NMB48「NAMBATTLE~戦わなNMBちゃう
やろっ!~」「W1N-C」

NMB48がさらなる活性化のために始動した新プロジェクト「NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜」。

2月15日から「NAMBATTLE公演〜舞〜」3クール目がスタート。15日、1番手で登場したのは、1クール目と2クール目で連続して1位を勝ち取った「W1N-C(ウインク)」。メンバーはリーダーの出口結菜、石塚朱莉、岡本怜奈、川上千尋、河野奈々帆、前田令子、水田詩織、山本望叶の8名。ディフェンディングチャンピオンという“追われる立場”は過度に緊張してしまいがちだが、「だってだってだって」から始まる序盤から、そのようなプレッシャーを微塵も感じさせない堂々としたパフォーマンスを見せた。

3クール目の審査員は一人増えて4名。A-NON氏(ダンサー/コレオグラファー)が「構成のキレイさ、振付のシンクロ、表情が良かった」と評し、高見健次氏(演劇プロデューサー)も「ダイナミックかつ繊細なパフォーマンス。とにかく熱量を感じました」と絶賛して、両氏共に95点を付けた。剱持嘉一・NMB48プロジェクトプロデューサーは「どうしても勝ちたい気持ちが伝わりました」と87点。AKIRA氏は「今すぐにでももう一度見たくなる気持ちい舞台。心を揺さぶられました」と最大の賛辞と共に92点を付けた。平均90点を超える369点という高得点も納得のパフォーマンスで魅せてくれた。

公演直後のメンバーコメント

出口結菜:全部出し切った! アンコールも詰めこんじゃったけど、このメンバーでやり切ってうれしいです。

前田令子:「最後のアンコールで出し切ろう」って言っていたのを有言実行できるのもW1N-Cのいいところやと思いました。

河野奈々帆:やり切った感じがするから、今日はちゃんと寝れます(笑)。
©NMB48 写真:東由樹

©NMB48 写真:東由樹

©NMB48 写真:東由樹

©NMB48 写真:東由樹

©NMB48 写真:東由樹

©NMB48 写真:東由樹

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着