L→R Fin(Vo&Gu)、沢城千春(Vo&Gu)

L→R Fin(Vo&Gu)、沢城千春(Vo&Gu)

【STREET STORY インタビュー】
出来上がってきたイメージを崩して
もっといろんな顔を見せていきたい

このバンドでは
新しいロックのかたちを提示したい

『Way of life』はアッパーかつ爽やかな楽曲が軸になっていて、リスナーの気持ちを心地良く引き上げてくれます。それがポストコロナに向かっていく今年の空気感にフィットすることを感じました。

Fin
まさにそういうアルバムであってほしいと思って作ったので嬉しいです。千春の歌詞の特徴のひとつとして“夢”“空”“虹”というワードがたくさん出てくるんですね。それは彼の人間性の表れで、今回のアルバムはそれが自然と込められた作品になっている印象があって。狙ってそういう歌詞を書いているわけではなくて、自然体で書いたものが希望や光を感じさせるということは、『Way of life』のさわやかさの要因になっていると思います。そのあたり、千春的にはどうだったの?
沢城
基本的に自然体で書いた。僕はこれまでまったく歌詞を書いてこなかったので、そこまで歌詞の意味を考えずに、曲を流しながら降ってきた言葉をどんどんはめ込んでいったんですよ。ただ、そういうやり方で半分くらいの曲を書いた時点で、似たようなフレーズが出てきてしまうことに悩みました。あとの半分の曲は自分の中にあまりない言葉をあてはめていくようにした結果、今まで歌ったことのなかった恋愛を描いた「メリーゴーランド」や「恋雪」が生まれたんです。僕は恥ずかしくて普段からあまりそういうことは口にしないタイプですけど、そういうことも曲にしていけたらいいなと思って。そんなふうに後半の曲は頭を使ったけど、自分に嘘をついたり、フィクションを描いたわけではなくて。そういう意味ではFinさんが言った通り、素顔の自分を曝け出した歌詞だと言えますね。

それはファンの方にとっても嬉しいことだと思います。先ほども言いましたが、『Way of life』は激しさとキャッチーさを併せ持ったロックチューンがメインになっていて、この路線がSTREET STORYの幹の部分だと思っていいでしょうか?

沢城
はい。基本的に明るくて、みんなが楽しめる曲調というものを目指していきたいと思っているので。
Fin
僕らはロックバンドと言っていますけど、“俺たちロックだぜ”という感じではなく、新しいロックのかたちを提示したいんです。もうちょっと大衆に向けたロック感というか。音源もそうですし、ライヴや日頃の発信も含めて、そのスタンスでやっていきたいと思っています。なので、STREET STORYの楽曲を聴いて激しさとキャッチーさを併せ持っているとか、さわやかだと感じてもらえるとしたら、今のところ僕らのイメージ通りかなと。

ハードネスとポピュラリティーを融合させるのは難しい部分がありますが、それに長けていると感じます。

Fin
そこに関しては、たぶん僕が歌詞を書くともうちょっと尖った曲に聴こえると思いますね。千春が歌詞を書くことで丸くなっているというか、いい雰囲気に表現できている気がする。
沢城
そうかもしれない。今回の「モンスター」はFinさんが歌詞を書いていて、あの曲は尖っているもんね(笑)。
Fin
そうそう(笑)。

おふたりの組み合わせの妙を感じますね。それに、『Way of life』のロックチューンはそれぞれテイストが違っていることも見逃せません。

沢城
確かに幅広さは出せたと思います。僕が特に好きなのは「夢グライダー」です。かなり古い曲で、これがFinさんからきた時にバンドメンバー4人揃って“これやべぇ! いい曲だよ!”ってなったのを覚えているし、本当にいい曲だと思う。Finさんにとっても思い入れがある曲なんだよね?
Fin
すごくいい曲ができたと自分でも思ったんです。手応えを感じたし、自分のバンドでやりたいくらいだったけど、それをあえてSTREET STORYに持ってきて、千春に歌詞を書いてもらったらどうなるかを見たくなったんです。そうしたら予想を超えるものに仕上がって、すごく嬉しかったんですよね。僕は「夢グライダー」ができた時に飛翔感のある曲だと思ったんですけど、そのことを千春に伝えていなくてもイメージにぴったりの歌詞を書いてくれたことも嬉しかった。
沢城
Finさんは自分で作った曲のイメージをあまり言わないんですよ。僕は「夢グライダー」聴いた時にとてもさわやかで、空を飛んでいるような感じがする曲だと思って、STREET STORYの根本にある“自分たちらしくありたい”や“どこまでも飛んでいきたい”“何にも縛られたくない”といった気持ちを込めたんです。だから、音楽に楽しさを感じている自分たちの気持ちが伝わる曲になっているんじゃないかと思います。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着