※イメージイラスト (C)SHIIKO SUZUKI 2021

※イメージイラスト (C)SHIIKO SUZUKI 2021

スターマンに会いたい:「ゆるゆるベ
イスターズファン」鈴木詩子連載23

野球興味ゼロのマンガ家・鈴木詩子がなぜベイスターズにハマるのか?
ゆるゆるベイスターズファン
〜野球のルールこれから覚えます〜第23回 スターマンに会いたいどうも。一昨年の夏からベイスターズに興味を持ち始めた鈴木詩子です。
今回は球団のマスコットについて書いてみたいと思います。私がベイスターズのマスコット、DBスターマンと初遭遇したのは、生観戦デビューした昨年の夏でした。
ワクワクしながら横浜スタジアムに向かって歩いていると、何やら人だかりが。よく見てみると、あのスターマン(着ぐるみ)が居るじゃないですか! いきなり、その可愛いらしくて丸っこいフォルムに釘付けです。すぐに握手してもらい(まだコロナ前だったので)携帯のカメラで撮影しようとすると、愛想良く手を振ってくれて、そのファンサービスの良さに、一発で好きになってしまいました。
他にもベイスターズのマスコットは、スターマン片想いの女の子DBキララ、白くて大きいモンスターのバード、黄色くて小さな育ち盛りモンスターのチャピーの3体が居ますが、みんな広いスタジアムをチョコマカ走り回って仕事をしている姿が可愛らしく、見ているととても癒されます。雨の日にはカッパを着てまで試合を盛り上げてくれるんですよ。
ベイスターズファンにとても愛されているスターマン達ですが、一昨年に何試合か観戦して感じたのが、他球団のマスコットの愛され具合も凄いなという事です。スワローズ戦を観に行った時は、つば九郎のレプリカユニフォームを着ている人がたくさん居てとても驚きました。ドラゴンズのドアラは、とても芸達者というか、中の人が変わってしまったらバレてしまうんじゃ? というぐらい個性的なパフォーマンスでファンを沸かせていましたし、ジャイアンツのジャビットもアクロバティックな動きで身体能力の高さに目が釘付けになりました。
昨年はコロナ感染が怖くて全く試合観戦に行けませんでしたが、今年こそはスタジアムに行ってもっとマスコット達を観察したいものです。
<隔週火曜連載>
イラストも筆者
【鈴木詩子:プロフィール】…(すずきしいこ)漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなアイドルは嗣永桃子。著書に『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)
twitterアカウントは@skippop
チヤホヤされたい女子高生・桃子は、いつだって残念な感じだった。でも、そんなのもうイヤ! 立ち上がった桃子の熱い想いは、クラスのみんなに届くのか!?
オススメコミック:『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)/著:鈴木詩子 発売中!
http://books.rakuten.co.jp/rb/6243475/
※書店・ネット書店にてご注文ください。
同作の映画化『女ヒエラルキー底辺少女』(主演:平嶋夏海)、DVD好評発売中。ストレイドッグプロモーション(販売元ビクターエンタテインメント)から。セルの他、レンタル店にも出ています。是非ごらんください。
http://books.rakuten.co.jp/rb/14304611/
連載バックナンバー:https://wp.me/p95UoP-ge
※リンクしないサイトでご覧の方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。

アーティスト

ブッチNEWS