STU48 広島電鉄でまさかの桃太郎電鉄
ゲーム実況生配信!6thシングル「独
り言で語るくらいなら」を船上劇場・
広島駅で披露

瀬戸内7県を拠点に活動をするSTU48による、6thシングル『独り言で語るくらいなら』発売を記念した配信イベント、LINELIVE『STU48
6thシングル発売記念「桃鉄」全国ツアーSP』が広島にて行われた。

配信冒頭は、船上劇場・STU48号のステージにて『Overture』から始まり、石田千穂の曲フリとともに、6thシングル表題曲の『独り言で語るくらいなら』を選抜メンバー15名で歌い上げた。歌唱後、キャプテンの今村美月は「2019年4月より就航していた船上劇場・STU48 号ですが、この春、私たちはこの船から卒業をし、瀬戸内各地を巡り公演を行うことになりました。“こんな時代こそ、アイドルが必要だ。“この言葉を実証するため、私たちは皆さんと一緒に、前へ進みたいと思います!」とコメントし、改めて、2021年の飛躍を誓った。その後、配信の場面は一転。なんと広島電鉄の貸切車両内へ。

今回の配信ではなんと、人気ゲーム『桃太郎電鉄〜昭和 平成 令和も定番〜』を6thシングルの選抜メンバー15名が4チームに分かれてプレイし、ゲーム内でゴールとなった駅(地域)を次回以降の全国ツアーの会場にするということが発表された。

さらに1位のチームには、賞品としてツアーの候補地の中から1箇所を選んで、「豪華お食事付きの前泊できる権利」が、2位のチームには『桃太郎電鉄〜昭和 平成 令和も定番〜』のソフトがプレゼントされるということも発表。前代未聞の試みに、メンバー一同驚きを隠せない様子だった。

対戦のチーム分けは6thシングルの各Typeのジャケット写真ごとに分けられ、事前にくじ引きで決められた各チームの代表メンバー、石田みなみ、今村美月、甲斐心愛、峯吉愛梨沙が『桃太郎電鉄』をプレイ。

各メンバーが初の『桃太郎電鉄』実況におぼつかない様子を見せつつゲームがスタートすると、最初のゴールが秋田駅に決まり、ツアー開催地も秋田駅所在地・秋田県に決定。STU48初の秋田県でのイベント開催が決まり、驚きも隠せないなかの接戦の末、峯吉愛梨沙が秋田駅にゴール。一歩をリードを見せた。2つ目のツアー開催地は、名古屋駅所在地の愛知県に決定。2019年の全国ツアーぶりの愛知県での開催となり、久々の訪問に期待を持って挑んだ第2ラウンドは、どのチームも出目が揃わずゴール目前で苦戦しつつも、甲斐心愛がゴール。

そして3つ目のツアー開催地となるゴールは札幌駅所在地・北海道に決定。名古屋同様、2019年の全国ツアーでも訪れた北海道にメンバー一同よろこびを見せ、「新幹線カード」を使用したり、「ぶっとびカード」で飛行機を使い賭けに出たり、STU48らしく船でのルートを使用したりと、それぞれ思い思いのプレイを楽しみつつ、船でのルートで向かっていた今村美月がゴール。

そして、実況パートラストの結果発表では、1位は石田みなみ率いる通常盤Type B、チーム、2位は今村美月率いる、初回限定盤Type Bチームに決定。MCの福田朱里は、「シングル発売日にこういった形でゲーム実況やイベントができることが新鮮でアリだと思いました。また次回のリリースイベントも期待してほしいですね。」と締めた。

ゲームが終了すると、岡田奈々より「今日の配信は船上劇場でのパフォーマンスや、広電での桃鉄ゲーム実況があるということでうらやましいけど、東京にいる私の代わりに頑張ってください!今日広島に行けなかった分、3月13日(土)の4周年コンサートや今後の全国ツアーでファンの皆様やメンバーに会えるのを楽しみにしています!」と応援のコメントが入り、メンバーへのエールと今後のイベントへの期待を語った。

その後、メンバーを乗せた車両は終点のJR広島駅に到着。
今回のために用意された新幹線口特設ステージで、選抜メンバー15名で再び『独り言で語るくらいなら』を歌唱。

今後の全国ツアー会場への期待と、劇場の拠点でもある広島で活動できることに感謝をこめて、力強いパフォーマンスを行った。

そして、配信の最後は、オリコンシングルランキングデイリーチャートにて本日2月17日(水)発売の6thシングルが2位、前作5thシングル「思い出せる恋をしよう」が3位をそれぞれ獲得したことが発表され、メンバー一同でステージ上で喜びを見せ、配信は終了した。

概要

配信タイトル:STU48 6thシングル発売記念「桃鉄」全国ツアーSP
日時:2021年2月17日(水)19:00配信
会場:船上劇場STU48号・広島電鉄貸切車両内
JR広島駅構内特設ステージ
出演メンバー:STU48 16名
石田千穂・石田みなみ・今村美月・岩田陽菜・大谷満理奈・岡田奈々(コメント出演)
沖 侑果・甲斐心愛・門脇実優菜・瀧野由美子・中村 舞・福田朱里・峯吉愛梨沙
矢野帆夏・薮下 楓・高雄さやか
©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

©STU/KING RECORDS

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着