清水ミチコ、圧倒的クオリティの“新
ネタ”も披露 今年1月の武道館ライ
ブを今週末放送

2021年1月2日(土)に開催された清水ミチコの東京・日本武道館でのライブ『清水ミチコ BEST LIVE 2021~GoTo 武道館 withシミズ~』の模様が、WOWOWにて2月6日(土)よる8:00より放送される。その放送に先立ち、当日のライブレポートが到着した。

2013年開催の『国民の叔母・清水ミチコの『ババとロック』 in 日本武道館』からスタートし、 もはや年末年始の風物詩となっている清水ミチコの東京・日本武道館でのライブ。 彼女にとって7回目の武道館公演となる本公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、十分な感染対策を講じて2021年1月2日(土)に実施。旬な時事ネタ、ピアノ弾き語りはもちろん、おなじみの「作曲法」は新作を披露するなど、まさに清水ミチコの“ベスト盤”といった趣。時節柄、観客は声を出すことができなかったが、代わりに大きな拍手でライブを盛り上げた。
ステージはまさに旬の時事ネタとなる、東京都の小池百合子都知事のモノマネ映像からスタート。「会場の皆さん、新年明けましておめでとうございます。わたしの2021年の政治的理念、それをひと言で表すと『フリップ』であります。 わたしの場合は1000枚を超えたという記憶があります」といった具合に、小池都知事的なフリップ芸を披露し、会場は大笑い。オープニングから一気に清水ミチコワールドに誘った。
映像が終わるとステージには清水が登場。シックで大人のムードあふれる登場曲「SONG FOR DANCE」を披露。「客席は半分、大声を出しちゃいけない。マスクで表情も若干見えにくい。それでもダンサーを入れてみたの」という歌詞の曲を歌い上げる清水の横には、スタイリッシュなダンサーが登場し、清水を食うほどのキレのあるダンスで鮮烈な印象を残した。この方、清水によると、「実は素人。プロを目指して、ニューヨークで勉強していたことがあったけど、 普通の主婦になった方」とのことだが、実は清水とも親交の深い、某有名人の実妹であることが明かされ、会場はビックリ。改めてダンサーに大きな拍手が送られた。
「去年は立つことができなかった武道館ですが、今年はここに立つことができました。今日は2倍の拍手をください」とあいさつした清水に、会場からは万雷の拍手が鳴り響く。そして会場全体で恒例のウェーブを実施。 会場を盛り上げた。
その後はピアノ弾き語りを披露。10代から100歳代にわたる幅広い著名人のモノマネを披露する「100年使える声の歌」、麻生太郎、田中真紀子、安倍晋三、小池百合子、朴槿恵らのモノマネからなる「政治家指さん」、さらに憂歌団森山良子井上陽水忌野清志郎と続き、序盤から清水のモノマネレパートリーの幅の広さを思い知らされる。
さらにインドの太鼓、タブラ奏者のU-zhaan(ユザーン)、そして清水の実弟であるイチロウが登場。U-zhaanが奏でるリズムとともに、はっぴいえんどの「風をあつめて」などを披露。さらに中島みゆきの新曲を“勝手に”作ったという新ネタでは、まさかの題材を中島みゆきが歌いそうな壮大な曲調にのせて歌い上げた。その出来は、くしくも清水のマネジャーが、本当の中島みゆきの曲だと勘違いしてしまったほどだそう。
さまざまなアーティストの歌の世界を、清水的に要約・アレンジするという定番ネタ「作曲法」では、新曲としてOfficial髭男dismの「作曲法」を披露。 清水ならではの細かいところに目を向けた解釈の数々は、「そうそう、彼らの曲はこんな感じ!」と共感してしまうほどに特徴を芯から捉えている。
そしてアンコールは、2020年10月7日に急逝した作曲家・筒美京平さんのヒット曲メドレー、フランク・シナトラで有名な名曲の歌詞を、山手線の駅に変えて歌う「My Rail Way」などを披露。最後は、この日披露できなかったモノマネレパートリーを一挙に大放出! ライブは終始、大盛り上がりで、初笑いの一日となった。WOWOWでは2月6日(土)よる8:00から余すところなく放送。 是非ともお腹を抱えて、大笑いしてほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着