劇団「地蔵中毒」が日高ボブ美・町田
水城と“重いもの”を持ちながら、第
13回公演への意気込みを語る

劇団「地蔵中毒」が、無教訓意味なし演劇vol.13『宴たけなわ 天高く円越える 孫世代』を2021年2月26日(金)~3月1日(月)に上演する。会場は東京・下北沢のザ・スズナリ。作・演出は大谷皿屋敷。出演は“劇団「地蔵中毒」によく出るメンバー”と日高ボブ美、町田水城(はえぎわ)。千穐楽の翌日3月2日(火)には、松尾スズキ(ZOOMでのリモート出演)をゲストに迎えたトークイベント = 地蔵中毒の後夜祭『冷凍兜解凍の儀』も催される。なお、本公演のうち27日(土)18時30分開演回と28日(日)18時30分開演回、そして後夜祭の3月2日19時開演回は、それぞれオンライン生配信もおこなわれる。
公演に先駆けて、このほどリモート取材に作・演出の大谷と出演者全員(下記配役表参照)が参加した。それぞれに重いものを持ち、コロナ禍における演劇公演への戸惑いや意気込みを語った。
<出演・配役>※俳優名50音順
警察官 小野カズマ
旅芸人 かませけんた
側近 佐藤一馬
うっかりナースさん 3105(さとこ)
道でギター弾く人 三葉虫マーチ
常連 立川がじら
トレンディな人 日高ボブ美
被害者 東野良平
スナックのママ フルサワミオ
悪を忌み嫌う市長 hocoten
秀才 町田水城
■ゲスト出演は日高ボブ美と町田水城
──日高ボブ美さんは2019年、当時在団中だった□字ックのアフターイベントで「地蔵中毒」と共演されています。
日高 15分の短編をやりました。「地蔵中毒」には、「地蔵中毒」の音やリズムがあると思っています。それを会得した上で本番を迎えたかったのですが稽古が4時間しかできず……。その時に「地蔵は出るものじゃない、観る専門にする! 」と決めました。
──今回はどのような心境の変化が?
日高 スズナリで「地蔵中毒」。どうみても注目の公演への超光栄なお誘いでしたから……。出ない訳にはいかないと思い……出ることに……してしまいました……。
一同 (笑)
──周囲の反応はいかがでしたか?
日高 Twitterでは「エッ!」って反応が多かったです。お客さんからはポジティブな驚き。俳優仲間からは、ポジティブな驚きもありつつ、「エッ! ボブ美に「地蔵中毒」のギャグをやれる?」の反応もあったと思います。2パターンの「エッ!」ですね。
がじら 過去にも色々な方に客演いただきましたが、ボブ美さんは初めてのタイプの俳優さんだと思ってます。楽しみです。
トレンディな人役の日高ボブ美とスチール製の椅子
──町田水城さんと「地蔵中毒」との出会いについてお聞かせください。
町田 フルサワミオさんとは15年以上前からの知り合いです。フルサワさんが演劇を一度離れてから復活した後に「今度こういうお芝居に出ます」とチラシの画像が送られてきたのが、「地蔵中毒」との初遭遇でした。フルサワさん、ヤバいところにいったなと思いました(笑)。でも最初に観た時からあまり見たことのない面白さで。それ以来の「地蔵中毒」ファンです。
フルサワ 2005年にOi-SCALEの舞台で共演して以来、16年ぶりに舞台でご一緒します。とても嬉しいです。演劇を再開した時も、色々相談させていただいてお世話になっています。
かませ 小劇場界隈に「地蔵中毒」を広めてくれたのは、(町田)水城さんだと思ってます。
フルサワ 「地蔵中毒」のTシャツを買ってくれて『ニンゲン御破算』(2018年 シアターコクーン)の楽屋でも着てくださって。
町田 宣伝しましたね(笑)。「地蔵中毒」を観た人はみんな宣伝したくなるんじゃないかな。「すごいものをみたぞ」って。(口々に「ありがとうございます!」)
秀才役の町田水城と消火器。
──3105さんは、「鈴木理子」さんから名前を変えて最初の舞台です。
3105 「地蔵中毒」に初めて参加したのは第1.5回公演でした。間があいて前回からまた参加しています。「地蔵中毒」の根本は何も変わってないのですが、いまの「地蔵中毒」の圧に負けないようにがんばります。
うっかりナースさん役の3105と液晶テレビ
──佐藤一馬さんと小野カズマさんは今や準レギュラーですね。
小野 かませさんには、アッコにおまかせ!の勝俣州和さんのポジションと言われてまして、個人的に非常に嬉しいんですが、ふとこないだ水曜日のダウンタウンの「勝俣州和さんのファン0人説」を思い出したら怖くなりました。このポジションに甘んじることなく、頑張りたいと思います。
佐藤 僕はバイトをクビになって、とても落ち込んでいたタイミングに連絡いただきました。めちゃくちゃ嬉しかったです。
側近役の佐藤一馬とダンベル

