シンガーソングライターFoiが新曲リ
リース! PEARL CENTERのTiMTがプロ
デュース

日本と中国に自身のルーツを持つシンガーソングライター、
(フォイ)が新曲「Don’t play the love song(prod.TiMT)」をデジタルシングルとしてリリースした。
プロデューサーに
を迎えた、自身のセカンドステージを飾る楽曲「Swim in y our eyes」に続く待望の今作では、
のメンバーとして活動する注目のトラックメーカー
をプロデューサーに迎え制作。
マンドポップをルーツに持つ、彼女ならではのメロディーと、TiMTならではの90’s R&Bを思わせるサウンドメイクが融合、独特な言い回しの歌詞は「好き」の中にある「矛盾」を切なく綴った、前作に続く彼女らしいアーバンでメロウなラブソングに仕上りに。
同日解禁となったミュージックビデオは、ポータブルMDプレイヤーが90年代的な雰囲気を演出、雪が降りしきる幻想的なロケーションの中、恋愛の機微を切なく歌うFoiが印象的な、楽曲の世界観がさらに伝わる内容なっている。
海外活動では、昨年12月、中国・深センで開催された世界最大級の芸術祭<Shenzhen Frin ge Festival 2020>のテーマソング、
の「NIGHT MAGIC」に 中国をルーツに持つFoiがコーラスで参加。近年はアジアの音楽シーンの交流が同時多発的に盛り上がりを見せているなか、2021年、彼女の存在に更なる注目が集まっている。

TiMT コメント

初めましての日から、不思議となんだか昔から知っているような感覚で会話をし、音を重ね ていけました。僕のトラックに導かれたメロディ、Foiちゃんのメロディに導かれたトラッ ク。お互いの良さを存分に引き出し合えた曲になったので、是非何度も楽しんでください。

RELEASE INFORMATION 「Don’t play the love song (prod. TiMT) 」 2021年2月10日(水) Foi F-Works Archive/ SPACE SHOWER MUSIC 配信サイトリンク  

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着