SHINeeが初のオンライン・グローバル
公開インタビュー会を開催、東方神起
のユンホがカムバックを応援

2月22日に韓国での7枚目のフルアルバム『Don’ t Call Me』をリリースしたSHINeeが、自身初となるオンライン・グローバル公開インタビュー会を開催。オンユ、キー、ミンホの兵役後、初のアルバムともなる今作への想いを語った同イベントのオフィシャルレポートが到着した。

MCは東方神起のユンホが担当。「SHINeeを大事に思っている一人として、誰よりも今日のカムバックを応援する気持ちでMCをさせていただきます」と挨拶し、ステージにメンバーを呼び込む。
キー
黒のスーツ姿で現れた4人は「皆さんこんにちは、輝くSHINeeです!」と揃って笑顔で挨拶。オンユは今作について「9曲収録されている7枚目のアルバムです。タイトル曲『Don’ t Call Me』はSHINeeを型にハマった目線で定義するな、という意味が込められていて、音楽のジャンルもバラエティに富んでいます。新しい制作スタッフと息を合わせてSHINeeの新しい姿をたくさんお見せしようと頑張りました」とアピールした。
今作にはタイトル曲「Don’ t Call Me」を始め、多彩な雰囲気の全9曲が収録。「Heart Attack」についてテミンは「苦しみさえ愛に変えるというファンキーな感じの曲。特に<Like a heart attack>というところがポイントです」と説明。
「CØDE」についてキーは「フューチャーサウンドダンス曲です。タイトル曲の候補でもあり、個人的に大好きな曲です」と話した。
オンユ
オンユは「I Really Want You」を「気持ちが惹かれる相手にアピールする曲。同じメロディに違う歌詞が繰り返し出てきます。とても清涼感のある曲で、夏にぴったりな曲」と紹介。
ミンホは「Body Rhythm」を「ダンスをする姿を感覚的に表現した曲なので、聴いていると自然とリズムに乗っていきます」と身体を揺らしながらアピールした。
ミンホ
そして、タイトル曲「Don’ t Call Me」について、キーは「ヒップホップがベースで、とても強烈な歌詞が印象的」と言うと、「新しいものをしなくちゃと思っていましたし、これぐらいの変化がなければ、大きな音楽的な変化が際立たない」と、SHINeeにとって新たな試みの曲であることを明かした。
パフォーマンスについてテミンは「とても強烈でダーク化したSHINeeに会えると思います。歌詞の内容に合わせて振り付けを構成したので、ステージをご覧いただければ音楽に没頭できると思います。最初は振付が過去最大クラスだと思ったんですけど、練習しながらさらにSHINeeのカラーが出せるようにアップグレードしました」と話した。
テミン
取材会後半では、メンバーは事前に募集された記者からの質問にも回答。久しぶりの活動についてオンユは「準備の時間が本当に幸せでした。これまでそれぞれに活動をしていましたが、集まってSHINeeとしての素敵なシナジーを出せたと思います」とコメント。
ミンホも「久しぶりのアルバムなので、メンバーが情熱的に準備したと思います。特にMVは撮りながらもどうしたらもっといいものが出来上がるかを考えて、打ち合わせもたくさんした末にできたのでとても期待してます」と希望を明かした。
テミンはこれまでの作品と今作との違いを問われると、「SHINeeが長く活動をしながら、いくつかターニングポイントがあったと思いますが、今回もターニングポイントになったと思います」と言い、「SHINeeのカラーをたくさん入れられましたし、強烈で印象的なパフォーマンスだと思います。メンバーも練習のとき、すごく大変で僕もすごく大変だったんですが、それくらい情熱を注げるステージを作れると思ってわくわくしています」と語った。
ユンホ(東方神起)
「メンバーが思うSHINeeらしい音楽は?」という質問に、キーは「音楽で定義することはできないですが、SHINeeがすることが、SHINee化することだと最近悟りました。SHINeeがSHINeeだというのが一番」と独自の道を歩んできた彼らならではの表現をした。
イベントの最後、オンユは「これからも皆さんが望む方向に一生懸命に走っていきたいと思います。たくさんの応援をしていただければありがたいです」とコメント。今後の活動への期待も煽り、取材会を終えた。
SHINee
そして、ついにタイトル曲「Don’ t Call Me」のミュージックビデオも公開された。インタビュー会でもテミンが話していた通り、ワイルドなスタイリングで、強烈でダークなイメージになったSHINeeメンバーがHIPHOPサウンドの新曲に合わせてハードなダンスを繰り広げる。新曲「Don’ t Call Me」の新たな振付に関して、テミンは「過去最大クラスに振り付けが多かったのですが、練習してSHINeeのカラーにアップグレードしていった」と語っている。スタイリングには、メンバーのキーも参加しており、今までにないチャレンジにも注目してほしい。SHINee史上最大級に振付が多いダンスだというミュージックビデオを、ぜひチェックしてほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着