■大谷皿屋敷が思い描く『宴たけなわ 天高く円越える 孫世代』
──本作の演出プランをお聞かせください。
大谷 自分の中にあるものだけで作って、同じことの繰り返しになるのはイヤだな、演出はもうやりたくないな、っていう時期がありました。同じ頃にフジロックフェスティバル2020の中止が決まり、フジロックの過去の映像が放映されていました。フジロックのコーネリアスを見た時に、「これだ」って思いました。
かませ 意味わかんない。
hocoten コーネリアスで気づいたことがあった?
小野 コーネリアス、アルバムごとにやること全然違いますからね?(笑)
大谷 とにかく、今回はコーネリアスです。コーネリアス+ クラフトワーク+高橋源一郎+ガルシア・マルケスに、ゲロをぶっかけたものにできればいいなと思います。
警察官役の小野カズマとお米
──戯曲の執筆前に、皆さんにやってみたい役をそれぞれに聞いたそうですね。
大谷 “よく出るメンバー”とはもう何本も一緒にやっています。だから違うところを見せたいし、どういうところを挑戦してみたいのか知りたくて。
──現時点で皆さんのリクエストは叶っていますか。
東野 (Zoomの画面をのぞきこみ)不満そうな顔してる人がいる……。
大谷 えっ、誰?(チラホラ手が挙がるのをみて) 3105なんて、希望のまんまじゃん!
3105 『ナースのお仕事』の朝倉いずみをリクエストしました。詳しくはお話できませんが……詐欺ですよ。
フルサワ 私は『グーニーズ』のフラッテリー一家のババアみたいな役と言ったのですが全然違う感じ。(スナックのママは)似合うといわれるけれど、自分には絶対向いていない職業ですね。
スナックのママ役のフルサワミオと12年分の日記帳
がじら 『ソナチネ』のビートたけしさんをリクエストしましたが、たけしさんはまだ出てきませんし、無邪気な人だと知らされていた役は、今日の稽古でストレートなアホだと分かりました。
──必ずしもリクエスト通りではないのですね(笑)。
hocoten マーチは「なんでもいいです」って。
マーチ はい、なんでもいいです。
道でギター弾く人役の三葉虫マーチときのこ型のスツール
かませ 僕は少し前まで、狂人博士かキレてる人かタヌキちゃんの役ばかりだったんです。大谷くんに「キレてる役はもうやりたくない」っていって、第10回公演頃から自分のキャラクターを相談するようになりました。今回は梅沢富美男さんのイメージで旅芸人をやります。
──キレてる役を封印するのはもったいない気もします。
がじら 松尾スズキさんは、かませさんを「人を埋めそうな目の子」と言ってました。かませさんの正しい認識ですね。
かませ そのキャラが売りになると最近分かってきて、だんだん自信になっています。「地蔵中毒」でまたやってもいいかなと思ってます。
旅芸人役のかませけんたと自転車
──日高さんは「トレンディな人」の役ですね。
日高 トレンディです(笑)
大谷 稽古1発目から相当トレンディで面白くって。そこから稽古のたびに、どんどんパワーアップするんです。精度を上げてくるスピードがめちゃくちゃ早いので、本番にはすごいことになるんじゃないかと思ってます。
日高 ここからまだ進化できるかな? がんばります!
──秀才役の町田さんは、リクエストどおりでしょうか。
町田 はい。でも「地蔵中毒」ファンの僕がイメージする「地蔵中毒」をまだやれていません。東野良平や関口オーディンまさおのやり方を真似るつもりでいたのに、それは求められてない気がして。
大谷 水城さんの役は、「地蔵中毒」が普段やるギャグ剥き出しの感じから少しズラしました。
町田 やっぱりそうなんだ。
大谷 その意図をはじめから汲んでくれて、それでも面白くみせてくれるので水城さんすごいなって思ってます。今までの「地蔵中毒」にない、新しいオモシロをみつけた感じです。
町田 その反動もあって、稽古でいかにも「地蔵中毒」らしいキャラの代役をしたら、めっちゃ楽しかったです!
日高・かませ 楽しそうだった!(笑)
大谷 ボブ美さんと水城さんのお二人に出ていただけて本当に良かったです。
大谷皿屋敷(作・演出)とネットカフェのパソコン本体

