津田健次郎・石川由依・山寺宏一らの
コメント到着 『機動戦士ガンダム
閃光のハサウェイ』新キャスト&新規
カット公開

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の正統なる続編、宇宙世紀ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(2021年5月7日全国ロードショー)の新キャスト8名が解禁された。
津田健次郎石川由依、落合福嗣、武内駿輔、松岡美里、沢城千春、種﨑敦美、山寺宏一が演じる新キャラクターの詳細&キャストからのコメントを紹介する。
また、小野賢章上田麗奈が出演する『閃光のハサウェイ』特別番組「Hathaway’ s Report」が、2021年2月21日(日)に配信されることも決定した。
松竹マルチプレックスシアターズ限定上映映像が初解禁
(c)創通・サンライズ
【コメント】津田健次郎<ガウマン・ノビル役>
津田健次郎
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に参加させて頂くことになりとても光栄です。収録には緊張感を持って臨みました。監督や録音演出のイメージやリクエストと、自分の持つイメージをミックスさせてキャラクターやシーンを立ち上げ、演じさせて頂くのはとても楽しい時間でした。最終的にどの様になったのか、僕も完成形をとても楽しみにしております。公開を待って下さっている皆様、もう暫く楽しみにお待ち下さい。『機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ』どうぞ宜しくお願い致します。
(c)創通・サンライズ 

