固定概念にとらわれず

ジャキッとしたギターロックを鳴らしたり、爽やかなフォークを奏でたり。
のメンバーとして活動すると共に、ソロでも積極的にアクションを起こしているミュージシャンこそ
だ。
彼のなかには「こうでなければならない」といった、固定概念は存在しない。「自由な発想で、純粋に良い音楽を、きちんと伝わる体温で」をモットーに、心の赴くままに自分の信じた音を鳴らし続けている。楽曲の節々からも、その想いを感じとることができるはずだ。絶妙な頃合いの間や繊細に紡がれるギター、思いを落とすように綴る歌い方には、真摯に音楽と向かい合ってきた彼の姿勢が強く反映されている。
配信が開始された『ensemble』は、猪原にとって1stアルバムとなる作品。綿密に作り上げられた9曲は、一貫して爽やかな空気を纏いながらも、それぞれが違った景色を描く。うち5曲は配信限定のリマスター版になっているので、原曲を持っている人はぜひ聞き比べをしてほしい。

猪原純 アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着