IN-KYA in Canada、昨年リリースのシ
ングル「Fender Girl」MV公開

新潟発の3人組、IN-KYA in Canadaが昨年11月リリースした2ndシングル『Fender Girl』より表題曲のMVが公開された。
昨年9月にSANABAGUN.のリベラル a.k.a 岩間俊樹を中心とするプロダクション、〈slugger PRODUCTION〉加入と同時に、2曲入りの1stシングル『Show Me All』をリリースしたIN-KYA in Canada。現在は長岡〜東京間で楽曲制作を行っているという。

「Fender Girl」のMVはレトロなCGと実写が合わさった作品。CG/映像編集を 海里(https://twitter.com/vdmisato) が、ディレクション/撮影を 上村春香(https://twitter.com/Kamison25) が担当し、普段外にあるはずのないデスクトップ・パソコンが街に繰り出し、時間の経過と独特な世界観を表現。カラフルなライティングとCGには“一人きりでも寂しくない”というメッセージが込められているという。
IN-KYA in Canada

シングル『Fender Girl』にはパーカッシヴなダンス・ナンバーである表題曲と、チップチューン要素も感じさせる性急なテンポ感の「Unicode」の2曲を収録。どちらもライブでの定番曲だという。また、カバー・アートワークは長岡造形大学出身の トウゴウヒナタ(https://www.instagram.com/quly_._/) によるもの。
【リリース情報】

IN-KYA in Canada 『Fender Girl』

Release Date:2020.11.28 (Sat.)
Label:slugger PRODUCTION
Tracklist:
1. Fender Girl
2. Unicode

■IN-KYA in Canada: Twitter(https://twitter.com/inkyaincanada)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着