■初のザ・スズナリへ
──ザ・スズナリでの公演は初めてですね。
東野 『ずんだ or not ずんだ』(2019年9月)が終わった後に、スズナリの方から「下北沢演劇祭のスズナリ枠で出ませんか」とご連絡いただきました。
かませ 感慨深いです。これをきっかけに家を引っ越しましたもん。かこつけて世田谷区に。
hocoten 私は嬉しいと同時に、もう得体の知れないレイヴパーティに出演したりできなくなるのかなとか、つまらなくなったと言われるのが怖いなとか、スズナリの公演が終わった後を考えました。
被害者役の東野良平と大荷物
大谷 千穐楽翌日の後夜祭トークイベントでは、松尾さんにそういう相談をしたいと思ってます。「地蔵中毒」の進路相談。
──大谷さんご自身は、スズナリという劇場に特別な思いがあるのでしょうか。
大谷 俺たちがスズナリでやるってこと自体、テロみたいなもんですからね(笑)。

■グループ別稽古で各シーンが独自進化する
──稽古場の雰囲気についてお聞かせください。
東野 感染症対策で検温、消毒、換気と、稽古を3グループに分けてやっています。
かませ 空いた時間に役のことも考えられますし、ご時世的にも効率の面でも、わりと良いやり方だと思っています。
hocoten 集まる人数が少ない分、その場面を深く突っ込んで作れますね。前は流していたかもしれない小さなことも言いやすいし、工夫にも時間をかけられます。
東野 自分の見ていないところで、それぞれの演出やアイデアで場面が膨らみ、独自進化して、本番前に合流するんですよね。想像以上に面白いものになる気がします。
市長役のhocotenと空気清浄機
──客演のお二人は「地蔵中毒」の稽古場をどうご覧になっていますか?
日高 脚本と常連の方々が面白すぎて、プレッシャーしかないです(笑)。
町田 意見を出しやすい雰囲気を感じました。
──町田さんが所属する劇団はえぎわも、意見を出しながら稽古場で作るそうですね。
町田 似たところもありますが、「地蔵中毒」は無駄話が多い(一同、笑)。たとえばボブ美が仰向けになるシーンの稽古で、1、2発目からhocotenが「うつ伏せの方が面白いよ」って普通に言えてしまう。かと思えば3105さんが「大谷さん、なんで今ちんこ触ったんですか」って言ったりする。お芝居と大谷さんのちんこのテンションが変わらないんです。
3105 だって大谷さんがすごい頻度で触るから!
小野 今も触ってませんでしたか?(笑)
町田 自由でいいなと思っています(笑)。
──下北沢初進出となった前回の駅前劇場公演では、ゲネプロに伺った時、みなさんが始まる前の発声練習やストレッチをされていたことに感動しました。それ以前、そういうことをするのは東野さんだけだったので。
hocoten 発声する人が増えたのは客演の神谷圭介さん(テニスコート)の影響です。神谷さんのおかげで、発声練習は恥ずかしくないんだなって気持ちになりました。東野につられて発声するのは癪っていうかなんていうか……。
東野 なんなんだよ(笑)。
第十二回公演『おめかし、鉄下駄、総本山~削ればカビも大丈夫~』舞台写真(2020年11月 駅前劇場)

