田中美佐子のコメディエンジンに火が
付いた!『よみがえる明治座東京喜劇
-ニッポン放送「高田文夫のラジオビ
バリー昼ズ」全力応援‼-』開幕!

2021年1月29日(金)東京・明治座にて『よみがえる明治座東京喜劇-ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」全力応援‼-』が開幕した。

本公演は1部が舞台「こちとら大奥様だぜぃ!」、2部が日替わりの演者による「ラジオビバリー昼ズ寄席」という2部構成で、明治座にことのほか思い入れが強い高田文夫が企画を務め、舞台は宅間孝行が演出を務めた。この初日の模様をレポートしよう。

『よみがえる明治座東京喜劇-ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」全力応援‼-』

『よみがえる明治座東京喜劇-ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」全力応援‼-』
『よみがえる明治座東京喜劇-ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」全力応援‼-』
「こちとら大奥様だぜぃ!」は、幕末のとある藩を舞台に、江戸でも有名な馬鹿殿(前川清)の大奥様(田中)が、夫に愛想をつかして出奔、江戸の長屋に転がり込んで宅間演じる博打が大好きな大工ら市井の人々と触れあうが、長屋の地上げ問題を発端にやがて大きな騒動となり……という爆笑必至のドタバタコメディーだ。

田中美佐子

大奥様役の田中はかつてはトレンディードラマにも出演していた綺麗どころの俳優と思う人も少なくないが、実は萩本欽一の薫陶を受けた一流のコメディエンヌ。そんな田中がステージ上で、時には変顔をしたりおかしな台詞回しを繰り広げては観客を笑いの渦に巻き込む。途中宅間と二人でやり取りをする場面があるが、おそらく途中からアドリブでこなし始めると、田中のコメディエンジンに火が付いてあれやこれやの笑いの攻防戦に! そのやり取りは止まる気配なく、本来の尺を踏み倒し、その後の2部の寄席で登場したサンドウィッチマンやナイツに「田中美佐子がたくさん時間を使ってしまったので、俺たち巻きでやらないと」と愚痴をこぼされていたくらい。それでも面白いから観客からは拍手喝采となっていた。また特別出演の前川の計算なのか素なのか分からないボケの連続にも笑いが止まらず、お小姓役の若者たちをはじめ、田中も思わず吹き出していた。
『よみがえる明治座東京喜劇-ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」全力応援‼-』
おおいに笑った後は2部の「ビバリー昼ズ寄席」。こちらも前出の2組が会場を巻き込んで軽妙な漫才を繰り出して、明治座の会場に久しぶりとなる笑いを響かせていた。
サンドウィッチマン
ナイツ
終演後、場内では高田と宅間が取材に応じた。
(左から)宅間孝行、高田文夫
――初日上演の感想・田中美佐子さんのコメディはいかがでしたか?
高田:昔から美佐子さんの芝居を見ていて、いつか何かできたらと思っていた。宅間くんも美佐子さんの舞台を観たときに、自由に演じているから面白いなと。アドリブがきくし。日本の喜劇女優はなかなか育たないんだけど、ポスト泉ピン子として(笑)いやいや違うかな、ポスト森光子として、とてもたのもしく思います。キレキレな笑いを今のうちたくさん見ておいてもらえればと。
宅間:一昨年に僕のカンパニーに出ていただいたときにも、しみじみ思ったんですが、本番に入るとサービス精神旺盛で、今日はお客さんが入ってさらにスイッチが入って……。僕らはあの美佐子さんを見ているんですけど、お客さんにとっては相当びっくりされると思います。元トレンディ女優ですよ。面影は微塵もなくふっきれていますね。
高田:あそこまでできる女性の役者さんいないと思いますよ。
宅間:僕も一緒にやっていて、美佐子さんが暴走するのですくっていくのが大変なんですけど(笑)なんとか美佐子さんに着いていこうと思います。
――コロナ禍を経て本番を迎えた今のお気持ちは?
高田:一年以上前から公演について考えていて、そうしたらコロナ禍になって、本当に今日初日の幕が開いたときは感動しましたね。幕が開いてお客さんの顔を見ると、この商売やってて良かったなと。不要不急の商売ではないなとしみじみ思いまして。こういうときこそ笑いがあったほうが良いと思うので、俺らしくなく感動しましたね。
宅間孝行
宅間:稽古が始まってすぐに緊急事態宣言だったので、下手すれば公演中止の決断もひとつあったかと思うんですけど、僕らとしては万全の態勢でやっていこうということで、稽古中も細心の注意を払っていましたし、その結果、劇場入り前のPCR検査では全員陰性。稽古場は一歩間違えればクラスターなっちゃうような怖さの中やってきたんですけども、まずは幕が開き、お客さんにたくさんおいでいただいて、改めて、お客さんがいて成り立っていると思います。千穐楽まで、緊張感を持ちながらやっていきたいと思います。
――今回キャストが豪華ですね。
高田:前川清さんが面白いんじゃないかと、そして美佐子さんいいなと。脇を固める若手衆……磯山さやか君とか東貴博君とか、なかなか面白いメンバーが集まったと思いますね。美佐子さんも前川さんも萩本欽一さんの薫陶を受けているんですよ。磯山君は志村けんさんとずっと舞台を一緒にやっていた。僕はビートたけしイズムですね、舞台でやってきたもので、東京のお笑いの要素が入っている。東君のお父さんは東八郎さんで東京喜劇の座長ですからね。そういういろんな血が混じって、東京のお笑いをつくろうと。寄席の顔付けは、今一番豪華な、東京で最強の寄席の芸人さんが集まったと思いますね。
東貴博
――第一部で、予想以上に面白かった箇所はどこですか。
宅間:お客さんの笑い声で、演者は変わってくるので。みんなに見せ場があるが、それぞれ乗ってやっていたというか。前川さんと美佐子さんのエンジンのかかり方が全然違う。ゲネでは僕と美佐子さんの掛け合いがもっと短かったんですけど、今日もう非常に伸びてしまいました。
高田:そういうのが楽しいですよね。お芝居は生ものだから、毎日変わっていくのが十何日もやれる楽しさだと思う。
――お客様へメッセージをお願いします。
高田:2月14日まで上演しています。こういう時期なので、ホッとする時間や、笑う時間があったほうが良いと思います。ぜひ浜町の方へ足を運んでくださいとお願いするだけですね、よろしくお願いします。
宅間:なかなか、おいでくださいと言いづらいご時世ですが、気楽にご覧いただいて大笑いしていただくと免疫力アップにつながると思いますので、楽しんでもらえたらなんて。テレビを見ていると感染者数の話題が多いですけど、舞台に足を運んでいただいて、一時忘れる時間を作っていただければと思っております。
高田:戦時中も、ギリギリまで寄席はやっていたといいますので、どんなときでもやっぱり笑いは必要だったんだと。ですから僕らも頑張って、ほっとするような時間をたくさん作っていければと思います。
なお、第2部の日替わりゲストに爆笑問題がラインナップされており、先日病に倒れた田中裕二について話が及ぶと、高田は「相方の太田光君とは毎日連絡とってます。田中君にはゆっくり休んでもらって、のびのび舞台で喋ってもらおうかなと。逆にたのしみにしています」と激励のコメントを送っていた。
取材・文=こむらさき

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着