 2000年から2004年まで、松田聖子のライブツアーでプレーヤーとプロデューサーを担当。2005年、鎮守の杜コンサートなど原田のチャリテーイベントをサポートする趣旨のNPO法人「ジェントル・アース(Gentle Earth)」を設立。2021年4月24日、奈良・ビバリーヒルズにて<原田真二 〜New Year Live 2021 in 奈良>を開催予定。
仲村 瞳(なかむらひとみ)
編集者・ライター。2003年、『週刊SPA!』(扶桑社)でライターデビュー後、『TOKYO1週間』(講談社)、『Hot-Dog PRESS』(講談社)などの情報誌で雑誌制作に従事する。2009年、『のせすぎ! 中野ブロードウェイ』(辰巳出版)の制作をきっかけに中野ブロードウェイ研究家として活動を開始。ゾンビ漫画『ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ~童貞SOS~』(著・すぎむらしんいち/講談社)の単行本巻末記事を担当。2012年から絵馬研究本『えまにあん』(自主制作)を発行し、絵馬研究家としても活動を続ける。2014年にライフワークでもある昭和歌謡研究をテーマとした『昭和歌謡文化継承委員会』を発足し会長として活動中。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着