自己肯定感が爆上がりする洋楽セルフ・ラヴソング5選

自己肯定感が爆上がりする洋楽セルフ・ラヴソング5選

自己肯定感が爆上がりする
洋楽セルフ・ラヴソング5選

最初の緊急事態宣言からまもなく一年が経とうという今、事態は収束することなく2度目の緊急事態宣言が延長されました。感染防止のために取らざるを得ない人や物事との距離は人間関係を希薄にし、心身に悪影響を及ぼしています。そこで自分を守るために不可欠なのがセルフ・ラブ。しかし、暗澹たる日々において独り自分を奮い立たせるのは至難の業ですから、自己肯定感を爆上げしてくれるディーヴァたちの作品に力をもらいましょう。
配信シングル「My Future」/Billie Eilish
「Alive」収録アルバム『This Is Acting』/Sia
「F**kin’ Perfect」収録アルバム『Greatest Hits... So Far 2019!!!』/P!nk
「Shake It Off」収録アルバム『1989』/Taylor Swift
「Born This Way」収録アルバム『LADY GAGA GREATEST HITS』/Lady Gaga

「My Future」(’20)
/Billie Eilish

配信シングル「My Future」/Billie Eilish

配信シングル「My Future」/Billie Eilish

2020年に多く言われたことのひとつが“自分を見つめること”。それを体現し、この難しい変化の時代を代表する作品となったのが、ビリー・アイリッシュがコロナ禍に放った「My Future」です。パーソナルな言葉の数々が綴られたビリーの歌詞が、兄のフィネアスと作ったこれまでのふたりにはなかった類いのサウンドによって優しくゆったりと聴く者の心にじんわりと響く。18歳のビリーが“自分の未来に恋してる”と歌う尊さには圧倒されるばかりです。また、曲が生まれたバックグラウンドにはビリーが幼少期によく聴いて希望を抱いていたというマイケル・ブーブレの「Haven't Met You Yet」の存在があったことを本人が明かしています。音楽のポジティブな連鎖も素敵です。

「Alive」(’15)/Sia

「Alive」収録アルバム『This Is Acting』/Sia

「Alive」収録アルバム『This Is Acting』/Sia

“まだ息をしている、私は生きている”という言葉が何度も繰り返されるシーアがアデルと共作した「Alive」は魂の絶叫歌です。悪魔が目指し、風向きも変わらず、何も育たない地には希望もなく、嘘だけがある。全てを奪われても自分は生き抜いたという人物の心の叫びは鋭い矢のように巨大な痛みをもってズドンと心に突き刺さってきますが、この歌に描かれた世界観はコロナ禍における多くの人々の窮状、心情にも重なるはず。また、千葉県で撮影されたMVには天才空手少女と呼ばれた高野万優さん(当時9歳)が出演したことで世界的な話題となりました。シーアとダニエル・アスキルが共同監督を務めた当時の様子はメイキング映像で観ることができます。

「F**kin’ Perfect」(’10)/P!nk

「F**kin’ Perfect」収録アルバム『Greatest Hits... So Far 2019!!!』/P!nk

「F**kin’ Perfect」収録アルバム『Greatest Hits... So Far 2019!!!』/P!nk

共感と応援ソングと言えばピンク姐さんの「F**kin' Perfect」です。この作品では自身の経験を吐露しつつ、卑屈になる相手に対して“それは間違っている”ときっぱり告げた上で、《You're fuckin' perfect to me(私にとって貴方は最高で完璧)》と伝えています。古代から感情をストレートに伝えることを避けてきた傾向のある日本ではこうしたコミュニケーションがすっ飛ばされてしまいがちですが、誰かに認められるということは自己肯定に直結しますよね。現在は家族でさえ自由に会えない状況ですが、心で相手を思うことに留めずに、言葉、詩集、歌などさまざまな手段を使って大切な人へ自分の思いを届けてみてはいかがでしょうか。相手の心はもちろん自分の心も温めていきましょう。

「Shake It Off」(’14)
/Taylor Swift

「Shake It Off」収録アルバム『1989』/Taylor Swift

「Shake It Off」収録アルバム『1989』/Taylor Swift

テーマ的に外せないのがテイラー・スウィフトの「Shake It Off」。タイトルの意味は“気にするな”で、落ち込んだ人に対してかける言葉です。この前向きな歌詞かつ軽快なリズムの踊る作品は沈んだ心も無条件に楽しい気分へと導いてくれる音楽的パワーが最大の魅力。映画『SING/シング』にも起用されて世界的な大ヒットを記録しました。今回はコロナ禍以前に制作された自己肯定感を呼び覚ませるアッパーチューンとしてこの曲をピックアップしましたが、テーラーはコロナ禍で生まれたアルバム『folklore』と『evermore』を発表しています。視覚的イメージからストーリーを空想してリモート制作した2作で新たな境地へとさらに歩みを進めた彼女からは目が離せません。

「Born This Way」(’11)
/Lady Gaga

「Born This Way」収録アルバム『LADY GAGA GREATEST HITS』/Lady Gaga

「Born This Way」収録アルバム『LADY GAGA GREATEST HITS』/Lady Gaga

「Born This Way」とは“信じる生き方を貫くこと”。アーティストとしてのスケールの広さを知らしめ確固たる支持を得た2ndアルバム『Born This Way』。そのタイトル曲でガガは人類の肌の色について言及し、それまでタブーとされていた人種や性などの差別問題を明示しました。全ての人を受け入れる本来あるべき社会を牽引しようとする先進的な歌詞をポップスの王道であるアップテンポなビートにのせ、レディー・ガガたるアーティスト性を明確に示したこの作品は聴き手の自己肯定を後押しする楽曲の代表格と言えるでしょう。当時のジャパン・ツアーに参加した際、彼女を取り巻くクルーの国籍もまたバラエティーに富んでいて、まさにダイバーシティそのものでした。

TEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ

早乙女‘dorami’ゆうこ プロフィール:栃木県佐野市出身。音楽を軸に、コンサート制作アシスタント通訳、音楽プロモーション、海外情報リサーチ、アニメや人形劇の英語監修及び翻訳、音楽情報ウェブサイト等で執筆するなどの業務を担うパラレルワーカー。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着