『刀剣乱舞-花丸-』新作アニメ三部作
が2022年劇場上映決定 『スペシャル
イベント 花丸 春一番!』レポートが
到着

『刀剣乱舞-花丸-』の新作アニメ「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華(せつげつか)~」が、三部作にて2022年に劇場上映されることが、2021年2月14日(日)に開催された『刀剣乱舞-花丸-』 のスペシャルイベント 花丸 春一番!にて発表された。新刀剣男士として、山姥切長義が登場。キャラクタービジュアルが公開された。
イベントレポートとあわせて紹介する。
新作アニメ「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~」
【コメント】高梨謙吾(山姥切長義 役)
――演じられるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えてください。
第一印象はプライドの塊で取っ付きにくい印象でした。でも関わっていく内に人間味が溢れてきて、ただ不器用過ぎるだけなんだなと今では思います。そんな彼に誰よりも寄り添い、丁寧に演じさせていただこうと思います。
――身の回りで最近あった、「花丸」なことを教えてください。
2匹の飼い猫がいればそれだけで、毎日が花丸です!ただ、要求がすごくてうるさすぎるのが玉に瑕です(笑)かわいいですけどね!
(c)2018 Nitroplus・DMM GAMES/続『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会
■山姥切長義(やまんばぎりちょうぎ) (CV:高梨謙吾)
備前長船長義作の打刀。長義は長船派の主流とは別系統の刀工となる。写しであると言われている山姥切国広と共に伯仲の出来。美しいが高慢。より正確に言えば自分に自信があり、他に臆する事がない。
【レポート】『スペシャルイベント 花丸 春一番!』
ベルサール高田馬場にて『スペシャルイベント 花丸 春一番!』が開催され、増田俊樹(加州清光役)、市来光弘(大和守安定役)、新垣樽助(へし切長谷部、長曽祢虎徹役)、 濱健人(陸奥守吉行役 )、石川界人(歌仙兼定役)、佐藤拓也(燭台切光忠、江雪左文字役)、斉藤壮馬(鯰尾藤四郎・鶴丸国永役)、古川慎(大倶利伽羅役)、田丸篤志(一期一振役)という、12振り9名のキャストが、オリジナル朗読劇やバラエティコーナーなどで体をはって会場を盛り上げた。さらに、サプライズゲストとして登場した、高梨謙吾(山姥切長義役)も登場。会場を沸かせた。
■昼公演オフィシャルレポート

DVD「『刀剣乱舞-花丸-』スペシャルイベント 花丸 春一番!」発売決定 (c)2018 Nitroplus・DMM GAMES/続『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

最初のコーナー「“花丸”をつけたい!僕たちのベストシーン!」では、アニメ『刀剣乱舞-花丸-』より、キャスト陣が選んだベストシーンを紹介しながら、アニメの振り返りトークを行うことに。第1期のオープニング映像をセレクトした佐藤は、「キャラクターの様々な表情が凝縮された映像を見た時に、幸せな気持ちになりました」とコメントし、録画して何度も映像を繰り返し見たという当時の思い出を語った。その後も、それぞれのキャスト陣から名場面が紹介され、綺麗好きな歌仙が洗濯をしているシーン(石川)、ゲームには無い一面を見ることができたという大倶利伽羅の日常を描くシーン(古川)など、印象的なシーンを紹介。
また、新垣は、第2期のたまご料理を作りながら「たまごふわふわだあー」と歌うミュージカル調のシーンを挙げ、「前触れなくミュージカルが始まるという、アニメ『刀剣乱舞-花丸-』の自由さが際立つシーンで、とても楽しめました」とアフレコ時の感想を語った。そんなコミカルなシーンとは対照的に、市来からは、第1期の最終話で安定が清光に叱られるシーンをセレクト。「物語のクライマックスで、清光が涙を流して安定に訴えかける美しくて印象的なシーンでした」と第1期を振り返った。
■朗読劇&バラエティーコーナー
続いて、キャスト陣による朗読劇を披露。風に飛ばされてしまった主の書付を追って、様々な刀剣男士が次々と登場。甘い飲み物やお菓子を楽しむ刀剣男士の日常を描く物語が展開。
朗読劇の後は、バラエティコーナーへと移ります。「ちり紙乱舞」と称し、風に舞うちり紙を箸でキャッチするゲームを行うことに。1週目は扇風機の風を受けて宙に舞うちり紙を、6名のキャスト陣が全員華麗にキャッチ。そして、2週目では、扇風機の代わりに、威力抜群の送風機・ブロワーを使い、ゲームに挑戦。強い風力に戸惑うキャスト陣でしたが、抜群の運動神経で見事にキャッチし、ミッションクリア。
ここで、再び朗読劇の続きを披露。書付を追ってピンチに陥ってしまう刀剣男士たちの姿を、コミカルな演技でキャスト陣が熱演。会場からは、思わず笑いがこぼれる場面も。
また、物語を楽しんだ後は、「絵合わせ乱舞」のゲームコーナーへ。キャストが2人でペアとなり、与えられたテーマを左右半分ずつ描き、アクリル板超しにお互いの文字を組み合わせて、その完成度を競います。出されたお題は「漢字の“花”」。大きさまでぴったりと揃い、見事な文字を完成させた斉藤&佐藤が勝利を手にした。
バラエティコーナーの後は、朗読劇のクライマックスを披露。主のために一丸となってとある計画を実行する刀剣男士たちの姿と、主への感謝の想いを込めた温かなメッセージに、会場からも大きな拍手が贈られる。そして、クライマックスを迎えた朗読劇に、謎の刀剣男士の姿が。“とある本丸”に顕現したと見られる山姥切長義の登場に、会場のファンからも驚きの声が上がった。山姥切長義を演じる高梨がサプライズゲストとしてステージに現れ、アニメ『刀剣乱舞-花丸-』の最新情報が発表されることに。
新作アニメ「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~」三部作の劇場上映が発表されると、ステージのキャスト陣からも驚きと喜びの歓声が上がった。さらに、山姥切長義が新刀剣男士として登場することが決定し、この日、アニメーションキャラクターデザインも初公開。
イベント最後には、キャスト陣一人一人より、ファンへの感謝を込めてメッセージが贈られた。
増田「この場で新作の発表ができることをとても嬉しく思っています。そして新作への期待も膨れ上がっています。アニメを観ることで、少しでも皆さんの不安を吹き飛ばしたいと思って演じています。『花丸』は終わりません!」
市来「『花丸』がスタートして、あっという間の月日が流れたんだなと思うと、感慨深い気持ちでいっぱいです。応援してくれる皆さんとスタッフの力だと痛感しています。新作も、そしてその先も応援を宜しくお願いいたします!」
新作アニメ「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~」三部作は、2022年に劇場上映決定。また、本イベントの模様を収録したイベントDVDが、5月26日(水)に発売決定。続報をお楽しみに。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着