■ハイペース上演も「労働と比べたら全然いい」
──「地蔵中毒」は、2017年4月「オルギア視聴覚室vol.2(主宰 hocoten)」以降、コロナ禍前までの約3年間は、短編も含め月1ペースで新作を上演されてきました。
大谷 ならすと月1ですね。
がじら 大谷さんによく「再演しないの? 第二回公演をまたやったら面白いと思う」と言うんです。でも再演はせず毎回新しいのを書く。僕は落語家として同じ噺をくり返して磨くことをしているから、なおさらすごいと思ってしまいます。
大谷 書くのが楽しいので。演出は皆で意見出し合ってやるから、再演だとサボってる気持ちになる。何も思いつかなくて、ヒーッてなる時もあるけど、労働と比べたら全然いいです。
常連役の立川がじらと酉の市の熊手
──公演中止もありつつ、2020年も「地蔵中毒」は話題を提供し続けました(※後述「<ご参考>コロナ禍以降の地蔵中毒界隈の動き」をご参照ください)。
がじら 去年、「地蔵中毒」の舞台も落語の仕事もすべて消えて、「世界の終わりだ」と絶望し、思い悩んだ時期があったんです。でも「地蔵中毒」の皆は誰も何も諦めていなくて。公演中止になっても、いち早く配信に切り替えて成功させましたしね。生きる希望と勇気をもらいました。
東野 仲の良い劇団がたびたび公演中止になるなど辛い時期でした。「地蔵中毒」も一時は赤字を抱えましたが、幸い活動の幅を広げることができて、財政難も解消し、ありがたく思っています。
第十三回公演『宴たけなわ 天高く円越える 孫世代』フライヤー

