生々しいからこそ届く言葉

ひと昔前であればヒップホップというと、スワッグで一癖ある人生を送ってきた人の音楽というイメージがあったが、現代ではそれも変わってきた。ヒップホップに大切なのはアウトローな人生を送ることでも、悪そうな空気を纏うことでもない。己のリアルを嘘なくかますことなのではないだろうか。
東京を拠点に活動する
もいってしまえば、特別にSWAGなんてことはない。誕生日を祝ってくれる友達に恵まれ、野球に打ちこみ、挫折を味わい、現在はラッパーやDJとして活動している。彼を表すなら、まさしく等身大という言葉がぴったりだろう。自身の経験を振り返り、今と向き合い、リリックとして音楽に落としこんでいく。壇上からのお偉い説教でも天才のありがたいお言葉でもない。普通に現代を生きている少年のリアルワードだからこそ、生々しく胸を打つのだ。
先日配信が開始された「We Higher」は、ラップクルー・
とのコラボ第二弾。勢いのあるイントロから始まるビートは前進感があり、「ここから高みを目指す」という意気ごみを感じさせる。

Hus-k アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着