『SDガンダムワールド 三国創傑伝』
と『SDガンダムワールド』最新作の配
信・放送が決定

中国大陸など海外14以上の地域で先行配信された『SDガンダムワールド 三国創傑伝』の日本国内での放送・配信日が決定、ストーリーと登場するSDガンダムが発表された。さらに、2019年より展開している『SDガンダムワールド』シリーズ最新作の配信・放送も決定した。
『SDガンダムワールド 三国創傑伝』は2月25日(木)よりガンダム公式 YouTube チャンネル“ガンダムチャンネル”にて配信開始。2月26日(金)よりBS11、3月2日(火)よりTOKYO MXで放送を開始する。
『SDガンダムワールド 三国創傑伝』STORY
幾度となく繰り返された大戦争により、かつて栄華を誇った国々は滅び、大地は瓦礫の山と化した時代。ようやく復興の兆しが見え始めた矢先、「黄化トリニティ」と呼ばれる謎のトリニティが全土に蔓延し、自我を失ったBUG(バグ)が次々と人々を襲い始めた。
残された人々は襲い来るBUGから身を守るため、城塞都市の中での生活を余儀なくされていた。
しかし城壁の中では、前領主の死後、領主の董卓が傍若無人の限りを尽くしていた。
運命に導かれるように、関羽νガンダム、張飛ゴッドガンダムと出会った劉備ユニコーンガンダムは、世界を救うことを決意する。
やがて世界は、三人の若者達の情熱によって、大きく動き始めることとなる。
新たな英傑たちが新時代を創り出す!
『SDガンダムワールド 三国創傑伝』キャラクター
ショク・エリア;劉備ユニコーンガンダム(CV:梶原岳人)
比較的BUGの襲撃が多くないショク・エリアの自警団「ドラゴンズ・ウォッチ」に所属する正義感あふれる青年。関羽νガンダムと張飛ゴッドガンダムに出会ったことで、彼は大きな決断をする。それは『世界を救う』こと。やがて、彼の強い意志に惹かれた仲間がどんどんと増えていく。
ギ・エリア:曹操ウイングガンダム(CV:武内駿輔)
「ブルーウイングコーポレーション」の若きCEOにして、ギ・エリアを治める指導者。頭脳明晰で冷静沈着。枯渇しつつあるトリニティに対し危機感を抱いており、ある独自の価値観を持っている。劉備ユニコーンガンダムの真の力に興味を抱く。
ゴ・エリア:孫堅ガンダムアストレイ(CV:山口太郎)
流通ギルド「レッドタイガー」の代表。董卓プロヴィデンスガンダムが領内の小さな村から警備兵を撤退させたせいで、大事な商売相手が黄化トリニティにリンクしてしまい、大口の取引先を失ったことに腹を立てている。
キャストはほかに、関羽νガンダム:中川慶一、張飛ゴッドガンダム:KENN、諸葛亮フリーダムガンダム:内山昂輝、董卓プロヴィデンスガンダム:石井康嗣が発表された。
『SDガンダムワールド ヒーローズ』も配信・放送
『SDガンダムワールド』シリーズの最新作『SDガンダムワールド ヒーローズ』が2021年4月よりガンダム公式 YouTube チャンネル“ガンダムチャンネル”、TOKYO MX、BS11での放送・配信が決定した。また、海外では「GUNDAM.INFO」などでの配信を予定しているという。
『SDガンダムワールド ヒーローズ』STORY
英雄達によって均衡が保たれている世界。
その中の一つ、ネオワールドに突如、赤熱の隕石が飛来する。落下地点から現れたのは“悟空インパルスガンダム”と名乗る記憶喪失の少年。
この件に端を発する混乱は、次第に他のワールドにも伝播していく。
時を同じくして、星詠みにより災いの到来を察知していた諸葛亮フリーダムガンダム。
世界の危機を救うため、盟友、劉備ユニコーンガンダムともに行動を開始。
悟空を加えて旅に出ることとなる。
悟空インパルスガンダムは各ワールドの英雄達と出会い、何を思うのか。
この少年がもたらすものは災いか、平和か…
英雄達による新たな物語が今、始まる!!
孫悟空✕三国志の世界観にSDガンダムが加わる予想不可能の物語となりそうだ。詳細は続編を待とう。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着