●ガウマン・ノビル
数々の大戦を戦い抜いてきたベテランパイロットのマフティーメンバー。顔に大きな傷を持つのが特徴。搭乗機のコールサインはメッサー2。

【コメント】石川由依<エメラルダ・ズービン役>
石川由依
以前たまたま『閃光のハサウェイ』のニュースを読んでいて、その時はまさか自分もこの作品に出られることになるとは思っていなかったので、出演が決まりとても驚きました。そして同時に、昔から多くの方に愛されているこの作品に参加できることをとても嬉しく思いました。
私が演じさせていただいたエメラルダは、言葉遣いの荒い豪快な性格の女の子です。今まで演じたことのないタイプの子だったので、新たな自分を開拓できたらいいなと思いながら精一杯演じさせていただきました。是非、公開を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。よろしくお願い致します!
(c)創通・サンライズ 
●エメラルダ・ズービン
ハサウェイを迎えにダバオに送られた姉御肌のマフティーメンバー。技量的な問題で正規のMSパイロットになれなかった過去を持つ。
【コメント】落合福嗣<レイモンド・ケイン役>
落合福嗣
いよいよ公開となる『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。レイモンドとしてこの作品に関われる事をとてもとても嬉しく思っています。マフティーのメンバーとして、ハサウェイの、この物語の行く末をしっかりと見守っていきたいです。今から映画館に行くのが楽しみです!
(c)創通・サンライズ 
●レイモンド・ケイン
1ギャルセゾンのキャプテン。マフティーメンバー。体格がよく大柄な男性だが、仲間思いな一面も見せる。
【コメント】武内駿輔<イラム・マサム役>
武内駿輔
多くのファンが待ち望んでいた今作に、声優として参加できることを大変光栄に感じています。ガンダム好きの友人から、本作の魅力はずっと昔から聞かされ続けていたので、原作のイメージを忠実にアニメに落とし込めるよう、スタッフ陣とも審議し合いながら作業を進めていきました。皆様のご期待を、裏切らない内容になっていれば幸いです。
(c)創通・サンライズ 
●イラム・マサム
マフティーの支掩船ヴァリアントの副長兼参謀格のマフティーメンバー。ハサウェイの事情を知っている良き理解者。
【コメント】松岡美里<ミヘッシャ・ヘンス役>
松岡美里
ミヘッシャ・ヘンス役を演じさせていただきました、松岡美里です!小さな頃から家族と一緒にテレビで見ていたガンダムにまさか自分が出演させていただけるなんて夢にも思っていなかったので、最初にお話を頂いたときにうれしい気持ちと身が引き締まる気持ちで手が小刻みに震えたのを覚えています。
ですが、震えてばかりじゃだめだと気持ちを奮起させ、ミヘッシャだったらどのように仕事に取り組むのか自分なりに考え、私もできるだけ同じように取り組んで気合いを入れて演じさせていただきました!あの大迫力のシーンが巨大なスクリーンで見られるのかと思うと、今から楽しみで仕方ありません。緊張も少しありますが、皆さんと見終わった後のあの興奮と余韻を共有できれば幸いです。是非ご覧ください!
(c)創通・サンライズ 
●ミヘッシャ・ヘンス
マフティーの諜報員兼オペレーター。マフティーの活動に没頭している真面目で勉強熱心な少女。ダバオでハサウェイに接触する。
【コメント】沢城千春<ミツダ・ケンジ役>
沢城千春
声優としてガンダムという作品に出演させて頂けるなんて、こんなにも光栄な事はありません。とても嬉しかったです!お話を頂いてから改めて過去のガンダム作品を見たり調べたりしていたのですが、本当に奥が深く、皆様に長く愛されている作品であるということを実感し、自分も責任を持って役を演じさせて頂こうと思いました。とても見応えのある作品ですので、二度三度と見て楽しんで頂ければと思います。自分も一視聴者として公開がとても楽しみです。皆様、是非ご覧下さい!
(c)創通・サンライズ 
●ミツダ・ケンジ
マフティーの活動に対する意識は低いが、優秀なドライバーの現地諜報員。ダバオでハサウェイに接触する。
【コメント】種﨑敦美<メイス・フラゥワー役>
種﨑敦美
アニメに詳しくなくても、何を知らなくても「ガンダム」の存在は知っている…そんな作品だと思います。出演出来ることを聞いた時も一瞬よく分かりませんでした(笑)。ガンダム…? 劇場版…? え、出られるの? と。収録の日もそれはそれは緊張していたのですが、とても細かくディレクションしていただけて嬉しかったのを覚えています。長年こうやって丁寧に作られてきた作品なんだなと思いました。始まってから終わるまで一瞬も目が離せません。公開まで楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。
(c)創通・サンライズ 
●メイス・フラゥワー
きれいなブロンドヘアーと口元のホクロが特徴的なハウンゼン356便の客室乗務員。ケネスに口説かれた際には大人な対応をみせる。
【コメント】山寺宏一<ハンドリー・ヨクサン役>
山寺宏一
ギュネイ・ガス役で『逆襲のシャア』に出演させて頂いたのは声優デビューしてから3年目でした。収録初日、緊張していた上に世界観を全く理解していなかった僕を、シャア役の池田秀一さんが飲みに連れて行って下さいました。ガンダムや声優の世界についていろんなお話を伺いましたが、そこでも緊張しいくら飲んでも酔えなかった事を覚えています。
あれから33年。その後を描いた『閃光のハサウェイ』に出演出来る事を幸せに思います。刑事警察機構長官という、ギュネイとは180度違う役回りですが、物語の中でハサウェイやケネスとどう絡んで行くのか楽しみにしていて下さい。
(c)創通・サンライズ 
●ハンドリー・ヨクサン
マン・ハンターを従える刑事警察機構の長官。アデレード会議に参加するためハウンゼン356便に搭乗し、地球へ下りてきた。
小野賢章、上田麗奈による特別番組が配信決定
ハサウェイ・ノア役の小野賢章が、『閃光のハサウェイ』スタッフ・キャストらをゲストに呼び、本作の魅力を掘り下げながら対談を行うトーク番組『Hathaway’ s Report -閃光のハサウェイ案内人-』が、ガンダムチャンネルにてプレミア公開されることが決定した。
第1回目のゲストはギギ・アンダルシア役の上田麗奈。『閃光のハサウェイ』について様々な切り口でトークするとのこと。
『Hathaway’ s Report -閃光のハサウェイ案内人-』 第1回
出演者:小野賢章、上田麗奈
公開時間:2021年2月21日(日) 22:00~ガンダム公式 YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」にてプレミア公開
映画館で限定上映されていた映像がWEB初解禁
松竹マルチプレックスシアターズの系列の映画館にて、幕間で使用されている告知映像も初解禁された。
一年戦争で出会った宿命のライバル、アムロ・レイとシャア・アズナブル。二人の戦士の意志を継いだ青年ハサウェイ・ノアが今立ち上がる…。謎の美少女ギギ・アンダルシアやケネス・スレッグ、Ξガンダムが飛んでいる姿、ハサウェイが「シャアが起こした反乱も、あの時死んでいった人たちも慰められない…」と涙するシーンなど、早く本編が観たくなるような映像となっている。こちらの映像は松竹マルチプレックスシアターズの映画館の全スクリーン(一部の上映作品を除く)にて4月15日まで上映を予定。
新規場面写真も公開
(c)創通・サンライズ 

(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 
(c)創通・サンライズ 

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の正統なる続編、宇宙世紀ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、2021年5月7日公開。クリアファイル特典付きの前売り券も発売中だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着