日本初のオリジナル・ブッダマシーン
「天界」発売 Omodaka、さよひめぼ
う、菅原慎一ら書き下ろし楽曲も収録

世界中から集めてきた光るものや音の出るものを中心に販売しているショップ「光と音の専門店ハオハオハオ」が、日本初のオリジナル・ブッダマシーン(電子念仏機)となる「天界」を本日2月6日(土)に発売した。

ブッダマシーンとは中国を中心としたアジア各国で生産されている念仏や仏教ソング、民謡などが収録されたジュークボックスのこと。日本では熱心な仏教徒が購入するというよりは楽曲性の高さからアーティストがライブやサンプリングで使用するなどしてカルト的人気を集めている。
これまで電子念仏機の魅力をより多くの方々に伝えるべくSNSやイベントなどを通じてブッダマシーン・コレクターとしての活動を展開してきた「光と音の専門店ハオハオハオ」。しかし、コロナ禍で海外での買い付けができないまま早一年が経とうとしている。誰もが不安な状況が続く中、少しでも癒しや驚きを与えられるような念仏機を作ることができたらという思いで、日本の僧侶とアーティストからの協力を経て、今回日本オリジナルのブッダマシーンの完成に至ったという。
天界(外箱)

「天界」には15宗派総勢8名の日本の僧侶による念仏・声明・読経・御文を収録。真言宗、浄土真宗、浄土宗、天台宗、臨済宗の僧侶が参加し、宗派によっても読み手によっても全く異なる奥深い念仏を聴き比べることができる、贅沢な一台に仕上がった。

さらに、日本国内外で活躍するアーティストが念仏機をテーマに書き下ろした楽曲や、すでに人気の仏教ソングも収録。Omodaka、明和電機、さよひめぼう、菅原慎一、田島ハルコTariki Echo、赤坂陽月、薬師寺寛邦、炒饭骨(mansooon)、關PUNKSPIRIT2000(g.a.g / テクノウルフ / NDG)、メコンス、ナマンダーズ、セキグチサトル、nehanらが参加している。
また、「天界」の顔となる仏像イラストは漫画家、小説家、MV監督など幅広く活躍する天久聖一による描き下ろし。電子念仏機の定番カラーといえば赤だが、「天界」は電子基板が少し透けて見える赤いスケルトン・ボディでの仕上げられている。

なお、2月12日(金)からは東京、大阪にて順次展示即売を開始する。展示会の詳細は 特設サイト(http://www.buddha-machine.org/) よりご確認を。

【ハオハオハオ コメント】

お寺へお参りに行かずに機械で念仏を聴くことにいささか疑問を抱かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、より気軽にそして身近に仏教と接することができるようになっても良いのではないかと思っております。

また、CDのリリースが減りストリーミングサービス利用者の割合が年々増加するこの時代に於いて、特定の音源を聴くためだけの機械である念仏機はかなり時代を逆行する存在だと思います。

しかし、「この機械でしか聴けない音」「この音を聴くためだけの機械」である念仏機が2020年に於いても存在し続けていることにある種のロマンを感じます。MP3でもyoutubeでもCDでもなく「専用の機械」でましてや敷居の高い「念仏」が聴けるなんて、なんと贅沢なことでしょうか!

仏教徒の人も仏教徒ではない人も、いつでもどこでもスイッチを押せば癒しと安らぎそして驚きを届けてくれるような念仏機になるよう沢山の方々にご協力をいただいてプロジェクトを立ち上げました。

この電子念仏機「天界」を通じて、私が初めてブッダマシーンと出会った時のようなときめきを皆様にお届けできたら幸いです。


【リリース情報】

「天界」

2021年2月6日(土) 0時〜
光と音の専門店ハオハオハオの特設サイトにて発売(発送は2021年3月を予定)

■ 「天界」特設サイト(http://www.buddha-machine.org/)

■ 光と音の専門店ハオハオハオ オフィシャル・サイト(https://hao333.theshop.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着