■去年の経験を踏まえ、2021年の本公演に向けて
──そんな2020年の経験も踏まえつつ、2021年最初の劇団「地蔵中毒」本公演に向けて、意気込みをお聞かせください。
ボブ美 「地蔵中毒」に出ること自体、私にはかなりチャレンジなことです。ボブ美も「地蔵中毒」が板についてきたね、と言われるよう頑張ります。
町田 「地蔵中毒」のメソッドを自分の中に落とし込み、俳優としての引き出しを増やしたいです。いつもの得意技で楽に言えそうなセリフもあえて難しく言ってみたり、いつものパターンを疑ってみたりして、自分自身に負荷をかけていきたいです。
小野 今回はスズナリに出演ということで、すごいところまで「地蔵中毒」は来たんだなっていうのはあるんですけど、昨年大谷さんが発表されたコメント通り、僕の感覚としても「友だちとふざけているまま」なので、初心忘れるべからずではないですけど、スズナリという舞台で真面目に不真面目にふざけることが出来たらなって思います。
がじら 前回は、自分史上初めて笑いを目指さないエンディングのセリフをいただき、あらためて役者の難しさを痛感しました。今回は自分を捨て、あまりふざけず、大谷さんの「地蔵中毒」という世界を創る駒の1つとなれるように。その中で何ができるか考えていきたいです。本業の落語もやり方が変わってきました。「地蔵中毒」をきっかけに、僕の落語も聴きにきていただければと思います。
かませ 僕は新しいことをがんばるぞと気負うより、気持ちに余裕をもちたいです。今のメンバーの状態で、昔くらいくだらないことをやれたら、すごく楽しいんじゃないかと考えています。あとは性格も変えたいです。あまり怒らないようにします!
佐藤 スズナリは、地元山形にいた時から唯一知っていた東京の小劇場です。出られて嬉しいです。大きな声でがんばります!
3105 私はかませさんと反対に、とても意気込んでいます。今の段階になってこんな事してるの私だけかもしれませんが、発声・滑舌・役作り等々、真剣に取り組んでいきます。基本に立ち返ってお芝居の基礎をきっちりやりたいです。
マーチ 制作面では11月の本公演で学んだことを活かして、お客さんが安心して見られるよう動きます(※三葉虫マーチは劇団の制作も兼務している)。演者としては、顔を動かすことと口を大きく開くこと。お客さんに「来てよかったな」「配信で買ってよかったな」って思えるくらい、たくさん笑ってもらいたいです。
東野 与えられた役にただ応えるのではなく、「こういう芝居もできますよ」と役を揺らして、演出の選択肢を広げる芝居に挑戦します。今年は客演や映像作品での経験を深めて、いいものを「地蔵中毒」に持って帰れるようにしたいです。
フルサワ あえてなにも考えずにやります。今までの中で一番よかったと言われたいです。そうじゃないと意味がない気がするから。ここ1、2年は自分のこれからを、うじうじ考えてしまうことも多かったのですが、スズナリでの公演がその突破口になればと思います。
hocoten 今回は市長役です。ただ偉そうなだけにせず、アホなだけでもエロいだけでもない独特な女にチャレンジです。最近初めて映画の「エイリアン」シリーズと「ミッション:インポッシブル」シリーズを観ました! めっちゃ面白かったです! 非常に参考になりました! この感じでいきます!
大谷 去年まであって今年失われたものって、PornHubだと思うんです。PornHubっていうエロサイトが年末に一斉に動画削除して、それってかなり損失だったなって思うし早めにダウンロードしておけば良かったなって後悔してます。今年はそれに変わるエロサイトを見つけて創作に生かす。去年の経験を踏まえてできることってそれくらいですよね。あと、重いものを持たない方がインタビューしやすいですね!
劇団「地蔵中毒」第13回公演 無教訓意味なし演劇vol.13『宴たけなわ 天高く円越える 孫世代』は2月26日(金)〜3月1日(月)に上演されるほか、27日(土)と28日(日)のそれぞれ夜の回はイープラスStreaming+でのオンライン生配信も予定されているので、日本全国で鑑賞可能だ。エンタメ界に吹く逆風によろめくようでありながら、足を止めることなく躍進をつづける劇団「地蔵中毒」の最新作をザ・スズナリで、あるいはご自宅等で、楽しんでほしい。

<ご参考>コロナ禍以降の劇団「地蔵中毒」界隈の動き
2020年、主宰の大谷は、テレビ東京の『家、ついて行ってイイですか?』(3月取材。6月17日放送)に“深夜の蒲田駅にいたヤバいやつ”として声をかけられ地上波に初登場。ゴミ屋敷化した自宅に取材班を招き入れ、松尾スズキへの愛を語りお茶の間をざわつかせるとともに知名度を上げた。大谷は、7月にケラリーノ・サンドロヴィッチのオンライン配信公演『PRE AFTER CORONA SHOW The Movie』に脚本で参加(するも書き上げた台本が、大人の事情により使用できず既成台本から二言だけ台詞が使用され、脚本協力としてクレジットされるにとどまる)、10月に安藤玉恵の阿部定をテーマにした一人芝居『“とんかつ”と“語り”の夕べvol.1切断』で作・演出を務めた。劇団としては、2020年5月に王子小劇場で予定されていた本公演を中止。代替企画として、赤字補填を全面に打ち出したオンライン配信を行い、赤字を埋めるとともに、リモート打ち上げのZoomが謎のロシア人集団の乱入&乗っ取りに遭った。8月は渋谷コントセンターの「テアトロコント」出演、さらに公式YouTubeチャンネル「地蔵中毒の『恥骨船』」立ち上げ、11月に下北沢・駅前劇場で第12回本公演を行った。2021年1月は「しりあがり寿 presents 新春! (有)さるハゲロックフェスティバル」に初登場。3月には、大谷が脚本で参加し、メンバーも出演するWOWOW開局30周年記念番組「松尾スズキと30分の女優」の放送を控えている。

取材・文:塚田史香

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着