福田こうへいが10周年記念の無観客ラ
イブで全18曲披露、歌謡ポップスチャ
ンネルで独占放送

最新シングル「かんべんナ」がヒット中で、今年10月でデビュー10年目を迎える福田こうへいが2月19日、東京・千代田区の大手町三井ホールで「福田こうへい無観客LIVE 2021-独唱-あれから10年…」と銘打った10周年記念の無観客ライブを開いた。

これは、WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が3月特番として企画。2012月10月に「南部蝉しぐれ」でデビューし、「NHK紅白歌合戦」に過去4回出場。名実ともに演歌界にはなくてはならない存在になった彼が、これまで歩んできた10年間の歌手人生を振り返るオリジナルライブ。代表曲をはじめ、福田自身が歌い継ぎたい曲、東北地方の名曲、自身のルーツである民謡などを披露し、いまYouTube上で大人気のユーチューバーピアニスト・よみぃとのスペシャルコラボも見どころの一つだ。
2部構成で、第1部は「歩み」と題して、代表曲「南部蝉しぐれ」と第2弾シングル「峠越え」を歌ってから「今日は無観客で、お客さまの反応はないですけれど、通常のコンサート、ライブだと思いながらやってみたいなと思います。テレビの前の皆さまをこれからも元気づけていきたい」とあいさつ。その後、よみぃが登場。よみぃの華麗なピアノテクニックとのコラボでスターダスト レビューの「木蘭の涙」、井上陽水の「少年時代」を歌唱。続いて、昭和歌謡の名曲カバーから三橋美智也の「赤い夕陽の故郷」や千昌夫の「星影のワルツ」などを披露。

第2部は「手紙」と題して、5人の若手三味線奏者を含む総勢9人の邦楽演奏をバックに民謡「津軽じょんから節」で賑やかに幕を開け、亡き父への伝えたいことを語った後、父母への思いを込めて「父子鷹」「母恋酒」、尊敬する北島三郎が書き下ろした「アイヤ子守唄」、フィナーレは新曲「かんべんナ」など、1部と合わせて全18曲を熱唱。演歌、民謡、昭和の名曲カバーと、福田こうへいの歌世界を最後まで余すところなく表現してみせた。
ホールでの無観客ライブは2度目だそうで、「いつものコンサートより緊張しますね。お客さんが目の前にいたほうが、歌っている最中も顔で会話するというのが多かったので、どこを見ていいのかわからない…何か不思議な気持ちになります」。よみぃとの初コラボは「ふだんは演歌しか歌わないので、ドキドキしました」と笑顔を見せながら10年間を振り返って、「体調の悪かった方が、私のコンサートを見て体調がよくなったとか、来週入院するという方が元気になって戻ってきてくださったりしたのが一番うれしかったです」。
9月に45歳になる福田は「中堅といわれる年齢になりますので、歌にひと味、ふた味と味をつけていきたい」と話していた。同ライブの模様は、3月27日午後5時から6時半までの1時間半にわたって独占放送される。
(提供:サンニュース)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着